TZ 7149:Satlah "Exodus"(2001)

Daniel Zamir(as,ss)率いるクレツマー・ジャズトリオ、SatlahがNY Tonicで00年11月15~16日のライブから音源化。

全10曲、タイトルは基本が通し番号のみのシンプルなもの。1st"Satlah"(2000)とは一曲もかぶらない。最新仕様のSatlahを提示した。
熱烈だが激しすぎず、センチメンタルな空気を滴らせる。滑らかなダニエルのサックスがまず全面に立ち、ドラムとベースが煽るかたち。アンサンブルが盛り上がり、リズム隊が疾走する瞬間がたまらない。サックスはその波に乗って、さらに激しく吹き連ねた。

リズム隊はコントロールされてるが自由度は広い。パターンやリフを繰り返しつつ、いきなりガラッと世界が変わる。サックスは奔放にひたすら吹きまくった。いわゆるフリーな斬り合いで無いため、アンサンブルは比較的おとなしい。

従って最初はいくぶんアルバム全体がまったり単調に響いてしまう。演奏へ馴染み細かい奏者のやりとりへ耳が行くと、ぐっと刺激増す。いやはやセンチメンタルで緻密だ。

上のリンク先プロフィール頁のディスコグラフィは見づらいので、ちょっと書き換えた。
コンスタントにリリースしてる。8th Noteとはイスラエルのレーベルらしい。ここ、かな。知らないミュージシャンばかりだ。熱そう。

[Daniel Zamir Discography]
2000:"Satlah" Tzadik
2001:"Exodus", Tzadik,
2002:"Children of Israel", Tzadik
2005:"Zamir Sings", private collection,
2006:"Amen", 8th Note Records
2008:"I Believe", Tzadik
2009:"One", 8th Note Records
2010:"Missing Here", 8th Note Records
2012:"Song for Comfort", High Fidelity

Personnel:
Danny Zamir: Saxophones
Shanir Ezra Blumenkranz: Bass
Kevin Zubek: Drums

関連記事

コメント

非公開コメント