FC2ブログ

井上陽水 「バレリーナ」(1983)

 アレンジにニューウェーブ色を強め、若いリスナーを狙った盤か。

 川島裕二(BANANA名義)にA5以外のアレンジをすべて任せ、過去の歴史から脱却を図った。すなわち若い世代なファンの取り込みも狙ったアルバム。なおA5DADAADが担当とある。誰のことかは知らない。
 シングル曲A2は耳馴染みある。いわゆるチャート・ヒットはしてないが、どこで聴いたんだろう。この時代の曲はぼくが思春期で記憶に残りやすかったため、意識して聴いてなくても脳裏に残った曲が幾つもある。

 陽水自身のメロウなメロディで情感に寄せはする一方で、テクノを踏まえて乾いた川島のアレンジが若さを保っている。
 演奏のドライさは、若き陽水のシニカルな無常さを少し蘇らせた。
 歌声は陽水も作ってる一方で、本盤では技巧の強調を控えて素直な歌い方も混ぜようとした印象を受ける。過剰さを抑え、トラックに歌声を溶け込ませるかのように。

 それが本盤を逆に地味にしたきらいもある。個々の楽曲で聴ける陽水の歌声も、アレンジのバラエティさにもこだわった気持ちは伝わった。
 いっぽうで小粒もしくは理に落ちた風情もいくぶん滲む。

 だけどB2やB5のようにロマンティックでスマートなバラードが、本盤のコンセプトにおける良い結果になった。
 アレンジと抑え気味な陽水の歌声がきちんとハマって、抒情に雪崩れることを防いだ。

 むやみにボーカルを前に出さず、演奏との調和を意識した作品。
 結果として統一感あるアルバムに仕上がった。
 

Track list
A1 街の子のハーモニー
A2 誘惑
A3 カメレオンの恋
A4 あなたを理解
A5 この頃,妙だ
B1 バレリーナ
B2 虹のできる訳
B3 ビーズとパール
B4 夢

関連記事

コメント

非公開コメント