FC2ブログ

プリンス旧譜のデジタル配信

 95年以降の作品を、ソニーの配信が開始された。嬉しいな。
http://www.110107.com/prince

 具体的には次の通り。(1)は一部が配信のみでDL販売は無いとか、細かい制限はあるようだ。
 http://www.musicweek.com/labels/read/prince-catalogue-lands-on-streaming-platforms/073536
 なお37曲入りの『アンソロジー:1995-2010』って編集盤もあり。なかなかマニアックな選曲だ。

1. The Gold Experience (1995)
2. Chaos and Disorder (1996)
3. Emancipation (1996)
4. Crystal Ball (1998)
5. The Truth (1998)
6. Rave Un2 The Joy Fantastic (1999)
7. Rave In2 The Joy Fantastic (2001)
8. The Rainbow Children (2001)
9. One Nite Alone… (2002)
10. One Nite Alone…Live! (2002)
11.One Nite Alone...Live - The Aftershow: It Ain't Over (Up Late with Prince & The NPG) (2002)
12. Xpectation (2003)
13. N.E.W.S. (2003)
14. C-Note (2004)
15. Musicology (2004)
16. The Chocolate Invasion (Trax from the NPG Music Club: Volume 1) (2004)
17. The Slaughterhouse (Trax from the NPG Music Club: Volume 2) (2004)
18. 3121 (2006)
19. Planet Earth (2007)
20. Indigo Nights (2008)
21. LOtUSFLOW3R (2009)
22. MPLSoUND (2009)
23. 20Ten (2010)
24. Prince Anthology: 1995-2010

 マニア視線で嬉しいのは、"Rave Un2~"だけでなく、リミックスの"Rave In2"。NPG配信だけだった"The Slaughterhouse"、"C-Note"、"The Chocolate Invasion"、"Xpectation "あたりもありがたい。本とセット販売だった"Indigo Nights"の再発も歓迎だ。

 こうしてみると、いかにプリンスが矢継ぎ早に音楽を作り、リリースにまとめていたかが分かる。
 リアルタイムでプリンスを聴いてきた身としては、さらに山のような未発表音源にも興味が行くけれど。まずは公式音源だ。プリンスの意思と許可を得て世に問われた音源を、まずは浴びるように聴きたい。
 
 プリンスは生前から、人気があるわりに「聴き損ねるとなかなか入手しづらい」発表形態をとってきた。やはりいつでもだれでも簡単かつ合法に聴ける環境を整えるのは当然でありありがたい話だ。ブートやYoutubeで非合法に聴けるってのは、安易でもあまり座りが良いものではない。
 死んだ瞬間にいきなり高騰した中古盤の市場価格を下げるためにも、正規リリースは速やかに行って欲しいものだ。

 プリンスのファンとしては、今さらプリンスの再評価を世に問う必要性を一瞬は感じないけれど。
 資本主義社会である以上、それなりの売上は残してほしい。そうすれば次なる未発表音源の発掘リリースにも弾みがつくというもの。

 プリンスの死後は、あっというまに資産がマネタイズされた。事故死なのに一年もたたないうち、自宅がミュージアム化されて観光資源になるなんて手際が良いにもほどがある。
 音楽資産も芸術的な価値でなく資産価値の観点で、法廷論争や契約闘争があるようだ。死者にたかるハゲワシの集団みたいなスタンスは、あまり上品とは言えない。
 でもまあ、未発表音源の聴取に預かりたい身としては、どういう形であれ権利者が金儲けして、未発表音源のリリースへ早期に踏み切って欲しい。

 本音は全曲をいっぺんに配信して「定額で好きなように聴いて」って、倉庫を勝手に漁るような形態を希望する。
 毎年毎年、細切れにリリースして小出しにされるのは、最後まで自分が生きてるうちに聴けるか確証がない。それほどプリンスの遺産は膨大なはず、だから。
 

関連記事

コメント

非公開コメント