FC2ブログ

Neil Diamond感想目次

ニール・ダイアモンドの感想目次が長くなり、別建てにする。

 「Velvet Gloves and Spit」(1968/1970)
 「Brother Love's Travelling Salvation Show」(1969)
 「Touching You, Touching Me」(1969)

 「Tap Root Manuscript」(1970)
 「Stones」(1971)
 「Moods」(1972)
 「Jonathan Livingston Seagull」(1973)
 「Serenade」(1974)
 「Beautiful Noise」(1976)
 「I'm Glad You're Here with Me Tonight」(1977)
 「You Don't Bring Me Flowers」(1978)
 「September Morn」(1979)

 「The Jazz Singer」(1980)
 「On the Way to the Sky」(1981)
 「Heartlight 」(1982)
 「Primitive」(1984)
 「Headed for the Future」(1986)

 「Lovescape」(1991)
 「The Christmas Album」(1992)
 「Up on the Roof: Songs from the Brill Building」(1993)
 「The Christmas Album, Volume II」(1994)
 「Tennessee Moon」(1996)
 「The Movie Album: As Time Goes By」(1998)

 「Three Chord Opera」(2001)
 「12 Songs」(2006)
 「Home Before Dark」(2008)
 「Dreams」(2010)

 「Melody Road」(2014)

関連記事

コメント

非公開コメント