TZ 7306:John Zorn "Filmworks II"(1995)

第二弾の映画音楽集、副題は"Music for an Untitled Film by Walter Hill"。
ライナーに記載無いが、Wikiによるとライ・クーダーがフィーチュアされた"Trespass「邦題:トレスパス」"(1992)用の楽曲という。


タイトさと道路の筋を一本ずらした、ミニマルなメカニカルさが特徴か。
抽象的なサウンドもノイズでなく、かっちりアレンジされている。

第一弾と同様に95年に日本のToys Factoryから最初にリリース。改めてTZADIKより96年に再発された。
3分くらいの2曲へサンドイッチの形で、1~2分程度の小品が34曲並んだ。スケッチ集の趣きで、楽曲の中でさほど展開は無い。アラビック風味のミニマルがわずかに漂うが、通底する共通項らしきものを聴き取れていない。不穏な空気は、そこかしこから漂うけれど、このサスペンスっぽさは映画の色合いか。

いかにもBGM風な繰り返しの冷徹さは、めまぐるしく場面展開を得意とするジョンらしくなさ。淡々と同一世界を強固に描くのは、あんがい新鮮だった。しかもリズミックさが希薄ぎみ。だからこそ(19)のように明確なビートで押す楽曲が出てくると、かっこよさに集中力が高まる。

しかし直後の(20)はその前の数曲をミックスしたような曲だな。やはりもっと細かく聴けば、網の目みたいな構成に気づくかもしれない。
ただ本盤の音楽は、そこまで魅力的ではない・・・。

Personnel:
Cyro Baptista: Brazilian percussion
Anthony Coleman: prepared piano, keyboards
Carol Emanuel: harp
Andy Haas: didjeridu
Jim Pugliese: percussion
Marc Ribot: guitar, banjo
David Shea: turntables, sampler

関連記事

コメント

非公開コメント