新刊本を探す方法

最近はめったに本屋へ行かなくなった。めっきり、ネット書店。某サイトだと1万円まとめ買いして、ちょっと工夫したら13%引きになるし。

ところがキーボード・マガジン誌の最新号が、あっという間にネットで買えなくなった。みんな、そんなに坂本龍一が好きか。
Amazonでもマケプレのプレミア価格。昨日は2千円くらい、今は1825円+250円。定価が1543円だから、今日現在で500円くらい上乗せされている。

慌てなくても普通に買えるだろ、と分かっちゃいるが。つい慌てふためいて仕事帰りに本屋へ。ちょっと大きめの本屋行ったら、最新号は無事に買えた。あっさりと。

ついでに新刊本のコーナー見てたら、面白そうで知らない本が何冊もあった。
なぜだ?・・・というのが、今日の日記のテーマ。

最近はネットで新刊本の情報収集はそこそこしてたつもり。だが今日、本屋行ったら見慣れない本が何冊も。
おっかしいなー。

ぼくがよく利用するネット本屋はHonto。http://honto.jp/
在庫あれば24時間以内の発送が売り。しばらく前には平日だと前日夜に注文して、翌日夕方には宅急便で届いてた。今はちょっと遅くなって"24時間以内の発送"、2日程度かかる。

Hontoは検索機能も充実してきた。これはしばらく前より改善してる点。
ジャンルごとに発売日順でソートでき、一画面50冊を一度に表示できる。
だからたまに気になるジャンルで一覧表示させて、数画面眺めたら150冊くらいの発売情報をチェックとなる。

あとはちぐさ正文館のWeb。直リンさせて頂く。http://www9.ocn.ne.jp/~chikusas/index.files/newbooks.htm
人文系は意外とマメに更新されており、Hontoで見落としてた本の発売を知ったことも、幾度かあった。

ノンフィクション系はHonzもたまに眺める。http://honz.jp/
概覧しづらいのがネックだが、そのぶんレビューは長く内容の想像がしやすい。

で、あとはAmazon。ごくたまに、ジャンル別の発売日順でソートしチェックする。
けっこう見づらいのが難点。一画面で30冊くらいタイトルだけで良いから表示してほしい。
Amazonは画像に拘ってるから、ざざっと見るのに適してない。その割に「画像ありません」が新刊だと多発して、よけいストレス。ホイール・スクロールなんかしたくねぇんだよ。ぱっと一覧を見たいんだよ。

そんなこんな、それなりに情報網は張ってたつもりなのに。今日本屋に行ったら「こんなの出てたんだ」って本が、何冊かあった。あった、だけでタイトル忘れてしまったが。

ここで「やっぱリアル書店に叶わないのかなあ。」って結論はつまらない。21世紀情報化社会とインターネットの底力を見せろ。

実際の本屋だと、ダメなんだ。ぱらぱらめくって「面白そう・・・でも値段のわりに内容が薄い」と、買わないことが基本になってしまう。装丁とか段組みとか考慮しながら、つい厳しめに見ちゃうから。とにかくスカスカのレイアウトって嫌なんだ。

しかしネットだと値段見ても、ついポチってしまうことがある。家に配達してくれるのも楽でいい。到着したら「うわ、こんな内容か」と思うこともあるけれど。ちょびっと安いし。

ということで新刊をまとめてチェックできる、わかりやすいサイトは無いものか。
関連記事

コメント

非公開コメント