熱に悩む毎日

i-phoneの 充電電池残量の話。 

この数週間、悩んでいたのは熱だった。みるみるひどくなっていく。なぜだろう。
みるみる失われていく毎日だった。たった一年やそこらで終わってしまうものか、と悩んでいた。
毎日の習慣をやめてみた。もはやこれが諸悪の根源かと思って。でも、もしかしたら早まったかもしれない。でも、後悔はしない。

もともとは一年と少し前。けっして長い期間じゃない。
色々考えた。ひとつ、対策を打った。すると、この一週間で急に改善した。

理由は分からない。でも記録として、日記を書いておこうと思う。

ということで。i-phone 5sにバッテリーセーバーのアプリを入れたら、電池の持ち具合が改善してラッキー、の日記。

このところ、すげえ勢いで電池がなくなってた。ちょっとゲームだけで、ケースごしにくっきりわかるほど本体が熱くなってる。やばい。でもまだ買ってから一年ちょい。まさか寿命とは言わんだろう。6sに買い換えしろってことか?

毎日やってたゲームを、潔く消去した。二年くらいやってた街の育成シミュレーション・ゲームだったが。それより電池だ。しかし充電の持ち具合は、さほど変わらない。
色々検索したら、RAMリフレッシュが効くって記述を見かけた。さっそくバッテリーセーバーのアプリを導入。

激変した。なんだこれは。今まで朝にフル充電でも、夜にはほぼ残量ゼロだったのに。ここ数日は、帰りの電車で電源が落ちてたのに。
けっこうな電池の持ち具合だ。三日に2回くらいの充電で持つかも?
ってことはゲーム消さなくても、バッテリーセーバーで解決したかもなあ。いや、後悔はしない。

しかしわからん。Bluetoothや位置情報も全部切って、ソフトはすべて終了。いまや常時接続はWi-Fiだけなのに。スリープ前で36%台代、しばらくして再度電源入れたらRAM使用量が75%まであがるのか。Wi-Fiってそんなにメモリを食うのか。

とりあえず丸一日持てば十分。この一週間は通勤中に本や音楽へ軸足置いたので、さらにケータイを使ってない。文句はないのだが・・・RAMリフレッシュの必要性だけ、しっくりこない。

ヒアリングの勉強も兼ねて、英語の映像を貼っておこう。アメリカンな英語だなー。

関連記事

コメント

非公開コメント