FC2ブログ

目次(コンピ盤,あ~ん)

CD感想の目次(コンピ盤と、あ~ん) 


V.A. 「1-800-New-Funk」(1994) 
V.A. 「Computer Music Currents 5」(1990)
V.A. 「Dootone Doo Wop Volume 2」(1997)
V.A. 「ドライビング・ジャズ北海道」(2009)
V.A. 「Environment For Sextet」(1979)

V.A. 「Gamelan Degung」(2011)
V.A. 「Groovy Jazz Organ」(2014)
V.A. 「Happy Feet」(2006)
V.A. 「Hot Rod City」(1963)
V.A. 「Intonarumori Orchestra」(2004)
V.A. 「J-Jazz : Deep Modern Jazz From Japan 1969-1984」(2018)
V.A. 「JAZZ RE:FRESHED LIVE VOLUME ONE」(2015)
V.A. 「Land of the Rising Noise Vol 3」 (1998)
V.A. 「LOST CHICANO OLDIES VOL.2 」 (2006)

V.A. 「Mardi Grass in New Orleans. Dave Bartholomew Story Vol. 2」(2015)
V.A. 「Musik in Deutschland 1950-2000 Vol. 27」(2001)
V.A. 「日本管弦楽名曲集」(2002)
V.A. 「PCM15 BEAT MUSICS/ペンギン音楽大学院2015年度ブラックミュージッククラス卒業制作集」(2016)
V.A. 「Southern Soul Deep Collection: Soul Treasures Vol.1 - Natural Brothers」(2016)
V.A. 「Street Corner Symphonies - The Complete Story of Doo Wop Vol.7 - 1955」(2012)
V.A. 「Purple Snow, Forecasting The Minneapolis Sound」(2013)
V.A. 「Sonic Circuits VIII」(2000)

V.A. 「Taste Of Wild West 3」(1990)
V.A. 「Viva Salsa! - 44 Hot Salsa Tracks」(1991)
V.A. 「Wildflowers: The New York Loft Jazz Sessions」(1977)
V.A. 「Wu-Box: The Cream Of The Clan」(2007)
V.A. 「24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN」 (2010)

赤天 「赤天」(1995)
赤天 「」(1996)
秋山徹次 「The Ancient Balance to Control Death」(2008)
秋山徹次/Noël Akchoté 「Tetuzi Akiyama & Noël Akchoté」(2010)
飯島真理 「Love Season」(1994)
飯島真理 「Sonic Boom」(1995)
飯島真理 「Uncompromising Innocence」(2005)
石野卓球 「LUNATIQUE」(2016)
泉谷しげる 「Wild Blood」(1993)
板橋文夫 「Rise and Shine」(1978)
板橋文夫 「渡良瀬」(1982)
板橋文夫 「自画像 作品I」(1993)
板橋文夫 「ザ・ミックス・ダイナマイト游」(1995)
板橋文夫 「005」(1999)
板橋文夫 「PLAYS~わたらせ・アット・渡良瀬」(2011)
板谷博 Guilty Physic 「VAL」(1995)
井上陽水 「目次はこちら
忌野清志郎 「RAZOR SHARP」(1987)
忌野清志郎 Little Screaming Revue 「Rainbow Cafe」(1998)
上原ひろみ 「ALIVE」(2014)
有頂天 「Kafka's Rock / Nietzsche's Pop」(2016)
梅津和時 「Bamboo Village"竹の村"」(1980)
梅津和時 「Eclecticism-折衷主義-」(1993)
梅津和時 「Pandora's Cocktail」(1999)
梅津和時KIKI BAND 「KIKI」(2001)
梅津和時KIKI BAND 「greetings from africa」(2002)
梅津和時KIKI BAND 「Land Dizzy-眩暈の国-」(2002)
梅津和時KIKI BAND 「Coyote」(2013)
エレファントカシマシ 「目次はこちら
太田恵資×加藤崇之×坂本弘道 「ACOUSTIC」(2015)
太田惠資 「OST"雨が降ると君は優しい"」(2017)
大谷能生 「Jazz Abstractions」(2012)
大谷能生 「Jazz Alternative」(2017)
大友良英 「目次はこちら
大貫妙子 「DRAWING」(1992)
岡村靖幸 「家庭教師」(1990)
小田切一巳 「突撃神風特攻隊」(1976)

片山広明 「Instant Groove」(1998)
片山広明 「いそしぎ」 (2009)
勝井祐二、ヒゴヒロシ、大友良英 「Visions Of Japan / Sounds Of Tokyo」(1991)
勝井祐二 「ヴァイオリン・ソロ」(2003)
加藤英介トリオ 「Simply Irresistible」(2003)
加藤崇之 「Guitar Music」(1989)
加藤崇之/金井英人/馬場たかもち 「」(1991)
ガトス・ミーティング 「ガトス・ミーティング」(2012)
川下直広トリオ 「Napule-tan」(2007)
川下直広トリオ 「猫の時節:The day of the cats」(2011)
河端一 「目次はこちら
川本真琴 「ふとしたことです」(2016)
漢 a.k.a GAMI 「導~みちしるべ~」(2005)
菊地成孔 「OST:大停電の夜に~Wait until Dark」(2005)
菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール 「野生の思考(la pensee sauvage)」(2007)
菊地成孔DUB SEXTET 「The Revolution Will Not Be Computerzied」(2007)
菊地成孔/小田朋美 「OST:素敵なダイナマイトスキャンダル」(2018)
菊地雅章 「再確認そして発展:Re-confirmation 」 (1970)
菊地雅章 「Poo-sun」(1970)
菊地雅章 「ダンシング・ミスト~菊地雅章イン・コンサート」 (1970)
菊地雅章+富樫雅彦 「Poesy」(1971)
菊地雅章 「オーロラ;Aurora」(1989)
菊地雅章 「ATTACHED」(1989)
菊地雅章/DJ Katsuya 「Solaris」(1996)
菊池桃子 「Adventure」(1986)
鬼怒無月 「Disco Space Baby!」(2000)
鬼怒無月 「鬼怒無月ギターソロ」(2000)
鬼怒無月 「Quiet Life」(2004)
キャトルバンド 「猫のおしゃべり」(2013)
グンデルサンシントリオ 「円○満」(2008)
月下美人 「月下美人」(1999)
月下美人 「ショートケーキ」(2001)
月下美人 「ナチュラルポワゾン」(2004)
けもの 「LE KEMONO INTOXIQUE」(2013)
倖田來未 「affection」(2002)
倖田來未 「grow into one」(2003)
倖田來未 「feel my mind」(2004)
神門 「親族」(2017)
河野康弘 「ローマ・イン・ザ・レイン」(1984)
越美晴 「Tutu」(1983)

斎藤圭土 「Piano Blues & Boogie Woogie」(2018)
坂田明 「蒙古」(1988)
坂本龍一 「千のナイフ」(1978)
坂本龍一 「Coda」(1983)
坂本龍一 「Smoochy」(1995)
坂本龍一 「Discord」(1997)
坂本龍一 「Playing the Orchestra 2013」(2013)
坂本龍一 「OST:母と暮せば」(2014)
坂本龍一 「OST:怒り」(2016)
坂本龍一 「async」(2017)
坂本龍一 「OST:天命の城」(2018)
サザンオールスターズ 「目次はこちら
佐藤允彦 「As If...」(1985)
佐藤允彦 「Amorphism」(1985)
佐野元春 & ザ・ホーボー・キング・バンド 「自由の岸辺」(2018)
清水末寿メレンゲ 「ホット・ケーキ・ミックス」(1984)
渋谷毅オーケストラ 「LIVE 1989」(1989)
渋谷毅/武田和命カルテット 「Old folks」(2005)
シュガー 「Sugar Dream」(1981)
杉本拓 「OPPOSITE」(1998)
杉本拓 「Taku Sugimoto Guitar Quartet」(2003)
鈴木慶一 「リアルサウンド ~風のリグレット」(1997)
鈴木さえ子 「緑の法則」(1985)
聖家族 「Out Takes '66 - '78」(1998)
聖家族 「ワルシャワ条約」(2005)

大文字 「Improg」(2003)
高本一郎 「シャコンヌ・オリエンターレ」(2012)
高木元輝 「2001.07.06」(2002)
高橋知己 「パハプス」(1984)
高橋悠治 「フーガの[電子]技法(The [Electronic] Art of the Fugue):Bach」(1975)
高柳昌行アングリー・ウェーブス 「850113」(1985)
高柳昌行 「Action Direct Live At Zojoji Hall 1985」(1987)
高中正義 「An Insatiable High」(1977)
武田和命 「Gentle November」(1979)
武満徹 「雅楽〈秋庭歌〉」(2010)
橘雅友会/聖グレゴリオの家聖歌隊 「命響」(2000)
立花ハジメ 「逢うは別れのハジメなり」(1985)
田中朋子トリオ 「Sakuraran」(2005)
田中充 「ミツルジルシ」(2004)
田畑満 「Tabata Live In Europe 2001」(2003)
玉置浩二 「LOVE SONG BLUE」(1994)
田村夏樹/Elliott Sharp/加藤崇之/藤井郷子 「In the Tank」(2005)
チコ本田 「Chiko」(1979)
超即興 「Improvisations 1」(2005)
津上研太BOZO 「Duende」(2005)
津上研太 「Kenta Tsugami-BOZO & phonolite 」(2009)
坪口昌恭 PROJECT 「M.T.Man」 (1995)
坪口昌恭PROJECT 「東京の宇宙人(M.T.Man Lives in Tokyo)」(1997)
坪口正恭 「VIGOROUS」(2005)
坪口昌恭 「Abyssinian...Solo Piano」(2010)
敦賀明子 「So Cute, So Bad」(2017)
寺下誠 「トポロジー」(1984)
東京ザヴィヌルバッハ 「Live in Tokyo」(2001)
東京ザヴィヌルバッハ 「Cool Cluster」(2002)
東京スリム 「LIVE!」(2010)
東方沙羅 「東方沙羅」(1995)
富樫雅彦/佐藤允彦 「双晶」(1973)
富樫雅彦 & J.J.Spirits 「Plays Be Bop Vol.1」(1991)
富樫雅彦 & J.J.Spirits 「Plays Be Bop Vol.2」(1991)

中谷美紀 「食物連鎖」(1996)
中村としまる関連盤 「目次はこちら
難波弘之 「Party Tonight」(1981)
難波弘之 「アミテージ・ザ・サード」(1995)
野村喜和夫/翠川敬基/大友良英 「Ututu/独歩住居跡の方へ」(1996)
灰野敬二 「目次はこちら
爆風スランプ 「よい」(1984)
挾間美帆 「Time River」(2015)
挾間美帆/Metropole Orkest Big Band 「The Monk: Live At Bimhuis」(2018)
浜崎航/片倉真由子 「In a sentimental mood」(2015)
初山博 「スマイル」(1977)
林栄一ユニット 「森の人」(2001)
非常階段 「初音階段:Starring 初音ミク」(2013)
非常階段×あヴぁんだんど 「あヴぁ階段~恋のノイズ大作戦~」(2016)
日野皓正/菊地雅章/富樫雅彦  「Triple helix」(1993)
日野元彦 「Double Chant」(1999)
姫神せんせいしょん 「奥の細道」(1981)
姫神 「雪譜」(1987)
藤井郷子 「Something About Water」(1996)
藤井郷子Quartet 「Minerva」(2002)
藤井郷子 「Gen Himmel」(2013)
藤井郷子Ma-Do 「Time Stands Still」(2013)
藤井郷子Tobira 「Yamiyo Ni Karasu」(2015)
藤井郷子Quartet 「Live at Jazz room Cortez」(2017)
古澤良治郎/大口純一郎 「ライオンのいるふうけい」(2002)
不破大輔 「28」(2001)
細野晴臣 「コチンの月」(1978)
細野晴臣 「花に水」(1984)
細野晴臣 「銀河鉄道の夜」(1985)
細野晴臣 「Endless Talking」(1985)
細野晴臣 「Paradise view」(1985)
細野晴臣 「Good Sport」(1995)
細野晴臣 「Naga」(1995)
細野晴臣 「アーカイヴスvol.1」(2008)
細野晴臣 「OST:万引き家族」(2018)
細野晴臣 「銀河鉄道の夜・特別版」(1985/2018)

松風鉱一 「Earth Mother」(1978)
松風鉱一 「万華鏡」(1997)
繭 「Maju-2 」 (1999)
南博 「Bird in Berlin」(1997)
南博 Go there! 「From me to me」(2010)
宮坂高史カルテット 「ソウル・トマト」(1982)
宮沢昭 「いわな」(1969)
元岡一英 「ドサンコ・ウォーク」(1984) 
ものんくる 「飛ぶものたち、這うものたち、歌うものたち」(2013)
ものんくる 「南へ」(2014)
ものんくる 「世界はここにしかないって上手に言って」(2017)
森山威男 「Live at Lovely」(1990)

山下達郎  「Reborn」(2017)
山下達郎  「ミライのテーマ / うたのきしゃ」(2018)
山下達郎  「クリスマス・イブ(2019 version)」(2019)
山下洋輔  「Clay」(1974)
山下洋輔/Adelhard Roidinger  「Inner Space」(1977)
山下洋輔  「スイングしなけりゃ意味がない」(1980)
山下洋輔  「クレッシェンド」(1988)
山下洋輔  「Dazzling Days」(1993)
山下洋輔  「Ways of time」(1994)
山下洋輔  「Spider」 (1995)
山下洋輔  「スパークリング・メモリーズ」(2012)
山本精一  「Noa 2」 (2001)
山本精一 「Palm」(2016)
湯浅譲二 「JOJI YUASA」(1997)
吉沢元治 「Inland Fish」(1974)
吉田達也/内橋和久 「Hercules' Icy Club」(2006)
吉田達也(with Igor Krutogolov & Assif Tsahar) 「Live in the Head」(2008)
吉田達也/内橋和久/巻上公一/清水一登「砂山のパラドックス/Sorites Paradox」(2011)
吉田達也/内橋和久/三柴理 「浸食と堆積」(2012)
羅針盤 「せいか」(1998)
ラジヲ 「RAdIO」(1999)
緑化計画 「Arbor Day」(2003)
渡辺香津美 「Endless Way」(1977)
渡辺香津美 「TO CHI KA」(1980)
渡辺貞夫  「Earth Step」 (1993)

関連記事