21st Century

ソウルが聴きたくなり、昔買ったコンピを引っ張り出してきた。LATIN SOUL RECORDINGS が05年にリリースした"SOULFUL THANGS VOL.1"より。70年代スイート・ソウルに着目した選曲。盤起こしか、音はしょぼい。

今日はこの一曲を。21st Century"Remember The Rain"。ボーカルは子供かな?甲高く歌い上げる。バックは甘く切なくストリングス鳴るが、妙にヨレってるのは録音のせいかCDの盤起こしのせいか。

21st Centuryは詳しい情報なし。以下のやりとり見るとシカゴを拠点のローカル・グループらしい。シングルを数枚とLP"Ahead Of Our Time"(1975)のみ、ディスコグラフィーの言及があった。

"Remember The Rain"で身を絞るようなシャウトは、線が細いゆえに切なさと頼りなさを強調する。このアプローチだけで魅力的だが、さらに何人かでフレーズを歌い継ぎサビへ流れるアレンジも良い。

ちなみにこのシングルB面"You're My Only World"は、P-Funkのジョージ・クリントンが無名作曲家時代に提供した曲だった。しっかりYoutubeに音源上がってる。凄い時代になったもんだ。昔はこういうの、なかなか聞けずに想像しかなかったもんな。

実際に聴いてみると、ファンキーな要素あるがヨレまくった録音テープのひどさに、まずめげる。Youtubeに上げた人は盤起こしならば、既にシングル時点で音がヘタッてるの?このへん、オリジナル45盤を入手しないと分からない。

楽曲へ無理やり耳を傾けたら、ギターカッティングが効果的で、ディスコを先取りしたようなポップなダンス曲だ。これがA面でもいい。サビもドラマティックに盛り上がる。しかし、録音が・・・。

ちなみにアルバムもYoutubeにあった。CDリイシュー情報は見当たらないのに。


関連記事

コメント

非公開コメント