一曲通して四拍子取れたら優勝

ニコニコで菊地成孔トリオの1998/10/22ライブ音源の残骸があった。
既に消されており、聴くことは叶わない。ここね。http://www.nicovideo.jp/watch/sm1710422

たまーに「なんかの間違いで再アップされてないかな」と検索かけてみる。そのついでにティポで検索したら、こんな動画があった。「これ一曲通して四拍子取れたら優勝」
"裸のランチ"が淡々と流れ、「拍子が取れねえ」とぼやきコメントが流れ続ける。見てたらリアルタイムで聴いてたっぽいオッサンの書き込みも多数見られ、奇妙に面白い。

ぼくはティポって完全に後追い。菊地成孔から逆算して知った。01年にONJQやスパンクス聴いて、そこから遡り。ザッパへどっぷりハマった後に聴いたから、ティポの楽想へは馴染めた。しかし変拍子の連続性を追求したザッパと逆ベクトルで、拍子を奇数分割してくティポの方向性は種明かしの無い手品を聴いてるようだ。

もちろん僕はいまだに"裸のランチ"で4拍子を取れていない。この曲が完全に4拍子として、だが。

菊地と水谷と外山の鼎談で「今堀抜きのアナライズ楽譜解説集」が出ないか、ってのがぼくの夢だ。・・・これ、前にも日記で書いた気がするな。

思えば菊地も「ジャズをたっぷり吹きまくったリーダー作」って、いまだに発売していない。ペペやDCPRGはもちろん違う。DUBコンボとも違う。"花と水"が多少近い。
今の菊地の活動は非常に興味深いが、小細工なし、テナーでどっぷりジャズと向かい合ったアルバムも聴いてみたいな、とたまに思う。昔、ピットインでやってたやつ。こっちも、リアルタイムで聴いたことは無いけれど。
関連記事

コメント

非公開コメント