Thelonious Monk 「The Unique」(1956)

 前作"Plays Duke Ellington"(1956)に続く、全曲がスタンダードのカバー集。

 今ではこの切手を使ったジャケットが一般的だが、1stプレスはモンクの写真をつかってた。知らなかった。

 リバーサイドは難解と呼ばれたモンクを、売上延ばすためにスタンダード集へ強引に誘導した。だがこの2作で義理を果たした格好か、このあとのモンクはのびのびと自作集で傑作を並べていく。その直前、手慣らしのような一枚。

 リズム隊は前作に続くオスカー・ペティフォードと、新たにアート・ブレイキーを起用した。着実ながら静かだった前作のケニー・クラークに比べ、蹴飛ばすようなシンバル・ワークでブレイキーはモンクを煽った。

 全曲がスタンダードながら、色合いはモンク印。和音感、フレーズのつんのめる独特のスイングぶり、どれもが個性的に彩られてる。
 ピアノ・トリオが前提ながら(2)のみ、ピアノ・ソロ。テンポに縛られず、ゆったりとフレーズを遊ばせるさまが美しい。

 リズムが加わっても奔放さは変わらない。スタンダードなのに、モンクの曲かと思うような和音感、フレーズがしばしば飛び出す。
 歯切れ良く迫る、軽快なブレイキーのおかげもありそうだ。むしろ(4)のようにしっとり気味だと、ブレイキーのドラムは生きない。荒っぽく細切れになってしまう。
 そのときにはベースの着実さが映えるな。

 このトリオ、それぞれが補完し合うような関係に聴こえた。前のめりなブレイキー、がっしり穏やかなペティフォード。そして安住を求めつつも、どこかひねって揺らぎ続けるモンク。
 三者三様のアプローチが、一糸乱れずとは逆ベクトルの混雑した中から生まれる統合観を作った。揃ってではない。互いに欠けあったピースが不ぞろいながら噛み合うかのよう。
 どっちかといえばアップテンポのほうが、このアンサンブルの魅力がわかりやすい。

Track listing:
1 Liza 3:11
2 Memories Of You 4:19
3 Honeysuckle Rose 5:32
4 Darn That Dream 6:30
5 Tea For Two 5:52
6 You Are Too Beautiful 4:57
7 Just You, Just Me 7:59

Personnel:
Thelonious Monk - piano
Art Blakey - drums (except for track 2)
Oscar Pettiford - bass (except for track 2)

関連記事

コメント

非公開コメント