The Elvis Brothers

93年に吉祥寺のレコファンで何となく買ったCD"Now Dig This"。ふと思い出して、経歴を検索してみた。
今の人は分かるまい。当時はネットなんて無く、情報はラジオか雑誌かレコード屋しかなかったものよ。

Wikiによると解散済。ドラマーがロマンティクスで叩いてるそう。

【Discography】
"Movin'Up"(1983)
"ADVENTURE TIME"(1985)
"NOW DIG THIS"(1992)

たぶんこの3枚のみで解散。イリノイ州出身でメジャーから初期2枚をリリース。2ndはエイドリアン・ブリューがプロデュースだそう。ぼくは双方聴いたこと無し。パワーポップにロカビリー風味を足したのが持ち味で、3rdでの瑞々しいメロディにワクワク来た。
当時は新人バンドと思ってたが、最後の一花だったとは。

Youtubeにしっかり映像あり。まず、1st時代のPVから"Fire In The City"
初めて聴いた。スピード感あるがパンクやサイコビリーと一線引いた、野暮ったい若さが味か。

3rdの頃。95年ライブ映像より、"Ruthy Ann/Let's Stick Together"。
この"Ruthy Ann"がかっこよくて惹かれた。スピーディとハーモニーがぴったりでさ。エルヴィスと言うより、ビートルズ(特にポール)の影響を強く感じた。
検索してたら来日公演のレビューまであった・・。知らなかった。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~aw5m-wtnb/e-bros2.htm

3rdからもう一曲。"Strangelove"。ビートルズに加え、英国ポップな甘酸っぱさも足された。

あと、3rdではこの曲も好きだった。"Valentine"。ニューウェーブ経由かな。
関連記事

コメント

非公開コメント