コステロがポールとの未発表"Tommy's Coming Home"をライヴで初披露

残る未発表なコラボ曲は"Twenty-Five Fingers"のみ、かな。

ポールとコステロが共作したのは87年、27年前。うわー。時が流れるのは早い。
ポールの"My brave Face"やコステロの"Spike"、その他シングルのB面などで共作曲は発表されていた。だが(たぶん)公式に未発表だったのが"Tommy's Coming Home"と"Twenty-Five Fingers"の2曲。

今回、6/25のNYカーネギーホールで、唐突にコステロがそのうちの1曲、"Tommy's Coming Home"を弾き語りで披露した。どういう心境の変化か分からない。
正確に言うならば「演奏前のMCで言ってるっぽいが、英語が聞き取れない」。

その一昨日前のコステロによるライブ音源はこちら。

この日のセットリストはこちら。渋い曲がいっぱいだ。弾き語りのためセットリストを好き放題に毎日変えている。

当日のライブの様子を、この人がまとめてyoutubeにアップしてる。

今回演奏された"Tommy's Coming Home"を、ポールとコステロのデモ録音(ブート)がこちら。

このクラスになると、音源はぞろぞろ流出してくる。ブートで昔、共演全曲を無理やりまとめた盤も出ていた。カタログ内容はこちらに紹介がある。

そして残る未発表曲"Twenty-Five Fingers"も、もちろんブート音源がYoutubeで聴ける。
関連記事

コメント

非公開コメント