Prince 「The Vault ... Old Friends 4 Sale」(1999)

 生演奏でジャジー路線のアウトテイクをまとめた蔵出しアルバム。

 ワーナーとの契約消化が目的。ライナーにはプリンスが「85年1月23日から94年6月18日にかけてプライベート・ユース用に作った音源集だ」と記した。実際のこの録音時期がどこまで正しいか知らない。少なくとも「リリースから最低でも、数年前に作った古びたもの」ってアピールをしたかったのだろう。
 いっぽうでワーナーも同年11月発売の"Rave Un2 The Joy Fantastic"にぶつけるがごとく、数ヵ月前の8月に本盤をリリース。どっちもどっちだ。

 もともとプリンスは膨大な録音を残しており、そこからコンセプトに沿ってアルバム化してきた。だから一概に蔵出し作品は良くない、と言えないのはプリンス・ファンならご存知の通り。むしろアルバム一枚に仕立てあがらぬ名曲も多数あり。
 プリンスのアウトテイクを聴いてると、かなり長めに録音を行って、そこから刈り込むケースもしばしばみられる。バンド・スタイルでジャム・セッションを繰り広げるってパターンでなく、自らの多重録音ですら。

 どういう手順で録音してたか不明だが、とりあえずリズムを山ほど取って、あとからそぎ落とす手法だろうか。
 本盤でも(3)は、この数年前に出たサントラ"Girl 6"に収録のロング・ミックス。
 なお(4)はジョー・コッカー"Night Calls"(1991)に提供のセルフ・カバー、というよりオリジナル・バージョンかな。
https://www.youtube.com/watch?v=vdt-Izx8fzc
 完全に新曲群というわけではない。あとはブートで流出してた曲もあるのかな。この辺、ぼくはあまり詳しくない。

 Prince Vaultによると、録音年は以下の通りと推測されている。
1985 (8) ("Parade"アウトテイク)
1990 (4)
1991 (5)
1992 (1)(3)(6)(7)(10)
1993 (2)
1996 (9)

 (1)(6)(7)はまぼろしのサントラ"I'll do anything"候補曲だったそう。こうしてみると92年頃に集中してる。(8)を軸に(9)を足してアルバムにまとめた、と言うことか。本盤へ無関心を装ったプリンスだが、選曲や曲順はさすがにプリンスだろう。

 ところが。実際のところは非常にそっけないアルバムだ。収録時間は40分弱。LPには十分だが、CD時代のこのときには物足りなかった。しかも下記のトラック・リストを見れば一目瞭然、数分単位の曲がごろごろある。
 (3)と(5)で尺を稼いだのがありあり。

 プリンスは本盤で生楽器のリズムにこだわった。ホーン隊やストリングスをダビングされた曲が多い。リアルタイムでは打ち込みリズムに傾倒してたころ。既に「オールド・タイム」として、生演奏のリズムやホーン隊にこだわった楽曲群を、まとめて蔵出ししたのかもしれない。この数年後、再びプリンスは"The Rainbow Children"(2001)で生楽器回帰をするのだが。

 そして本盤ではギター・ソロも封印した。尺が長い(3)と(5)ではアドリブがたんまり。しかしトレード・マークな泣きのギターは聴こえない。
 このへん、プリンスは狡猾だ。歌を少なく、演奏を長く。けれどもギターは下賜しない。プリンスの名前があれば買うようなファンにとって、楽曲群はもちろん悪くない。
 とはいえ渇望感は煽られる。実に見事な焦らしのコンセプトだ。

 楽曲的には(10)が素晴らしい。華やかな盛り上がりが美しい名曲だ。感触は80年代のセンチメンタルな色気が溢れてる。震える歌声でじっくり盛り上げた。元はロージー・ゲインズに提供予定を引っ込めたという。
 ロージーの骨太な歌い方より、ぼくはプリンスの危うく妖しい多重ボーカルこそ、この曲が映えたと思う。本盤での多重ハーモニーもばっちりだ。

 アルバムをじっくり聴いていくと、見本市のよう。ごく短い(6)のひねりをアクセントにして、あとはジャジーで軽やかにファンクする作品を並べた。
 最後は(10)のむせび泣くムードで高らかにまとめる。しかし、もっと聴きたいと思うところであっさり終わってしまう。(10)もまだ、先の録音ないのかな。このロング・ミックスをたっぷり聴く機会がある・・・よね?
 
 マニア向けのアルバム、ではある。だが妙にプリンスが気負わないがゆえに、フットワークの軽いオムニバス・アルバムになった。ぎりぎりと締め付けず、ふわり解放した蔵出しの豊潤さを逆説的に味わえる作品だ。
 むしろプリンスのことを詳しく知らない人にも聴いて欲しい。粘っこさをきれいに拭った小粋なサウンドを楽しめる。
 


Track listing:
1 The Rest Of My Life 1:40
2 It's About That Walk 4:26
3 She Spoke 2 Me (Extended Remix) 8:20
4 5 Women 5:13
5 When The Lights Go Down 7:11
6 My Little Pill 1:09
7 There Is Lonely 2:29
8 Old Friends 4 Sale 3:28
9 Sarah 2:53
10 Extraordinary 2:28

"The enclosed material was written during the period beginning 1/23/85 and ending 6/18/94 and was originally intended 4 private use only" (From liner notes)

関連記事

コメント

非公開コメント