The Blues And The Abstract Truth

Truthはどう掛かるのか。「ブルーズ、そして抽象の真実」か、「ブルーズ及び抽象、双方の真実か。
前はざらっと聴き流したかな、と改めて今夜、オリバー・ネルソンの本盤を聴いている。ちなみに邦題は「ブルーズの真実」。Abstractはどこ行った。

エリントンのセッションに参加したオリバーは「譜面が間違ってる」と困惑。「そのまま吹くんだ」とジョニー・ホッジスがアドバイスしたエピソードを読んだことある。そして本盤でオリバーは、変な響きだが気持ちいいアンサンブルをたっぷり披露した。

ホーンの和音が気持ちよくても、妙にベースの響きが座りわるい。もぞもぞっと耳の落としどころを探してる間に、すいすいと曲は進んでいく。
本盤のベースはポール・チェンバーズ。だがほとんどオリバーのアレンジじゃなかろうか。

参加メンバーは以下の通り。コンボ編成が拡大され、ぐっとゴージャスな管の響きが心地よい。
Oliver Nelson(as,ts),Eric Dolphy(fl,as),George Barrow(bs),Freddie Hubbard(tp)
Bill Evans(p),Paul Chambers(b),Roy Haynes(ds)

今日の気分は"Hoe-down"。テーマの対話が楽しい。左のドルフィーとフレディ、右のオリバーとジョージ。左右チャンネルで掛け合うテーマは、二管づつなのに分厚くて、軽やかだ。
トランペットが駈ける後ろのベースって、普通のコード展開だろうか。なんか上ずる。ドルフィーがさらにズラして、よけい耳のすわりが混乱してきた。それが、楽しい。

ピアノも変だ。和音を拍頭で叩くが、所々で隙間作って浮遊感を煽った。一通りホーンのソロが回って、再びテーマへ。全員が同じ譜割で吹く瞬間の、複雑な和音の響きにゾクッときて、対話のキメで終わり。

Youtube検索したが、けっこうビッグバンドでカバーされてた。だが、違う。きれいすぎる。なにが違うんだろ。比較的コンボ編成の本テイクでも、なんか整いすぎ。
ソロ云々じゃなく、アンサンブルがカッチリしすぎだ。

検索してカントリータッチの"Hoedown"があった。EL&Pの同曲フレーズもごっそり。

どういうこと?と作曲者検索して、自らの不勉強を知った。原曲がアーロン・コープランドで、オリバーやキース・エマーソンが編曲か。フルコピーのキースに比べて、オリバーは恐ろしく一節だけ取ったな。
EL&Pのバージョンがこちら。
関連記事

コメント

非公開コメント