Prince 「The Gold Experience」(1995)

 隅々まで隙の無い、90年代プリンスを代表する傑作だ。華やかな再生を主に掲げ、コミュニケーション不全のテーマをさりげなく込めた。 

 厳密にはThe Artist (Formerly Known As Prince)名義で出されたアルバム。本来は94年に完成しており、"The Dawn"と3枚組で発売の構想もあった。だがたぶんレコード会社とパッケージ形態の折り合いがつかず、楽曲は"Come",本作,"Chaos and Disorder"に分かれて何年もかけて発売された。

 プリンスは納得いかず頬に"Slave"と書きツアーでは本盤収録曲を中心に新曲メインの"The Ultimate Live Experience"ツアーを95年3月欧州で繰り広げる。同年9月25日に本盤が発売。96年には日本で7公演を行うも、アメリカではツアーを行わない。
 結局、ワーナーを飛び出す97年の"Love 4 One Another Charities Tour"まで北米をプリンスは回らなかった。自らの箱、ペイズリー・パークやGlam Slamでは頻繁に一夜のギグは繰り返してたが。

 溢れる創作力とリリースが一致しないことが明確になったのが、この時期。必然的にプロモーションも雑になりプリンスのブランド・イメージは毀損してしまう。惜しい。結局プリンスは模索を繰り返し、ひとつながりの地に足が付いた活動体制の構築は"The Rainbow Children"(2001)までかかった、と思える。

 アルバムの完成度、音楽の素晴らしさとはもちろん別次元の話で。
 本盤は当時の瑞々しい新曲群をまとめた構成に仕上がった。惜しむらくはCDサイズで構成されたため、冗長とは言わないが盛りだくさん過ぎること。65分もの世界を集中して聴くことにブツクサ言うようになった、歳取ったぼくのせいもあるが。

 "NPG Operator segues"と題された6つのセグエを挟む、トータル・アルバム仕立てなのは92年の"Love Symbol"から変わらない。前にも書いたが映画がポシャった一方で、物語性を音楽に込める趣味はプリンスの中に残り続けたのではないか。

 本盤のセグエは電話交換手によるサービス案内のストーリーを持つ。様々な経験世界にアクセスする疑似体験商品みたいなイメージか。
 ストーリー性を強調ではないため、セグエごとにどんどん風景は変わる。最初は普通の案内だったのに、4つめのセグエからトラブり始め、5つめではコミュニケーションが成立しない。最後のセグエは崩壊。そして"Gold Experience"に再生を示した。

 結局これもワーナーの勝利と思う。アルバム1枚できっちりまとめるコンパクトな本盤の構成は、3枚組のサイズではボヤけてしまったろう。
 
 楽曲はどれも粒ぞろい。率直なところ、ミックスがごちゃっとしてるために発売当時はピンと来なかった。デジタルの分離良く整えられた音に耳が慣れてしまってたため。
 アナログ的な柔らかいふくよかさや、コケ脅かしの無い本盤のサウンドの魅力に気づいたのは、何年もたってからだ。
 本盤はライブでのダイナミズムを生かしたミックスを行っており、例えば"Diamonds And Pearls"(1991)のようなクリアさは追求してない。もっと肉感的な生々しさを表現した。

 実際の録音はプリンスの多重録音だとしても、アレンジや質感はバンド的な感じが一杯だ。
 それは例えば"Now"や"319"のように密室的な要素を持っていても。打ち込みビートが派手な曲でも、わさわさっと混沌なアンサンブルのグルーヴが滲む。
 歌を強烈に前面に出しながらも演奏は伴奏でなく、もう少し歌と溶ける。主張が強い。
 さらにそこかしこでふんだんに投入されるエレキギターの響きも抜群。曲とアレンジと演奏と歌。総力戦で盛り上げていく。

 良い曲ぞろいだが、聴くほど好きになったのが"Shhh"。もとはテヴィン・キャンベル"I'm Ready"(1993)に提供をセルフ・カバーした。しなやかにジャジーな感覚が魅力。
 ハーモニーと絡みながらボーカル・ラインでじわじわ来るところが良い。盛り上がっては高まり、さらにいったん沈んで再び浮かぶ。

 アルバムのクライマックスは大好きなのが"Gold"。本当に美しく雄大な楽曲だ。
 シンセ・ストリングスの硬質な響きがむしろ、効果的な荘厳さを演出する。柔らかなメロディが華やかに弾む。 あまりライブで演奏記録が残っていない。映えそうなのに。一番が終わったあと、キャノン砲みたいに轟くSE演出も含めて。むしろこうした疑似的に整えられた世界にこそ映えると判断か。

Track listing:
1 P Control 5:59
2 NPG Operator 0:12
3 Endorphinmachine 4:07
4 Shhh 7:18
5 We March 4:49
6 NPG Operator 0:18
7 The Most Beautiful Girl In The World 4:25
8 Dolphin 4:59
9 NPG Operator 0:20
10 Now 4:30
11 NPG Operator 0:31
12 319 3:05
13 NPG Operator 0:10
14 Shy 5:04
15 Billy Jack Bitch 5:32
16 I Hate U 5:54
17 NPG Operator 0:45
18 Gold 7:23

関連記事

コメント

非公開コメント