Colin Hay 「Fierce Mercy」(2017)

 ロック寄りに戻ってきたカントリー風味のアルバム。円熟に加えて少し鋭さを増した、ベテランならではの現役感を漂わす音楽が詰まった。傑作。

 2年ぶりの新譜はここ数作の素朴なカントリー・スタイルから、わずかに売れ線を狙う生き生きしたムードを醸し出す。楽曲の寛いだ響きはそのままに、アレンジやマスタリングが変わっている。枯れた円熟がここ10年ほどのテーマだったが、もう一旗揚げようということか。
 (2)や(3)はストリングスを投入。(8)ではラップまで導入。色々と挑戦をやめてない。背伸びしすぎない落ち着いた立ち位置が、慎重なヘイらしい。

 CDはデラックスエディション、と称したLP未収録の3曲入り全13曲。
 録音はロスの自宅と、ナッシュヴィルのスタジオの二ヵ所で行われた。前作がすべて自作録音の素朴さから、少し拡大してる。
 
 後述のパーソネルのとおり、地元の馴染みミュージシャンとナッシュヴィルのダビング勢が混在してる。あえてバンド風味にせずさまざまなミュージシャンを曲ごとに起用した。ほぼフル参加は今回も数曲で共作してるMichael Georgiades(g)、他にはSan Miguel Perez(g)やFred Kron(key)くらい。時間をかけてベーシック・トラックを録り溜めたのかも。
 
 ナッシュヴィル勢は流通を行うCompassの社長Garry West(数曲でベースを演奏)や同レーベル創設者のAlison Brown (banjo)、他にはスタジオ・ミュージシャンのAudley Freed、Jim Hoke、Doug Lancioら。
 それほど曲によってメンバーが極端に分かれることはない。ベーシックへナッシュヴィル風味をパラリ。匙加減はほどほどに、派手にならず。

 とはいえ前作に比べ、力のこもったゴージャスさが感じられる。売らんかなのギラギラした精力こそ滲まないが、丁寧にアルバムを仕上げた。
 
 激しいパワフルさではない。しゃっきりエッジの立ったマスタリングと、伸びやかな歌声が自然な感じで馴染んでる。
 ヘイらしい切なさとほんのり影をまとったメロディ・ラインはそのままに、生き生きした曲が並んだ。

 ラップを導入した(8)にしても、無理がない。確かに打ち込みビートと唐突なラップは最初、びっくりする。でもそれだけ。じきにヘイの歌声と馴染んでる。乾いた声でヘイの語り掛けるさまと、ラップがじんわり溶けた。
 ラップは Joe Manuel"Deploi"Lopez。経歴も不明、どういう経緯で参加に至ったのだろう。

 いずれにせよヘイはまだまだ隠居しない。ここ10年ほどはすっかりカントリー世界の追及で落ち着いたかと思ってたが、13thアルバムの本作で改めて生き生きさを表現した。

Track listing:
1 Come Tumblin' Down 4:00
2 Secret Love 3:57
3 A Thousand Million Reasons 3:36
4 The Best In Me 3:52
5 Frozen Fields Of Snow 3:54
6 The Last To Know 3:43
7 I'm Going To Get You Stoned 4:29
8 I'm Walking Here 4:04
9 Two Friends 4:21
10 She Was The Love Of Mine 3:46
Deluxe Editon Bonus Tracks
11 I'm Inside Outside In 3:08
12 Blue Bay Moon 4:47
13 Love Don't Mean Enough 3:30

Personnel:
Colin Hay:g,vo

Joe Lopez :vo on 8
Jonathan"Swift"Piazza:vo,key,prog on 8

Michael Georgiades:ag on 1,4,6,9,11-13
San Miguel Perez:g on 1,tres on 4,5,8-10,12
Alison Brown:g/banjo on 1,2,11
Audley Freed :eg on 1,4
Doug Lancio:g on 6,9
Toshi Yanagi:g on 11,12

Fred Kron:key on 1-5,7,8,10,11
Jeff Babko:key on 1,6,8,12,13
Jim Hoke :key on 4,6,9,11,12

Garry West :b on 1,4,10
Yosmel Montejo:b on 2,7,8,12,13
Alan Deremo:b on 3
Jimmy Earl:b on 5,9

Charlie Paxson:ds on 1,2,4,5,7-9,11
David Kemper:ds on 12,13

Leiser Tito:tb on 10

Matt merritt,Cecilia Noel,Belinda Skinner,Michael Georgiadesm,Charissa Nelesen:cho

関連記事

コメント

非公開コメント