Thing-Fish

細野晴臣"Philharmony"の感想書こうとして、気が変わった。もいっちょザッパを。

"Thing-Fish"は84年発表、41作目のLP3枚組。当時タワレコ渋谷で1本仕入れあり迷ったあげく、結局買いそびれた。

ザッパのアルバムで苦手な部類に入るのが、これ。カラオケをバックにひたすらアイクが朗読してるだけって印象なため。もともとザッパの歌詞やコンセプトへ興味さほど無く「過去トラックの再利用か」と思い込み、ちょっと聴いて棚に放り込んでいた。
実際に聴いたのは86年のCD盤と思う。

記憶が正しければ、最初に本盤を聴いたわけじゃない。"YCDTOSA Sampler"(88年)LP2枚組が先。この"The Evil Prince"ライブ版を聴いて、オペラティックな展開にメチャクチャ惹かれた。ようやく"YCDTOSA 4"(91年)で本ライブ・テイクのCD化は嬉しかったな。

"The Evil Prince"がきっかけで、ようやく"Thing-Fish"のCD買ったのが89年かそこら。
で、冒頭の感想に戻る。アイクの声が、でけえ。このミックス、何とかならんのか。
あと本盤は過去曲の再録が多い。当時の印象だと、よけい寄せ集め感が満載。
「俺のファンは同じ曲を何度も聴いて、違いを探すのが好きだ」とザッパが言ってたらしい。とはいえ駆け出しファンにそんな根気無い。使いまわしかよ、とよけい興味薄れた。

肝心の"The Evil Prince"は1分足らずと、超短い上に朗読の対話だ。なぜ本曲がライブだと、ドラマティックでミュージカル風の7分及ぶアレンジに変わるのか。ザッパのセンスは凄いな。

さて今、"Thing-Fish"を聴きかえしてる。20年ぶりくらい。やっぱアイクの声がデカい。でも伴奏は使いまわしじゃない。あちゃー。聴き洩らしてた。シンクラヴィア混ぜつつ、妙にジャジーなアンサンブルを構築した。これはこれで、他のザッパの盤に無いアプローチかも。曲で言うと"Yo Cats"系か。

Amazonレビュー見ると"Thing-Fish"絶賛の人もいる。とはいえやっぱ僕は本作が苦手。コンセプトも歌詞も興味無いし。
ザッパ流のミュージカルとして聴けば、評価は変わるだろう。耳を澄ませば、演奏の妙味も味わえる。そこまでするより、別のザッパの盤を聴くのが楽だけど。
ぶっちゃけ今回も途中で飽きた・・・また改めて聴き直そう。
関連記事

コメント

非公開コメント