Jevetta Steele 「Here it is」(1991/1993)

 "バグダット・カフェ"テーマ曲の歌手なイメージ強いが、版を変えてプリンスの曲が聴ける。

 The Steelesのメンバー、ジェヴェッタ・スティールのデビュー盤は仏Musidiscからリリースされた。初版はグレイス・ジョーンズみたいに鋭角に気取ったポートレート。Columbiaからのセカンド・プレスはにこやかにほほ笑む横顔の写真。後者のほうが魅力的と思う。今、Amazonで検索できるのは2ndプレスのみだ。

 曲順も収録曲も1stと2ndプレスで異なるが、なぜか双方にプリンスがらみの作品を2曲収録した。しかもそれぞれでまったく違う。
 1stが"And How"と"Skip 2 My U My Darling"。
 2ndは"Hold Me"と"Open Book"。
 Levi Seacer, Jr.がプロデュースしており、プリンスの積極関与は少ないのかもしれない。けれど、プリンス・ファンには聴き逃せないプレス違いだ。
 
 アルバムで言うと、あくまで主役はキラー・チューン"Calling You"。鋭くストイックな魅力は素晴らしい。この一曲だけでも、本盤は買い。ハイトーンを強く長く伸ばす迫力は凄いインパクトがある。
 "Calling You"での硬いイメージを持ってたが、他の楽曲ではいくぶん体温を増した歌い方をする。要はテクニックはあり。
 ただし他の収録曲はいまひとつグッと来ない。

 プリンスの曲に絞って、ここでは細かく聴いてみよう。 
 どれも演奏はレヴィ・シーサーが作ってるクレジットだが、さて実際はどうだろう。

 1stの"And How"は86年頃、すなわち"Sign O' The Times"のあたり。カッティングのギターはプリンスのテイクそのものか。ただし演奏は改めて本盤用に再録音されてるらしい。
 メロディはポップで、ほんのりゴスペル・タッチ。当時のソウルにありそうなキャッチーさを持つ。ポインター・シスターズあたりが歌っていそう。


 "Skip 2 My U My Darling"は詳しい情報がPrince Vaultにも無い。91年録音当時の作品だろうか。そのわりに、いがいとあっさりした作り。特段にプリンスは演奏に参加も無し。なんらかのデモを聴いて、レヴィ・シーサーが演奏か。これまたポップさを持つ。硬い打ち込みビートとコーラスの絡みにプリンスの影を無理やり探すことができるくらい。

 2ndの"Hold Me"は、ビックリするくらいオーソドックスなソウル・バラード。ここではいくぶんテンポを上げてロマンティックさを強調した。いや、むしろ速いテンポを緩やかに落としたのかな。どちらともとれる居心地の悪さ。メロディはきれいだが、中途半端なテンポ感だ。
 演奏もオーソドックスで、プリンスらしい切れ味は無い。"Diamonds And Pearls"(1991)頃のアウトテイクで、当時のツアー中に世界各地で録音したうちの一曲という。

 "Open Book"はマルティカのアルバム"Martika's Kitchen"(1991)のアウトテイクで作者にマルティカのクレジットもある。これまた滑らかなメロディのソウルで、どの辺がプリンスかは伺えない。背後のコーラスでプリンスらしき声は聞こえる。
 サビあとの階段みたいにはずむメロディや終盤のハーモニーのセンスにうっすらプリンス流のファンクネスもあり、か。双方ともものすごく聴きやすいけれど、逆に物足りない。
 
 両方買う熱意は無く、プリンス臭も味わいたいなら1stプレスがおすすめ。

Track listing:
(1st)
1 Say A Little Prayer For You 5:21
2 Baby, Are You? 3:36
3 And How 4:23
4 You're Gonna Love Me 4:43
5 Here It Is 4:12
6 Calling You 5:21
7 In This Man's World 4:55
8 Good Foot 3:40
9 Skip 2 My U My Darling 4:23
10 Where Do We Go From Here? 4:29
11 Love Will Follow 5:02

(2nd)

1 All In Time 4:58
2 Hold Me 4:35
3 Where Do We Go From Here 4:15
4 Good Foot 4:09
5 Calling You 5:19
6 Love Is A Losing Game 4:30
7 Here It Is 4:12
8 Baby Are You 3:36
9 If You Want My Lovin' 5:43
10 Open Book 5:10

関連記事

コメント

非公開コメント