太田惠資ラジオ出演

 TOKYO FMの「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」に太田惠資がゲスト出演。radikoのタイムフリーなら、一週間後まで自由に聴取が可能。
http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20170219043000


 今年一月にバイオリンの紛失話で幕を開ける。96年に梅津和時とふたりでの出演ぶりに、本盤組へ登場だそう。なお今週と来週が太田のゲスト参加となる。
 紛失したバイオリンは"MASARASCOPE"で弾いてる楽器だそう。

 30分番組のためか、曲は完奏でなくすぐに喋りが乗ってしまい、フェイドアウトされるのが残念。
 それと一曲くらい、太田がまさに選曲した他人の曲(ブルハン・オチャルとか)も聴いてみたかった。

 喋りは太田のプロフィールをなぞる形で、子供の話から一気に大学時代へ飛び、プロに至る経緯や医者になりたかった思いなどが綴られる。
 そして参加した曲、の一例として"るろうに剣心"の作品に。ストリングスのドローンっぽい響きをベースに、インプロで演奏したという。そのバイオリン演奏に着目され、探されたという後日談も語られた。
 あとは山下洋輔とトルコ公演の様子もちょっと喋ってる。

 番組のパーソナリティ田中美登里は、まったくお仕事で喋ってるのでなく、太田のライブへ足を運ぶ様子も語られた。
 最後はラッパ・バイオリンで、おなじみの"人魚の歌"から、即興をごく短く演奏して番組は終わり。あっという間だな。

 選曲は以下の通り。なおオンエア曲としてi-tunesにリンクがあるけれど。「MASARASCOPE」を見たら450円で配信音源が買える。安っす。
https://itunes.apple.com/jp/album/masarascope/id862216741
 
 あと、"るろうに剣心"のサントラに参加曲は、この盤かな。持ってないや。すでに廃盤らしくAmazonのマケプレでは4500円~13000円と、とんでもないプレミアがついている。
 そして"Blue Rondo a la Turk"もAmazonでは流通が無く、5千円のプレミアつき。これもイニシャル・プレスのみか。やっぱ見た時に買わんとだめだな。

【オンエア曲】
OP:オタのトルコ (新大久保ジェントルメン"イゴールの嘆き"(1998))
1.Masarascope (MASARA "MASARASCOPE"(2003))
2.不殺 (OST "るろうに剣心"(2012))
3.トルコ風ブルーロンド (太田惠資&Bill Mays"Blue Rondo a la Turk"(2010))
4.即興("人魚の歌"~インプロ):生演奏
    

関連記事

コメント

非公開コメント