音楽本、2冊並行読み中

    http://img.mixi.net/img/basic/skin/gray/common/bg_edit001.gif);background-repeat:repeat-y;">
  • HMVのサイトが意外と情報収集に役立つかも。ソウル系の再発系レーベルをまとめたリンク集を見て思う。 
    http://www.hmv.co.jp/news/article/812110199/ 

    今まで音楽を雑に聴いてきたなあ、と反省する本を2冊並行して読んでいる。 

    "アフロ・ポップ・ディスク・ガイド"吉本 秀純 (監修)(2014:シンコーミュージック) 
    "ボブ・ディランは何を歌ってきたのか"萩原健太:著(2014: Pヴァイン) 

    前者はアフリカと西洋音楽のミクスチャーをテーマにしたムックで、アフリカ音楽そのものに加え、アフリカ音楽に影響や共演の盤もふんだんに取り上げた。有名どころだとヘッズの"Remain in light"とかサイモンの"Graceland"とか。 
    アフリカ音楽は好きな割に、体系だって聴いてない。時系列も地域もバラバラ。読んでて話題に上がる盤は中途半端に知ってるか、まったく無知なものばかり。 

    これをまともに追いかけて、その上で自分なりの好みを追求するべきなんだよなあ、と思う。10代の頃に読みたかった本だ。 
    しかし最近、新譜を聴いてねぇなあと愕然。特にこのところは買うCDも激減し、中古盤をジャケ買いがほとんど。妙に混沌とした聴取な日々を過ごしている。 
    「聴きたいCDを狙って買う」という、まともなルートを通るべきか。 

    本盤のコラムに"Awesome Tapes from Africa"の管理人を挙げてて驚いた。(http://www.awesometapes.com/) 
    アフリカ音楽の(多分無許可で)アップロードするサイトでも老舗、なかでも現地カセットテープに着目し、資料性や解説は無視して膨大な音源を上げ続ける。ネットをググればたいがいの情報へ断片的にアクセスできるカタログ文化とは違う。マニアックな体系性は無く、大雑把なとこが"異文化"の無秩序さに似合ってる。 
    しかし商業本でこういうサイトの存在を記載していいのかね。ストリーミング再生可能だから、ぎりぎりセーフってことか。 

    もう一冊はしばらく前にもちょっと言及した、萩原健太による公式リリースをたっぷりレビューした大著。 
    何度も書いたように、萩原健太はぼくが大きな影響を受けた音楽評論家の一人。膨大な知識をカタログに羅列する冷静さ、情報を元に深く読んで熱く語る分析力を併せ持つ。その一方でアイドルや産業音楽までもフラットに評価する、底なし沼なイメージの咀嚼力が魅力だ。ギタリスト/プロデューサーでもあり、楽典の観点で分析できるのも強みの一つ。 
    さらにコピーライター的なキーワードを切り取る象徴化のセンスと、呟きっぽい口調の文体も特徴ある。 
    表層を撫でながら、実は深みも覗いてるという。ほんとはもっと本を出してほしい一人。 
    率直な所、長文なほどに味を出す人だと思う。短文だとミュージシャンや曲名がカタカナで羅列し、目が字の上を滑っていく。 

    なお萩原ははるか前、PCオーディオへ早期シフトの一人だった。PC雑誌にコラムを持ち、MP3化のリッピング・テクニックを熱く語っていた。コラムの書籍化を願ったが果たせず。今やハードの変化で時代遅れだろうが、普遍的な「PCオーディオの概念」や「タグ付やHDD棚の情報管理」をテーマに一冊を著して欲しいもの。たぶん、数十テラくらいの音楽ファイルを管理してるはず。どんなふうにファイル管理やバックアップしてるか、興味ある。 

    で、本書。ディランの諸作を一枚づつ、丁寧に解説していく。そう、本書の第一義は解説。初期のカバー曲の現演奏者や、オリジナルの原曲と思しき作品を淡々と書き連ねる。それぞれのタームに深く踏み込まず、情報のチョイスからディランの狙いや立ち位置を考察する。 

    ディランはマニアが多い。分析もさまざまに出来る。まだ読んでる最中だが、本書で萩原は歌詞や楽曲構造へさらりと触れつつ、曲選びのセンスを時代性を横目に語っている。 
    知らない情報ばかりだから、刺激的だ。ディランも聴いてない盤がいっぱいある。聴かなくちゃなー。 

    しかし一人のミュージシャンを追うってのは、ある意味覚悟がいる。本著でも言及のようにディランはブートが膨大。さらに裏では海賊盤という「商業」ルートにすら乗らぬ音源もいっぱい。音質が悪いとか、断片的だとか。 

    あっというまに潰されたが、"Bob's Boots A-Z"ってブログが2010年位にあった。(http://headedforanotherjoint.blogspot.jp/) 
    たまたまオープン当時にブログを見て、あまりの音源の膨大さに仰天したっけ。今上記のURLには跡地だけ。ディレクトリ構造のみでも残しておいたら、資料性の意味で貴重なのにな。 

    そうそう、萩原の本を読んでて参考資料の一冊に"Bob Dylan: The Recording Sessions 1960-1994)"Clinton Heylin:著(St. Martin's Griffin;1997)があった。 
    http://alturl.com/5c4wt 
    こんな本出てるの知らなかった。邦訳されないかな。2000円位で原書は買えるが、どうせ読まないし・・・。
関連記事

コメント

非公開コメント