不失者の1000枚限定な新譜(だった)

たまたまネット検索で今更にして知ったが、今年の4月末に不失者とペーター・ブロッツマンの共演CDがUtech recordsから発売されていた。96年に法政でのライブ音源だ。2010年代の今になって、発掘リリースされるか。この音源はブートでも見かけたことが無い。

アルバムのタイトルは「Nothing Changes No One Can Change Anything, I Am Ever-Changing Only You Can Change Yourself」長い・・・「何も変わらない何でも変えられる人はいない、私は既に変わった人であなただけがあなたを変えられる」みたいな訳になるのかね。

CD三枚のボリュームもコミで、買ってみようかなと検索。Amazonでは扱ってなかった。レーベル・サイトをとりあえず見てみる。既に売り切れ。灰野敬二にブロッツマンの顔ぶれだと1000枚限定でも、数か月で売り切れるんだ。ちょっと意外。

Utech recordsはBandcampで配信の場合もあるが、この盤は実ディスクのみらしい。3枚組のボリュームで、ってのが凄いなあ。

ということで、宣伝の抜粋音源聴いて、全貌を想像してみる。
レーベル・サイトの紹介文:

海外のアングラ即興のジャンルで、灰野はほんとに人気ある。最近はあまり出ないが、数年前の違法アップロード花盛りの頃は、いろんなサイトで灰野がらみのライブ音源が、多数アップされていた。
灰野が自身で音源管理して配信販売すれば整理もつくが・・・やらないだろうな、たぶん。
数時間にもわたる年末ライブ音源なんかも、前にネットで見かけた。録音してる人、いたのか。
関連記事

コメント

非公開コメント