Prince 「Xpectation」(2003)

 穏やかなフュージョン風味のインスト。ジャズ志向だがアドリブ強調には向かわない。全体のアンサンブルを重視した。

 03年1月1日に当時の公式サイトNPG Music Clubから無料配信された。当時のメールは残っていないが、半信半疑でWebへアクセスして無事に落とせるかドキドキしてたことを思い出す。その時の日記がこちら。一番下に1月1日、本盤について書かれてる。

 あの頃の発想では突飛なリリース形態の上、プリンスの思い付きでいつ「やーめた」となるかわからない。さらにWeb回線も細かったから、落とすのにけっこう時間かかった気もする。そもそもNPG Music Clubからして、運営も怪しかったし。危険という意味でなく、危なっかしさって意味で。

 ピアノ弾き語り的な"One Nite Alone..."が02年の5月、3枚組Box"One Nite Alone... Live!"は、02年の年末。どんだけ出すんだ、と思ったっけ。
 本盤の内容は全曲がインスト。正直、拍子抜けだった。マッドハウスの新譜と考えればいいのだが。"N.E.W.S."(2003)がリリースは、同年の6月。この当時はインストのラウンジ音楽に傾倒してたか。

 "N.E.W.S."はベーシック・リズムのセッション音源へプリンスが山のように鍵盤やギターをダビングしたアルバム。本盤"Xpectation"はもっとコントロールされてる。
 John blackwell(ds)とRhonda Smiti(b)はそのままに、サックスは新鋭キャンディ・ダルファーを起用。さらにバイオリンでVanessa Maeをフィーチュアした。

 タイトルに合わせ副題もリリース当時、発表されていた。語呂合わせでexをXと書く思いついた単語を羅列しただけにも見える。
 副題も謎めいた精神世界的な文言だが、思い立って仮説と研究を重ね宇宙旅行へ旅立つようなストーリーを込めたのかもしれない。
 
 曲はギターと鍵盤が並列しており、明らかにあとからダビングを施した。弦やサックスも重ねられており、譜面もしくはかっちり段取りが決まったインストかもしれない。鋭角的なドラム演奏なので、プリンスも叩いてたりして。

 (1)はディレイが揺れるローズの演奏をバックに、エキゾティックなバイオリンが絡む。穏やかで広がりのあるオープニングだ。
 すっとフェイドアウトして、同じ鍵盤が仕切り直す(2)。ただしドラムが軽く刻み、ベースも加わってサックスが乗る。(1)をさらにジャジーに仕立てた。ビブラフォン音色の鍵盤による静かなアドリブへ。
 サックスからフルートにソロが回されるが、背後に数本のサックスがダビングされ、コンボ演奏めいててもきっちり構成されている。そもそもホーンはすべて、あとかぶせらしい。

 間をおかず鍵盤とリズム隊、フルートとバイオリンが小気味よいメロディを奏でる(3)に行った。今度もアドリブは鍵盤から。跳ねるフレーズは妙にこじんまりしてる。フルートとバイオリンが同じ譜割でカウンターを入れた。今一つ覇気がない。
 メロディは鍵盤とバイオリン、フルートで弾き継がれる構成は整っているけれど。アドリブはバイオリンにも回る。重音の部分はダビングだろう。一本のバイオリンがフワッと膨らんだ。
 短いサックスのフレーズから、再び鍵盤に、そしてサックスへ小刻みにアドリブが移った。ここでのアルトサックス・ソロは意外と尺を確保してる。

 ファンキーなイントロの(4)でギター風な鍵盤の登場。ワウを効かせた。ギターと鍵盤、使い分けかな?エレピもきっちりバッキング、すなわちプリンスがダビングを行っておりセッションではない。
 ドラムが派手にフィルを入れ、マッドハウス直系の荒々しさには、この曲が最も近い。
 サックスは数本ダビングされ、ホーン隊風に音を出した。アドリブは味付け、曲の肝はドラムのフィルとテーマ・リフの応酬だ。

 (5)はハイ・ポジションのベースがイントロを紡ぐ。鍵盤が一鳴りしてドラムも加わり、サックスへ。スムーズ・ジャズだな、いかにも。
 サックスがサブ・トーンを滲ませながらソロを取り、エレピがオブリを入れた。地味だがロマンティックな曲。

 (6)でバイオリンが復活する。ストリングス音色はシンセでなく、バイオリンの多重録音か。これもマッドハウス的に性急なテーマを持つ。鍵盤は和音キープ、ギターが目立つ曲だ。バイオリンと鍵盤がユニゾンで動いて、ギターがカウンターを入れる。
 そしてサックスからギターのソロへ。短い曲のわりにめまぐるしく細かくアレンジされている。鍵盤を多用する本盤だが、ここでのギター・ソロはスピーディに跳ねてかっこいい。歪ませずブライトな音色で奏でた。
 
 (7)は乾いた鋭角なエイトビートのドラムにギターやサックスが絡んだ。スネアのエレクトリック・ドラム風音色がダビングに聴こえてしまう。この曲はプリンスのドラムっぽい。
 ムードを単一にして、ファンクのままでサックスとギターがソロを取る。
 なお(7)や(8)はわざとアナログのスクラッチ・ノイズも足して古めかしさを強調した。

 (8)は静かなギターを前面に出したジャジーな曲。鍵盤も含むリズム隊が、そっとグルーヴさせた。ベースやプリンスの鍵盤が入れるオブリが効果的。つまりはダビング前提の曲ながら。
 ベーシック・トラックを作って、プリンスがギターをダビングかな。この盤の中では、鍵盤の音色に共通性はあるものの、ちょっと雰囲気が違う。本盤で最もセッションめいたアレンジだ。

 最終曲の(9)。8分と最も長く、ドラムのソロで幕を開ける。ベースが這い、鍵盤が短いフレーズでビート性を強調した。アドリブは重たい響きのギター。小さくバイオリンがオブリを入れる。中盤でも鍵盤やギターが暴れた。
 ベースのランニングがジャズっぽいが、全体のイメージはファンク寄り。数本ダビングのホーン隊が加わり、バイオリンが炸裂するあたりはR&B風。アフターショーの盛り上がりが似合う。リフは各楽器が譜割を揃えた。

 と言ったように、根底から滲むファンクネスにプリンス色を感じるものの、根本的には無記名なフュージョン寄りのサウンド。
 結局は再リリースが無く、お蔵入りの音源になった。レコーディングとしては手をかけてるけれど、アイディア一発の作品、かな。
 
 (3)や(4)は10年後、02~03年のアフターショーで取り上げられ、プリンスの中で全く忘れ去られてもいなかったみたい。
 Prince Vaultによれば、"Xenophobia"("One Nite Alone... Live!"に収録)を冒頭に置いた全10曲の企画もあったそう。この曲はスタジオ盤が未発表のまま今に至っている。せっかくなら10曲入りで、"One Nite Alone... Live!"とつながる形にて聴いてもみたかった。

 徹底的にコントロールされながらもアドリブ・セッションに思える本盤と、セッションが元ながら後付けで構築を重ねた"N.E.W.S."。
 二つのアルバムが対比構造にも、なっていそう。

Track listing:
01 "Xhalation" -Something,such as air or vapor,that is exhaled
02 "Xcogitate" -To consider or think(something) out carefully and thoroughly
03 "Xemplify" -To illustrate or serve as an example 
04 "Xpectation" -The expected value of a random variable,Eager anticipation 
05 "Xotica"  -Curiosly unusal or excitngly strange
06 "Xogenous" -Drived or developed from outside the body,originating extenally
07 "Xpand"   -To increase the size,bolume,quantity,or scope of;enlarge
08 "Xosphere"  -The outermost region of a planet`s atmosphere
09 "Xpedition" -A Journey undertaken by a group of people with a definite objective

Personnel:
Prince - Key,G
Candy Dulfer - sax
John blackwell - ds
Vanessa Mae - vln
Rhonda Smiti - b

関連記事

コメント

非公開コメント