灰野敬二:感想目次

 分量が多くなったので、別に目次ページを作った。

<ソロ>
 「わたしだけ?」(1981)
 「滲有無」(1990)
 「」(1992)
 「Execration That Accept To Acknowledge」(1993)
 「Beginning And End, Interwoven」(1994)
 「A Challenge To Fate/運命への挑戦」(1994)

 「I Said, This Is The Son Of Nihilism」(1995)
 「Tenshi no Gijinka:天使の擬人化」(1995)
 「手風琴/The 21st Century Hard-Y-Guide-Y Man」(1995)
 「The Book Of "Eternity Set Aflame"」(1996)
 「息をしているまま」(1997)
 「So, Black is Myself」(1997)

 「まずは 色を無くそうか!!」(2002)
 「光 闇 打ち溶け合いし この響き」(2003)
 「真っ逆さまに落ちてゆく洗脳された「これでいい」」(2003)
 「この気配 封じられてる 創まりに」(2005)
 「宇宙に 絡みついてる 我が痛み」(2005)
 「やらないが できないことに なってゆく」(2006)
 「こいつから失せたいためのはかりごと」(2008)
 「ドキュメント灰野敬二」(2012)

<不失者>
 「不失者」(1989)
 「寓意的な誤解/Allegorical Misunderstanding」(1993)
 「悲愴」(1994)
 「The Caution Appears」(1995)
 「来たる時」(1997)
 「Origin's Hesitation」(2001)

<その他のバンド>
Lost Aaraaff 「Lost Aaraaff」(1991)
滲有無 「悲翼紀」(1994)
Purple Trap 「Decided ... Already The Motionless Heart Of Tranquility, Tangling The Prayer Called "I"」(1999)
Sanhedolin 「満場一致は無効」(2005)
Sanhedrin 「さあ 真ん中だ どんな感じ」(2008)
Sanhedrin 「「好」の5W1H」(2013)
静寂 「不失者の秘儀伝授/Mail from Fushitsusha」(2010)
静寂 「何があっても生き抜く覚悟の用意をしろ/You Should Prepare To Survive Through Even Anything Happens」(2010)
Nazoranai 「Beginning To Fall In Line Before Me, So Decorously, The Nature Of All That Must Be Transformed」(2017)

<コラボ作品>
灰野敬二/Barre Phillips 「Etchings In The Air」(1996)
灰野敬二/Peter Brotzmann 「進化してゆく恥じらい、或いは加速する原罪 [Evolving Blush Or Driving Original Sin]」(1996)
灰野敬二/Loren MazzaCane Connors 「Vol.2」(1997)
Painkiller 「Collected Works」 (1998)
Musica Transonic With 灰野敬二 「Incubation」(1998)

à qui avec Gabriel 「UTSUHO」(2001)
灰野敬二/吉田達也 「水が炎を掴むまで」(2002)
灰野敬二/佐藤通弘 「たゆたゆと ただよいたまえ このふるえ」(2004)
灰野敬二/吉田達也 「New Rap」(2006)
灰野敬二/K.K.Null 「Mamono」(2006)
灰野敬二/吉田達也 「Uhrfasudhasdd」(2008)
灰野敬二/Zeitkratzer 「Electronics」(2008)
灰野敬二/Pan Sonic 「Shall I Download A Blackhole And Offer It To You」(2009)

灰野敬二/Pan Sonic 「In The Studio:Synergy between mercy and self-annihilation overturned」(2010)
灰野敬二/Ambarchi/O'Rourke 「Tima Formosa」(2010)
Peter Brotzmann, 灰野敬二, Jim O'Rourke 「Two City Blues 1」(2015)
灰野敬二, Jozef Dumoulin, Teun Verbruggen 「The Miracles Of Only One Thing」(2017)
Konstrukt & 灰野敬二 「Philosophy Warping, Little By Little That Way Lies A Quagmire」(2017)

関連記事