夏から秋へ

月曜日はむっちゃ寝苦しく、一昨日は肌寒い。昨日も涼しめ。なんだ、この一週間は。
なぜか朝4時半にいったん目が覚める。夜は眠いので早めに寝て、翌日も4時半に目が覚める。悪循環だ。今日は本を読んでて日が暮れた。途中、何度もうたた寝。いかん、悪循環だ。

ということで今のBGM。こんな季節には、穏やかなジャズが良く似合う。

今のBGMはビックス・バイダーベック。こないだ買ったやつ。
スイング以前の名手と有名だが、今まで聴いたことなかった。サッチモもあまり知らんしなあ。
ぱっと聴き、録音音質のしょぼさに舐めてしまう。録音と音楽の先鋭さに関係は無いのに。本盤の録音は24-29年。うわ、90年前。もうすぐ一世紀前か・・・時のたつのは早いもの。

アーリー・ジャズはスイングみたいなものかと思ったら、本盤でのジャズはもっと自由だった。ディキシー~アーリー~スイング~ビバップの時系列でいいのかな。
本盤は今でも古びないところが脅威だ。今の耳で存在しないのは、リズムの揺らしとフリーの凶暴さ、強靭なグルーヴや汗の匂い。

無い物ばかりに見えるが、実際に本盤のジャズは上品でクール、そして芳醇だ。アレンジの妙味が良い。バイダーベックのソロよりも、サウンド全体が気に入った。
ドン・マレイのクラリネットもスマートで素敵。
てか、ドラムがイマイチなんだな。バスドラが杭打ちみたい。

なぜスイングでリズムが定型化し、ビバップで曲芸ソロが構築化したのか。本盤で聴けるアーリー・ジャズは、すごく自由だ。例えば(5)"Three Blind Mice(Rhythmic Theme In Advanced Harmony)"。テーマの合間にカウンターで各楽器が音を入れ、キュートさを表現する。バリサクの歌い上げはフレーズの最後でクラがユニゾン。

ビックスのペットがトップでソロっぽい吹き方だが、バッキングがピタリと寄り添い書き譜と分かる。そのまま短いペット・ソロが生き生きと鳴った後、エディー・ラング(g)からエイドリアン・ロリーニ(bs)のソロ、間をおかずアンサンブルに。
3分あまりの曲に、冗長なスペースは無い。ダンサブルでスリリングなアレンジだ。
バンド名義はFrankie Trumbauer& his Orchestra,1927年の録音。

Youtubeを貼っておく。この音源はSP起こしママか。ぼくの聴いたCDはかなり針ノイズ除去済。とはいえSP起こしママのYoutube音源の方が、音質に奥行有り。難しいもんだ。

関連記事

コメント

非公開コメント