"ONE OF THOSE SUMMER DAYS"RHYE

出先のBGMでJ-WAVEがかかっており、気になって耳を澄ました曲。帰ったらPCで曲名確かめよう・・・と一瞬思ったが、スマホで調べられたっけ。どうもいまだに「ネット通信可能なツールを持ち歩いてる」感が希薄だ。

その気になったら、その場でAmazonに注文して(スマホだと少々手間だが)CD買うか音源DLまで済ませられる。便利な時代だ。
とりあえずもうちょい聴いてから考えよう、とその場では控える。エアAmazonへエア注文に留めた。

何処が気になったかと言うと、背後のハーモニー。FMラジオ音源に加えBGMの音量だと、あちこち帯域マスクされて、自分の耳にはハーモニーのみが抽出された。ふわーっとノービートで伸びる高い歌声が、とてもきれいだった。ブルガリアンヴォイスかエンヤかと。
帰ってYoutube検索したら、しっかり曲がアップされている。


改めて家で聴くと、UKソウルっぽい硬質なロマンティシズムの印象が強まる。BGMで聴いたときと、感じが違う。良いのか、悪いのか。

てか、収録アルバム"Woman"(2013)全部の音源まで上がってた。


ライ(Rhye)はカナダ人マイク・ミロシュ(vo)とデンマーク人ロビン・ハンニバル(instrument)のデュオ。"Woman"(2013)が1stアルバムで、昨年にあちこちで話題呼んでたそう。ちいとも知らなかった。
関連記事

コメント

非公開コメント