Lou Reed 「The Raven」(2003)

 とことん、全力投球した。ルーの才能が詰め込まれた濃密な大作にして傑作。詩と音楽を演劇的な手法で紡ぎあげた。

 19thソロ。結果的に図らずも、最晩年のオリジナル・ソロアルバムとなった。このあと、変則的な"Hudson River Wind Meditations"(2007),メタリカとの共演"Lulu"(2011)はあるけれど。
 2枚組のボリュームと、1枚にまとめられた二種類のバージョンがある。
 正直、ロック・アルバムと聴くならば1枚盤がお勧め。2枚組は映画か演劇のようで、朗読やインストをたっぷり織り込み、堂々たるゴシック趣味の世界が広がる。ルー・リードの世界を存分に味わうなら2枚組だが、英語もしくは何を言ってるか頭に入ってないと、冗長に感じてしまう。残念なことに。

 以下で☆印が1枚組に収められた曲。基本は2枚組から順番通り抽出だが、"Call on Me"が先で"The Valley of Unrest"がその次に収録と、一か所だけ曲順をルーはいじってる。
 2枚組で36トラック。1枚盤で21トラック。どちらも長尺でなく細かく切って場面展開は次々行われる。

 エレキギターの音質に拘るルー・リード。本盤でも涼しくパンチ力ある歪んだギターの音色はたっぷり楽しめる。さらに本盤ではホーンや弦も投入し、非常に豊富で濃密な音世界を狙った。2枚組だと、もっと演劇的な語りやセリフが頻出する。

 ゲストが多彩なのも特徴。ルーは本盤であらゆる要素を惜しみなく本盤へ投入している。
 僕が知ってるところでは、オーネット・コールマン、デイビッド・ボウイ、ゴスペルのブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ。パートナーのローリー・アンダーソンもボーカルで参加した。
 このダイナミズムを、朗読や演劇的なシーンを除外して楽しめる意味で、一枚目を薦める。

 作品のテーマはポーの"大鴉"(1845)。収録音源の大本はRobert Wilsonと2000年にルーが発表したオペラが本盤のもとになっている。つまり本盤はルーの密室的な作業から生まれた対策でなく、オペラをアルバムに再編成したもの。だから演劇の要素もスマートかつ滑らかにアルバムへ仕込まれてる。舞台のワンシーンがこれかな。

 Wikiによれば"The Bed"と"Perfect Day"はかなり、舞台バージョンと変えてるそうだ。
 2枚組を聴くと演劇的な大作。ルーの集大成にも思えてしまう。実際には一里塚のつもりで、豪華に作っただけかもしれないが。
 音楽は物語の飾りとして、敢えてバラエティに富んだ仕上がりになっている。多少冗長ながら2枚組で聴くと、トリッキーなことはしてないが多彩なイマジネーションの展開と、ドラマティックな展開を楽しめる。もちろん、詩人としてのルーも。

 とりわけロック的なサウンドでは、弦やホーンも贅沢に詰め込み、濃密なサウンドを試みたとりわけ豪快な音像を味わえるのも、本盤の魅力だ。
 コンボ編成にとらわれず、色々なアレンジをルーは本盤で試している。

Track listing:
Disc 1: Act 1: The Play
1. The Conqueror Worm
☆2. Overture
3. Old Poe
4. Prologue (Ligeia)
☆5. Edgar Allan Poe
☆6. The Valley of Unrest
☆7. Call on Me
8. The City in the Sea / Shadow
☆9. A Thousand Departed Friends
☆10. Change
11. The Fall of the House of Usher
☆12. The Bed
☆13. Perfect Day
☆14. The Raven
☆15. Balloon

Disc 2: Act 2
☆1. Broadway Song
2. The Tell-Tale Heart (Pt. 1)
☆3. Blind Rage
4. The Tell-Tale Heart (Pt. 2)
☆5. Burning Embers
6. Imp of the Perverse
☆7. Vanishing Act
8. The Cask
9. Guilty , spoken
☆10. Guilty , sung
11. A Wild Being from Birth
☆12. I Wanna Know (The Pit and the Pendulum)
☆13. Science of the Mind
14. Annabel Lee - The Bells
☆15. Hop Frog
16. Every Frog Has His Day
☆17. Tripitena's Speech
☆18. Who Am I? (Tripitena's Song)
19. Courtly Orangutans
20. Fire Music
☆21. Guardian Angel

Personnel:
Lou Reed - vocals, guitar
Mike Rathke - guitar
Fernando Saunders - bass, guitar, backing vocals
Tony "Thunder" Smith - drums
Friedrich Paravicini - piano, keyboards
Kate & Anna McGarrigle - backing vocals

Doug Wieselman - baritone & tenor saxophone
Paul Shapiro - tenor saxophone
Steve Bernstein - trumpet, horn arrangement

Art Baron - trombone on "Broadway Song"
Ornette Coleman - alto saxophone on "Guilty"

Frank Wulff - oboe, hurdy-gurdy on "Overture" and "The Fall of the House of Usher"
Patrick Carroll - bass & drum programming on "Who Am I? (Tripitena's Song)"
Shelly Woodworth - English horn on "Who Am I? (Tripitena's Song)"
Russ DeSalvo - guitar & keyboards on "Who Am I? (Tripitena's Song)"
Rob Mathes - string arrangement on "Who Am I? (Tripitena's Song)"
Ric Wake - production on "Who Am I? (Tripitena's Song)"
Laurie Anderson - vocals on "Call On Me"
Antony Hegarty - vocals on "Perfect Day", backing vocals

David Bowie - vocals on "Hop Frog"
The Blind Boys of Alabama - backing vocals on "I Wanna Know (The Pit And The Pendulum)"
Willem Dafoe - voice on "The Conqueror Worm", "The Raven", "The Cask" and "Prologue (Ligeia)"
Steve Buscemi - voice on "Broadway Song", "Old Poe" & "The Cask"
Elizabeth Ashley - voice on "The Valley Of Unrest"
Amanda Plummer - voice on "Tripitena's Speech"

Jane Scarpantoni - cello, string arrangement
Antoine Silverman - violin
Marti Sweet - violin

  

関連記事

コメント

非公開コメント