TZ 8328:Klezmerson "Amon:Book of Angels, Vol. 24"(2015)

 毎回アルバムごと違う編成にて、第二期Masada"The Book of Angels"の316曲を演奏のシリーズ。第24弾は大編成のメキシコ流クレヅマー・オーケストラなアレンジだ。

 ぐんっとボリューム上げて聴いて欲しい。でないと、この盤の魅力は半減する。

 (1)がVol.21で既発の他は、全て新曲となる。本盤のサウンドは帯の宣伝文句によるとメキシコ南部、オアハカ州からベラクルス州あたりのメキシコ伝統音楽が下敷きという。
 バンドのWebを見るとクレヅマーとメキシコ音楽、あとはロックやジャズの融合がコンセプトとあった。
http://www.klezmerson.com/
 
 本盤のバンドKlezmersonはTZADIKに"Siete"(2011)を発表あり。だがメンバーで本盤と共通はChatran Gonzalez(per),Maria Emilia Martinez(fl),Chali Mercado(ds),Dan Zlotnik(sax,cl)くらい。あとはごっそり変わってる。もともと渋さ知らズみたいに不定形なバンドかもしれないが。本盤に参加は16人。Facebookの写真には8人しか映ってない。

 リーダーはBenjamin Shwartz(Vla,p,etc.)。バンドとして05年の"Klezmerson"を筆頭に、他レーベルで数枚のアルバムあり。10年選手で活躍してる。AmazonではMP3も含めたらすべて音源は入手が可能だ。
    

 いちおうFacebookでメンバーと書かれてる人には、後述のPersonnelで☆をつけてみた。本盤に不参加な人も二人いる。Facebookクレジットならば、ドラム1人にper2人、ベースとギターに加え、鍵盤/ビオラとフルートっていう、ちょっと変わった編成になる。

 だが本盤では金管や弦が加わり、ぐっとゴージャスなビッグバンド感を出してきた。
 メキシコ音楽ってパッとイメージわかないが、マリアッチが一つの代表らしい。ここではビウエラ、ギター、ギタロン、バイオリン、トランペットが基本的な楽器とWikiにある。あんがいKlezmersonの編成も、マリアッチの視点では馴染み深いのかもしれないな。
 他にもバンダなどバンド形式、ランチェラといった弾き語り形式、ノルテーニョというリズムで欧州ポルカに影響受けたものがあるらしい。そのうち、深く聴いてみたい。ちょっとYoutube検索すると、いくつも出てくるし。今は試聴が便利な時代だな。
 
 さて、本盤。センチメンタルさとサラッとしてる一方で、太いビートが特徴。クレヅマー色と最初は思ったが、かなりメキシカンな雰囲気があるのかも。情感あふれる和音感は、どこまでゾーンのオリジナルを準拠だろう。
 ボーカルは無く、インストで進む。アドリブ・ソロもあるけれど、ぱっと聴いてて印象に残るのはバンド全体のアンサンブル。個々人を立てるより、バンドそのものを大事にしてる感じ。
 
 楽曲により編成が違うのか、茶色く煙った切ないムードはアルバム全体を貫く一方で、曲ごとのバラエティさは意外とある。
 (4)のようにエレキギターが暴れる場面もあるけれど、総じてアコースティックな色合いが強い。ドラマティックであるが、ダンサブルさを追求でもない。つまりリズム押しよりカントリーやプログレ的な聴き方のほうがしっくりくるかも。

Track listing:
1. Samchia
2. Iahmel
3. Abachta
4. Yefefiah
5. Mashith
6. Sehibiel
7. Zikiel
8. Kabshiel
9. Amabiel

Personnel:
☆ Benjamin Shwartz: Viola, Piano, Organ, Jaranas
☆ Chatran Gonzalez: Percussion
☆ Carina Lopez: Bass
☆ Maria Emilia Martinez: Flute
☆ Chali Mercado: Drums
Juan Manuel Ledezma: Guitar, Requinto, Leona
Osiris Caballero Leon: Violin, Jarana
Moises Garcia: Trumpet
Rolando Morejon: Violin
Gustavo Nandayapa: Drums, Percussion
Alex Otaola: Guitar
Natalia Perez: Cello
Marco Renteria: Bass
Homero Santiago: Trombone
Rodrigo Santoyo: Oud
Dan Zlotnik: Saxophones, Clarinet

☆ Federico Schmuckler - Guitarra(本盤には不参加)
☆ Carlos Metta- Jaranas-percusiones(本盤には不参加)

関連記事

コメント

非公開コメント