JOJO広重 「このまま死んでしまいたい」(2003)

 すっきりしたノイズで諦念を涼しく提示した。

 アルケミーから発売のソロ第三弾。基本はJOJO広重のギター、ドラムや鍵盤が加わる編成だ。非常階段と明確に違うのは、ノイズ楽器が無いことか。だがサウンドそのものはギター・ノイズに加えフィルターノイズっぽい響きがそこかしこに。ギター・エフェクトだと思うが。

 全7曲中、JOJOの歌入りが5曲。滑らかに吼えている。無理なく、激しく。悲鳴にとどまらず、高らかに声を歪ませて叫んだ。声が若い。
 この音楽が一発録りかは知らないけれど、ギターと叫びが即興とは思えぬ構築度があり。
 だけどこの盤、ダビングで作ってる気がするな。例えば(4)の朗読もトラックを先に作り、あとからJOJOが声を載せたのでは。音楽がきっちりできあがってるため、そう思った。

 ネガティブな詩が延々続くが、世界や他人を非難でなく淡々と自らの絶望を語る。太宰治ってこんな感じか。もし太宰が今に生きてたら、こんなサウンドを作ったのではって妄想が浮かぶ。

 ギター一辺倒の剛腕ノイズではない。楽曲ごとにアレンジやアプローチを変え、JOJOのキャラクターを前面に出した。
 リバーブを効かせたボーカルとノイズ、鍵盤を前面のサイケな風景、ドラムとギターの格闘。ドラムをバックにラップめいた語りを入れる(6)も面白い。
 轟音ギターから始まり、アルバムが進むにつれあちこちに方向性を広げていく。

 非常階段での骨太さから、JOJO広重の抒情性を抜き出したのが本盤。面白いのは世をはかなむ歌詞に満ちていながら、強烈でしぶとい生命力が漂うところ。自己陶酔も無く、妙に乾いてる。
 死にたいと絶叫する歌詞へ耳を傾けると落ち込んでくるが、楽曲そのものはドライでストイックなノイズが轟く。叫び声も含めて。

 わけのわからなさは、あんがい少なめ。もちろんAメロBメロサビみたいな構築は無いけれど、とにかく轟音だしまくりって単純さは敢えて避けた。
 JOJOの詩人さと、彼なりのフォークをノイジーに演出した一枚。

 JOJOのソロは今なら、個別に買い集めるより生きている"価値無しBOX"のほうが便利良い。しかし最近の非常階段は吹っ切れて、山のようなリリースあって凄い。


Track listing:
1. なんでもいいからヤッちまえ 3:21
2. 神よ 4:59
3. 生きていることが罪になる 6:48
4. ダメ人間 5:58
5. 締観 4:34
6. 三月の雪 4:38
7. 死にたいだけ 6:00

Personnel:
JOJO広重:vo,g
Takeshi Ishida:ds on 1-5
尾谷直子:key,ds on 4-6

関連記事

コメント

非公開コメント