Momus 「Stars Forever」(1999)

 パトロネージュ制度を採り入れカラオケ大会の結果を収録という、遊び心と奔放さに満ちたアルバム。録音も演奏もすべてモーマスが行った。

 2枚組の大作だが内容は実にヘンテコ。CD1全19曲とCD2の11曲、合計30曲は「ポップ・ソング・ポートレート」。聴き手から1000ドル(もしくは850ユーロ)の費用で、その人についての歌を作るって企画。
 残るCD2の8曲は前作"The Little Red Songbook"(1998)に収めたカラオケ・コンテストの優秀(?)曲を集めた。徹底的な企画盤ながら、詰まってるのはモーマスの新譜というしろものだ。歌詞カードの文字は異様に細かく、印刷で潰れるギリギリ。

 「ポップ・ソング・ポートレート」についての公式ページが残ってた。
http://imomus.com/starsforever.html
 身もふたもない理由としては、Le Grand Magisteryレーベルが訴えられたらしく、弁護費用を稼ぐための企画という。もうすこし形而上的な理由として、ポップ・アートとして前例のないポップ界のパトロネージュ制度であり、ウォーホールのポートレート集をイメージしてくれ、と謳った。
 楽曲は2分程度。約10万円が高いか安いかは個人の価値観だが、エレクトロのチープなバックトラックながら、モーマスのメロディと多重ボーカルでこうして時を経て残る作品化してくれるってのは、好きな人には良い企画かもしれない。

 日本人の名前もちらほら。CD2-4の「Keigo Oyamada」ってのは、コーネリアスの小山田圭吾だろうなあ。歌詞も含めモーマスの作品。通り一遍の形式に当てはめた投げやりな作品でなく、いちおう各曲ともアレンジやアプローチを変えたポップ・ソング週に仕上がってる。
 安っぽいシンセの打ち込みなため、どうにも腰砕け感はぬぐえない。しかしそれが、モーマスの色だからなあ。

 後半のカラオケ集はモーマスがどこら辺まで手を加えたかは謎。もっともスナックのカラオケ集みたいな下世話さはない。いちおうモーマスのファンが歌ってるから、独特の耽美さは通底してるし、スカム臭漂うめちゃくちゃさはない。
 とはいえなんとも脱力する企画ではある。

 散々アルバムは長いわりに、各曲は3分程度とコンパクト。そもそも個人に捧げた歌のため、歌世界に共感できるかってえと首をかしげてしまう。むしろ歌詞がわからない洋楽だから聴けるのかも。
 あえて個人にのみ音源を送らず、作品に発表するのは皮肉なのか大真面目なのか。もともとチープなサウンドが売りのモーマスだけに、判断に困るところ。

 きっかけは金だろうと崇高で純粋なテーマだろうと、モーマスの創作力で生まれたことに変わりはない。なんとも複雑な味わいのアルバムだ。
 もっというと職業作家がアイドルに曲を書くのと、本質的に変わらない。歌詞がよりパーソナルかどうか、くらいが違いだろう。その意味では正しくポップ界の王道な路線ともいえる。ひねくれた解釈ではあるが。

 あまり真剣に聴くものではないかも知らんが、久しぶりに聴いたら記憶よりバラエティに富んだ曲調で楽しめた。シンセの音色をせめて、もっと極端に変えてくれたら目先が変わるのにな。デジタルの水っぽい音色が耳に残る。

 本盤はDiscogsによると各国盤で内容が異なるらしい。オリジナルとなる英盤Analog Baroqueでは、CD-2の20曲目以降で本盤の曲を書けながらモーマスが語るインタビューが入ってるらしい。
 米盤のLe Grand Magisteryはジャケット違い。インタビューはCD-2 20曲目にまとめられてる。

 ぼくが持ってるのは独Bungalow版だが、このインタビューは入ってない。Discogsによると、英盤と同じはずなのだが。かといってそのインタビューまで聴きたいかってえと、どうでもよくはある。
 以下は手持ち音源で確認できないため、インタビュー抜きの曲順を書いておく。Amazonでは英と米のバージョンがカタログ化されてるようだ。
 

Track listing:
1-1 The Minus 5 3:34
1-2 Akiko Masuda 2:48
1-3 Steven Zeeland 3:33
1-4 Mika Akutsu 3:06
1-5 Stephanie Pappas 3:41
1-6 Kokoru Hirai 3:07
1-7 Stefano Zarelli 2:49
1-8 Paolo Rumi 4:23
1-9 Natsuko Tayama 2:27
1-10 Girlie Action 2:15
1-11 Mai Noda 3:07
1-12 Robert Dye 3:17
1-13 Florence Manlik 2:17
1-14 Adam Green 3:33
1-15 Maf 2:32
1-16 Other Music 2:07
1-17 Tinnitus 2:06
1-18 3D Corporation 2:44
1-19 Miles Franklin 3:36

2-1 Shawn Krueger 3:35
2-2 Jeff Koons 3:42
2-3 Noah Brill 2:56
2-4 Team Clermont 3:25
2-5 Brent Busboom 3:19
2-6 Indiepop List 5:22
2-7 Keigo Oyamada 3:06
2-8 Minty Fresh 1:55
2-9 Milton Jacobson 3:05
2-10 Reckless Records 2:10
2-11 Karin Komoto 3:07
2-12 New Flame, Same Old Story
 Featuring - Christian Carl 2:31
2-13 Not Intended For Children
 Featuring - Bill Hardy 1:52
2-14 Coming On An Intern's Dress
 Featuring - Mr. Kate Jenkins 1:29
2-15 Nicky My Friend
 Featuring - Diego Zapparoli And Paula 2:06
2-16 Mr Jones
 Featuring - Jack Curtis Dubowsky 2:19
2-17 The Taste Of Pink Champagne
 Featuring - El Topo 2:07
2-18 Onan The Barbarian
 Featuring - Richard Knowles 1:33
2-19 Suggestion To Jealous Men
 Featuring - Olivier Schopfer 1:43
 
Composed By, Music By, Instruments, Engineer, Mastered By Momus

関連記事

コメント

非公開コメント