Nadara (1978)【Prince未発表曲】

 ひそやかな初期の小品。しなやかなセクシーさだ。

 アコギの弾き語り程度のシンプルなバックで、つぶやくようなファルセットで歌う。ただしボーカルは数回ダビングされ、ギターも数本あり。デモでなく作りこまれた。
 2分ほどの小品。タイトルは当時の女友達らしい。

 録音時期はデビューの"For you"の前後。まだ自前のスタジオなどなく、自宅で録音。テープヒスも聴こえる音質だ。よくこんなテープが残ってたな。割れ気味の音質だが、丁寧で柔らかい感触。とてもスキャンダラスで派手なシンセのファンクを突き進むプリンスとは思えない、繊細でキュートな小品。
 
 イメージ戦略から言って、当時は没でも不思議でない。けれど透き通った穏やかな雰囲気は格別だ。語り掛ける歌声は、さりげないが微妙に音程を揺らして情感がなまめかしく響く。
 地声のハーモニーも使ったソフトでフォーク寄りな耳ざわりの、きめ細かいムードが素敵だ。メロディはひねらず、あまり黒っぽくもなくゆるやかに流れた。

 単なるノイズかもしれないが1:15で聴ける、ゴトッと低いぶつかる音。この低音が、この曲の甘い雰囲気をキュッと締めてて効果的だった。

関連記事

コメント

非公開コメント