ミニマル解説書の自己出版

"現代音楽ディスクガイド 350~旋律と律動~"ハル吉:著(2014:峠の地蔵出版)を読み始めた。

ミニマル音楽を中心に、マイナー音盤へ軸足置いた約300枚のアルバム・レビューの自己出版本。序に曰く「ミニマル音楽に焦点を合わせたディスクガイドが無い」から本書を執筆したという。
この発想が嬉しい。

ここ数年、いろんなジャンルのディスク・ガイドで商業出版されてるが、やはり漏れるものはある。商業出版ゆえに、あまりマニアックなものは出ない。
だからこそ本書のように、著者の趣味性全開でボリュームがある程度以上あるものは、素直にうれしい。ブログならまだしも、出版に踏み切ったスタンスも興味深い。

本書は作曲者のファースト・ネームでアルファベット順にCDが並ぶ。したがって作品のテーマや時代にスポット当てる読み方はしづらい。検索ページを省くための処置と思われるが、読み手としてはジャンルなり地域性での流れや関連が分かりづらいのが残念。それは自分で調べろって事かもしれない。

ともかく全く知らない盤ばかりが、ずらり300枚以上も並ぶのは壮観だ。ジワジワと読んでいこう。

本書へ興味持った人の、購入ページはこちら。

著者は昨年6月にTZADIKのCD100枚レビュー本を出版した。わずか1年で160頁にわたるボリュームもの本を出版するパワーもすごい。
TZADIK本ではノイジーな現代音楽に評価が辛かったため、てっきり著者は現代音楽へ興味無いのかと思っており、本書は意外なテーマの刊行だった。
著者のブログはこちら。http://gosshie.blogspot.jp/
関連記事

コメント

非公開コメント