忌野清志郎 Little Screaming Revue 「Rainbow Cafe」(1998)

 小粒なゆえにバンドっぽく仕上がった一枚、かもしれない。この時代はまだ素直に評価できない。

 音楽的な才能に置いて、誰かの助けが必要だったとも思えない。チャボとのミックとキースに似た双頭構造は例外だが。
 何かのインタビューで清志郎は自らの"ロック"な作曲力の衰えに危機感を抱いてた、と読んだ記憶がある。片っ端から録音してたとか。
 なんだろう、リリースは多いわりに清志郎の多作っぷりはあまり目立たない。死後に発掘音源が出ないこともある。リアルタイムでは熱狂的なファンにはともかく、マスに向けた多様な宣伝を行わなかったため、ぼくのようなハンチクな聴き手には、さほど清志郎の活動が目立たなかった。

 RCは解体した清志郎だが、ソロでビジネスを引っ張るほど自己顕示欲も強くない。最後までバンド活動に拘った印象がある。ユニット、も含めて。自らのネーム・バリューは痛感してたはずだが、過小評価もしてたっぽい。
 つまり誰と組んでも、RC以外は「清志郎とそのバンド」って構図がどうしても見えてしまう。晩年は自らを広告塔に仕上げる覚悟があったように見えるが。
  
 このLittle Screaming Revueも、リアルタイムで存在は知ってたが聴くには至らなかった。後追いでいまさら聴いて、惜しいことしたなとは思う。だがどうにも中途半端なインディっぷりが、サウンドを小粒に感じてしまう。
 たぶん清志郎は身軽な活動をしたかったんだろう。気の合う仲間と、自前のスタジオで録音して、ツアーに出て。だがメジャーなビジネスで利害関係が大勢絡み、好き放題もできない。

 その一方で、楽曲はこじんまりなスタイルを意識したもので、派手な録音やミックスも話題いっぱいの話題作りにも至らない。このアンバランスさが、どうにもこの時期の清志郎を素直に評価できない。なんというか、あがいてるような、もどかしいような。素直に音楽を楽しめないんだ。リアルタイムでこの音楽に触れなかったせいだと思う。惜しいことをした。
 今回本項を書くために調べてると、意外と発表当時はメディア露出も多かったらしい。 

 ちなみにぼくが清志郎をリアルに感じたのは、2003年。ちょうど"KING"のころ。すさまじかった。ライブも見たが、パワフルさと楽曲の力が素直に耳へはいってきた。09年に他界したから、ほぼ晩年に近い。でも03年には体力の衰えなんて、もちろん全くなかった。

 翻って本盤、"Rainbow Cafe"(1998)年。あの時の5年前か。バンドでいうと2・3'Sの次が、このLittle Screaming Revueになる。99年にはラフィータフィーとクロスするため、どうもこの辺のイメージはごっちゃになってる。

 何度も言うが、リアルタイムで聴かなかった。改めてディスコグラフィーを見ると、
 "冬の十字架"(1999年9月22日)Little Screaming Revue名義。
 "夏の十字架"(2000年7月7日) ラフィータフィー
"秋の十字架"(2000年11月11日) ラフィータフィー
 と、矢継ぎ早で似通ったコンセプトに違うバンド。イメージがどうも混乱してしまう。
 ということで、本盤。Little Screaming Revueの1st"Groovin' Time"(1997)はタイマーズでも因縁の東芝EMIから発売。その翌年、ポリドールに移籍して本盤発売に至った。
 もとは94年のソロライブ用に10人編成で組まれたバンドを、コンパクトにしたもの。

 多数のダビングを繰り返し分厚い音になってるが、三宅伸治との双頭バンドで3ピースのシンプルなリズムって感じ。ロックンロールの王道路線な編成を清志郎は選んだ。よほどワンマンは避けたかったのか。

 ぐっと絞り込んだアレンジとわかる。1stと同様に他のミュージシャンを呼ばず、バンドの中だけで完結させる。ホーンも清志郎ができる範囲で完結させ、梅津和時や片山広明を呼ばなかった。バンドとして、のこだわりだろう。
 コーラスも身内、かも。半田さおりは前作でマネージメントとクレジットあったし、伊東和弘は本盤でポリドールのディレクター、宮村貴史は楽器クルーと記載あり。ミュージシャンじゃなく単なるスタッフをスタジオ内に引き込んだようだ。

 録音はアバコ・クリエイティブとコンパクトなスタジオを使い、なおかつ清志郎のプライベート・スタジオなロックンロール研究所もクレジット。どんどん自前で作り上げるような仕上がり。

 ラフに潰れ気味の音質。ひしゃげて埋もれた響きに生々しい歌声。サザン・ソウル風味のロックを次々聴かせる。
 小節線を自由にまたぐ譜割で歌う、清志郎の声もばっちり。時にセクシャルに、時に伸び伸びとセンチメンタルな歌詞も素敵だ。5曲を三宅と共作し、清志郎だけの世界にも至ってない。
 つまりは隙も無い。傑作、と言いたい。だが清志郎ならもっともっと、と根拠も理由もない幻想を僕は抱いてしまう。どうにも本盤が小粒に聴こえてしまうんだ。なさけない。
 ドタバタするドラムと太く唸るベースも、歪んで派手に鳴るギターもカッコよくきめてると思う。痩せさせず楽器をダビングし、細かく丁寧なアレンジも良い。
 ヘッドフォンで聴くほどに、気配りされたアレンジだと思う。

 むう。もっともっと本盤を聴きこまなきゃだめだな。身体に染み入るほどに。その時こそぼくは、本盤を素直に評価できると思う。
 

 ちなみに今、一番気に入ってる曲は(12)。伸びやかな雰囲気と、畳みかける切なさが胸にしみる。

Track listing:
1.世の中が悪くなっていく
2.サンシャイン・ラブ
3.キューピッド
4.鶏肌
5.ギビツミ
6.弱い僕だから
7.エンジン・トラブル・ブギ
8.ひどい雨
9.イロイロ
10.Make Up My Mind
11.イキなリズム
12.溶けるように
13.危ないふたり

Personnel:
忌野清志郎;歌、ギター、オルガン、フルート、サックス、チューブラーベルズ、ボコーダー、ウォーターホーン、口笛
三宅伸治:ギター、マンドリン、ドブロ、ラップスティール、ペダルスティール、シンセサイザー、コーラス。
藤井裕:ベース、コーラス、ジューズハープ、ギター
富岡 "Grico" 義広:ドラム、パーカッション、コーラス、ギター

宮村貴史、伊東和弘、半田さおり:コーラス


関連記事

コメント

非公開コメント