Anderson .Paak 「Malibu」(2016)

 ふにゃっとした混ぜこぜの揺らぎが新しさか。まだこの音楽を咀嚼しきれてない。

 なんだかんだでぼくは、リアルタイムで先駆的な音楽を追った経験がほとんどない。何年もたってから、音楽がストンと腑に落ちることがほとんどだ。このブログ日記を音楽感想で埋め尽くしてるのも、敢えて記録をそれなりにまとまった文章で残すことで自分の感性の頼りなさを客観的に見られるかな、と思ってるとこもある。
 いちばんの理由は歳取って記憶力が無くなってきたため、どれもこれも昔の記憶が抜けて新鮮に聴けることが多い。その思いを書き記そうって理由。昨年末に入院して、色々と考えてたのよ。

 さて、アンダーソン・パーク。2016年の9月に初来日、先駆的なアルバムとして評価が高い。日本語のWikiすら、本エントリを書いてる時点で存在しない。
 そんな彼が"Venice"(2014)に次ぎ、16年の1月に発表が本盤だ。
 何回も聴いてるが、まだピンと来た気がしない。メロウさと頼りなさ、ヒップホップに歌ものセンスも加え、オラオラ系やDJのスマートさと逆ベクトルな作品だ。
 ずっと個人的な、自分の世界を作る密室的なミュージシャンって印象を受けた。

 ヒップホップにはいろんなカッコよさがある。ハードコアやマッチョな自己アピール、サンプリングやビートに凝るマニアックさ、そもそもリズミック、もしくはあえてフロウでラップを提示するスキルの特権性。
 さまざまな要素がいろんなバランスで絡み合い、ラップの個性を作ってる。

 本盤はどうか。自己承認欲求はあちこちに漂うが、根本的に無関心を感じた。
 強さや逞しさをアピールは希薄だ。多様な音楽性を詰め込んだが、知識や知恵のひけらかしでもない。
 ラップのスキルはどうこう言うほど詳しくないが、オンタイムのアプローチを基調に、ドライに拍の間へ埋め込むタイム感は独特ではなかろうか。
 
 サウンドづくりもこだわらない。ほぼ一曲ごとにプロデューサーを変え、客演もそれなりに招く。グラスパーやクリス・デイヴといったいわゆる"旬"な人を多数招き、ビート作りにエゴを出さない。
 すべてがごちゃ混ぜで、頼りなくて、こだわらずに飾り立てた。

 幸いにして音楽はかっこよく仕上がった。そりゃまあ、豪華なゲストを招き好き放題させれば、かなりのクオリティは保証される。この分厚く芳醇なエッセンスをかきわけ、パークの真髄を掴もうとして、まだ僕は叶っていない。
 パークはどんな音楽を作りたいんだろう。本盤は膨大で多彩なアプローチが溢れんばかりに詰まった。隙が無く、凄まないため親しみやすく漂う。

 あれ、変だな。ぼくはこの盤をネガティブに聴いてない。だがどうも、素直に褒め言葉が並ばない。なぜだろう。本盤はするすると耳へ流れていく。そのあと、何が残るのか。まだぼくは、本盤の魅力を掴み切れてないようだ。絶賛するには、あと何年かが必要かも。

 でも本盤、全体的にへにゃっと腰砕けな世界観は魅力かも。まっさきに印象残ったのが、(2)。"Ooh, champagne pourin' down"ってフックのへたりこむように流れるフレーズ感は、脳裏で癖になる。これって、シングルカットされてないのか。
 
 本盤からシングルは4枚切られた。11月に2枚、(4)と(6)がたて続けに。さらに12月に(10)、1月に(13)。つるべ打ちだ。PVやライブ映像を切られた順に貼っておこう。

 へなってるのは、単に今のヒップホップの流行りなの?今年2016年に発売、マック・ミラーでパークが客演のシングル"Dang!"も、トーンが似てるし。


Track listing:
01 The Bird (prod. Paak)
02 Heart Don’t Stand A Chance (prod. DJ Khalil)
03 The Waters f. BJ the Chicago Kid (prod. Madlib)
04 The Season/Carry Me (prod. 9th Wonder, Callum Conner)
05 Put Me Thru (prod. Paak)
06 Am I Wrong f. ScHoolboy Q (prod. POMO)
07 Without You f. Rapsody (prod. 9th Wonder)
08 Parking Lot (prod. Paak, Jose Rios)
09 Lite Weight f. The Free Nationals United Fellowship Choir (prod. Kaytranada)
10 Room In Here f. The Game & Sonya Elise (prod. Like of Pac Div)
11 Water Fall (Interlude) (prod. Chris Dave, The Drumhedz)
12 Your Prime (prod. DJ Khalil)
13 Come Down (prod. Hi-Tek)
14 Silicon Valley (prod. Dem Jointz)
15 Celebrate (prod. Paak, Vicky Farewell Nguyen
16 The Dreamer f. Talib Kweli & Timan Family Choir (prod. Callum Conner)

Personnel:
1 The Bird
Bass - Kelsey González
Guitar - Jose Rios
Piano - Ron Jerome Avant
Strings - Julian Le
Trumpet - Emile Martinez El
Written-By, Producer - Anderson .Paak
3:38
2 Heart Don't Stand A Chance
Bass, Guitar - Daniel Seeff
Drums - Anderson Paak
Keyboards - Sam Barsh
Producer - DJ Khalil
Written-By, Backing Vocals - Anderson .Paak
5:12
3 The Waters
Featuring - BJ the Chicago Kid
Producer - Madlib
Written-By - Anderson .Paak
2:54
4 The Season / Carry Me
Producer - 9th Wonder, Matthew "Callum Connor" Marisola
Written-By - Anderson .Paak, P. Douthit
5:28
5 Put Me Thru
Bass - Kelsey González
Guitar - Jose Rios
Strings - Julian Le
Written-By, Producer - Anderson .Paak
2:40
6 Am I Wrong
Featuring - ScHoolBoy Q
Horns - Brasstracks
Producer - Pomo (6)
Written-By - Anderson .Paak
4:13
7 Without You
Featuring - Rapsody (2)
Producer - 9th Wonder
Vocals - Rapsody (2)
Written-By - Anderson .Paak, M. Evans, P. Douthit
3:19
8 Parking Lot
Bass - Kelsey González
Guitar - Jose Rios
Keyboards - Vicky Farewell Nguyen
Piano - Ron Avant
Producer - Jose Rios
Written-By, Producer - Anderson .Paak
3:54
9 Lite Weight
Backing Vocals - Anderson .Paak, Ann One, Kelsey González, Vicky Farewell Nguyen
Featuring - The Free Nationals United Fellowship Choir
Producer - Kaytranada
Written-By - Anderson .Paak
3:26
10 Room In Here
Featuring - Sonyae Elise, The Game (2)
Producer - Like (2)
Vocals - Sonyae Elise, The Game (2)
Written-By - Anderson .Paak, G. Stevenson
3:59
11 Water Fall (Interluuube)
Bass - Pino Palladino
Guitar - Isaiah Sharkey
Keyboards - Robert Glasper
Producer - Chris Dave And The Drumhedz
Vocoder - Ron Avant
Written-By - Anderson .Paak
1:58
12 Your Prime
Backing Vocals - Olívia Braga
Backing Vocals, Drums - Anderson .Paak
Bass, Guitar - Daniel Seeff
Keyboards - Sam Barsh
Producer - DJ Khalil
Written-By - Anderson .Paak
3:57
13 Come Down
Bass - Brian Cockerham
Guitar - Cameron Brown (3)
Producer, Mixed By - Hi-Tek
Written-By - Anderson .Paak, T. Cottrell
2:56
14 Silicon Valley
Guitar - Kelsey González
Mixed By, Recorded By - Dwayne "Dem Jointz" Abernathy
Producer - Dem Jointz
Written-By - Anderson .Paak, D. Abernathy
4:04
15 Celebrate
Bass - Kelsey González
Guitar - Jose Rios
Piano - Ron Avant
Producer, Keyboards - Vicky Farewell Nguyen
Written-By, Producer - Anderson .Paak
3:46
16 The Dreamer
Backing Vocals - Deja Timan, Marlon Bills, Milan Timan, Paris Timan, Ronald Timan
Featuring - Talib Kweli, Timan Family Choir
Producer, Mixed By - Matthew "Callum Connor" Marisola
Written-By - Anderson .Paak

関連記事

コメント

非公開コメント