Buffの奥深き沼。

CTスキャンを初めて体験した。MRIは10年くらい前にやってノイズ的に面白かったが、CTスキャンはスルッと終わってつまらんのう。

さて。タワーの再発盤コーナーを見てた。廉価盤ライブ盤の紹介あり。
うわー、ブートくせえ。

正直なとこ21世紀になってブートはだいぶ食傷気味だ。ちょっと検索したら山のようにブート音源が見つかるし、そもそもYoutubeでもいっぱいある。
すなわち、聴き切れねえ。とても網羅はムリだ。クリムゾンとディランとフィッシュとプリンスとストーンズを全部音源追おうとしたら、LP何百枚聴けばいいのやら。
ということでブート音源が公式発表がちょっとやそっと出ても、あまり物欲はわかない今日この頃。上のリンク先見ても、ふーんって感じだった。

ところがリンク辿ってたら、ちょっと面白かったので書き記してみる。
ポール・バフの6枚組ボックス情報あり。

Amazonだと同じジャケ/同じレコード会社で5枚組の12年盤が出てくるが、同じ盤のことみたい。ブックレットをタワレコではCD1枚に数えてるのかな。なぜタワレコで2015年発売なのやら。

ポール・バフってのは、初期ザッパの歴史にでてくる人。5トラック録音装置を備えたスタジオ持つバフの録音を、若かりしザッパが協力した。ザッパはのちにスタジオごと買って、"スタジオZ"を立ち上げる。しかし、おとり捜査でポルノ・テープを作りザッパが投獄されてしまった。1st"フリーク・アウト"を発表する、数年前の話だ。

スタジオZ時代の音源は、MSIが91年に発売した"クカモンガ・イヤーズ"を聴いていた。
まあ、ぶっちゃけ面白いもんじゃない。マニア向け。ザッパのドゥワップ趣味や、ちょっと細かなスタジオ作業が味わえるが、ザッパの特徴はごくわずか。

でも上記のバフ音源、CD5枚組もあったのか、とびっくり。慌てて検索してみたら、CD20枚組の音源情報まであった。2010年頃、DL限定で発表されたらしい。
とても追いきれないなあ・・・。

関連記事

コメント

非公開コメント