FC2ブログ

寺下誠 「トポロジー」(1984)

 基本はオーソドックス、ほんのりフリー。ゲストをむやみに立てぬ自然体だ。

続きを読む

武田和命 「Gentle November」(1979)

 胸を掻き毟る、熱く切ないテナーが味わえる。

続きを読む

明田川荘之 「アローン・イン・徳山」(1979)

 初のピアノ・ソロでライブ盤は、飛び道具で分かりやすい熱狂の様子が封じ込められた。

続きを読む

元岡一英 「ドサンコ・ウォーク」(1984) 

 多様なソロ・ピアノを楽しめる、味わい深いアルバム。

続きを読む

宮坂高史カルテット 「ソウル・トマト」(1982)

 フュージョン色を少し混ぜた、爽快な力強いジャズ。

続きを読む