Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O. 「Troubadours From Another Heavenly World」(2000)

 ドローンとアンビエント、サイケな色合いを繊細かつ大胆に描いた。音数は多いが、本質は河端のソロに近い。

続きを読む

スローなプリンス集にしてくれ。

 先日、アップテンポな90年代後半以降でプリンスのベスト集を作ったって日記を挙げた。対になる形でミドル~バラード集を作ろうとしたのだが・・・。

続きを読む

Junior Mance 「The Soulful Piano of Junior Mance」(1960)

 クールなファンクネスが滲む、すっきりしたジャズ。

続きを読む

Red Garland 「The Nearness Of You」(1962)

 スリルは無い。歳のわりに老成した穏やかなアルバム。

続きを読む

ESP Ohio"Starting Point Of The Royal Cyclopean" (2016)

 ミドル・テンポで華やかな甘いメロディを強調したロックが並ぶ。唐突に結成のサブ・ユニット。

続きを読む