Acid Mothers Temple & the Melting Paraiso U.F.O.  「Son of a Bitches Brew」(2012)

 マイルスの有名盤をコケにした作品、が基本テーマ。河端の色が強く出た。

続きを読む

太田惠資ラジオ出演 後編

 TOKYO FMの「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」に太田惠資がゲスト出演の後編。radikoのタイムフリーなら、一週間後まで自由に聴取が可能。
http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20170226043000

続きを読む

Bob Dylan  「Street Regal」(1978)

 ゴスペル風の熱気を漂わせ、物語をバラッド風に歌い上げたポップなアルバム。

続きを読む

TZ 8336:John Zorn "Inferno"(2015)

 コンパクトでパンチの効いた、バラエティ豊かなプログレ寄りの熱いインスト・トリオ。

続きを読む

Colin Hay 「Transcendental Highway」(1998)

 五目味のアルバム。メロウさを漂わせつつ、リズム・ボックスを投入してすっきりしたアルバムに仕立てた。

続きを読む

灰野敬二/Barre Phillips  「Etchings In The Air」(1996)

 透徹でアイディアに満ちた共演。灰野の叫びが多彩に絡み、頼もしくウッドベースが受け止める。

続きを読む

Colin Hay 「Topanga」(1994)

 コリン・ヘイはくじけない。しぶとく着実な活動を始めた、何度目かのデビュー盤っぽい盤。

続きを読む

Colin Hay 「Peaks And Valleys」(1992)

 ファンなら楽しんで聴ける。しかしどうにも物悲しい。低予算なアルバム。

続きを読む

Colin Hay 「Wayfaring Sons」(1990)

 改めてコリン・ヘイのファンになった傑作アルバム。冒頭曲の爽快さに、やられた。

続きを読む

コリン・ヘイ新曲三連発

 豪の元メン・アット・ワークでシンガー&作曲家、コリン・ヘイの2年ぶり新譜で13thソロ、"Fierce Mercy"が3/3に発売される。
 そこから新曲3曲の、アコギ弾き語りがYoutubeにアップされた。アルバムではバンド・アレンジだが、ここではしみじみとフォーク調子で歌った。変わらぬコリン節が楽しめる。今年2月2日、NYでPaste Magazineの企画映像。
  

続きを読む