Crimson Jazz Trio 「King Crimson Songbook, Volume One」(2005)

 キング・クリムゾンのジャズ解釈。ゲテモノと想像したが、これはこれ、で楽しめた。

続きを読む

ほんとに100枚目?

Guided By Voicesの新譜、"August By Cake"がロバート・ポラードの100枚目スタジオ・アルバムという。ほんとかな?調べてみた。
http://www.avclub.com/article/guided-voices-announces-robert-pollards-100th-stud-249105

続きを読む

加藤崇之/金井英人/馬場たかもち 「渦」(1991)

 幻想と具象の一夜を封じ込めた、混沌の"渦"巻くフリー・ジャズ。

続きを読む

TZ 7077:Charles Wuorinen "Lepton"(2002)

 数値的だがメロディ感を失わない明瞭さがコンセプトという。それがプログレ的に盛り上がった。

続きを読む

杉本拓 「OPPOSITE」(1998)

 静かで抽象的なエレキギターのソロ。比較的、音がある。

続きを読む