Violent Femmes 「Violent Femmes」(1983)

 パンクよりもカントリー寄り、ネオロカビリーやサイコビリーな一枚。

続きを読む

高中正義 「An Insatiable High」(1977)

 LA録音でリー・リトナーと共演した高中正義の3rdは、ラテン風味の爽やかなフュージョン。

続きを読む

John McLaughlin 「Devotion」(1970)

 ジミヘンへの敬愛を素直に表現したサイケ・フュージョン。

続きを読む

TZ 8332:Mycale "Gomory: The Book of Angels Vol. 25"(2015)

 違う編成ごとにアルバムを作り、第二期Masada"The Book of Angels"の316曲を演奏のシリーズ。第25弾はアカペラの女性4人組。

続きを読む

TZ 8328:Klezmerson "Amon:Book of Angels, Vol. 24"(2015)

 毎回アルバムごと違う編成にて、第二期Masada"The Book of Angels"の316曲を演奏のシリーズ。第24弾は大編成のメキシコ流クレヅマー・オーケストラなアレンジだ。

続きを読む

TZ 8308:John Zorn "Dreamachines"(2013)

 スピーディでスリリングなNova Expressでのセッション。

続きを読む

JOJO広重 「このまま死んでしまいたい」(2003)

 すっきりしたノイズで諦念を涼しく提示した。

続きを読む

Space Machine 「Orbit Vector Generator」(2003)

 充満しても隙間を残す、濃密だが光を通す。非日常だが日常の隙を漂わせる。そんな、空気の音楽だ。

続きを読む

Go (1985)【Prince未発表曲】

 可憐で華やかな、しかしちょっと地味な曲。

続きを読む

David Sylvian & Robert Fripp 「The First Day」(1993)

 バラエティに富んだ昏いニューウェーブとアンビエントなロック。

続きを読む