河端一 「Subjection Of Drone」(2008)

 河端の真骨頂な、エレキギターのドローン絵巻をすっきり味わえる盤。

続きを読む

D'Angelo & The Vanguard 「Black Messiah」(2014)

 繊細かつ内省的でドラッギーなファンクを、大真面目にきめた危うい傑作。

続きを読む

Ocho 「Numero Tres」(1974)

 JBのカバーを含む、NYサルサ・バンドの3rd。

続きを読む

Scene (2005 waystyx)

 シンプルで骨太なリズムを根底に、音色の組み合わせを実験した盤。

続きを読む

ピザーラとポケモン

 二つに分けようかと思ったが、大したネタでもないのでまとめて日記に書く。

続きを読む