TZ 8098:Aya Nishina "Flora"(2013)

 傑作。これは多くの人に聴いて欲しい。声の美しさをのびのびと幻想的に表現した。
 NYを拠点に活動する日本人作曲家、AYA Nishinaの1stアルバムは、声の多重録音を武器に、さまざまなアプローチで寛げる幻想的な世界を描いた。2010-12年にかけて一曲づつ録音した作品集になっている。
  

続きを読む

TZ 8176: Alvin Curran "Shofar Rags"(2013)

角笛の可能性に痺れる、エレクトロニカ風味のサウンドだ。
アルバン・カランは1938年生まれ、今年77歳の大ベテランだ。1966年結成のMEV(ムジカ・エレットロニカ・ヴィヴァ)のメンバーでもあり、当時も本盤もイタリアで活動している。



続きを読む

TZ 7050;Giustino Di Gregorio "Sprut"(1995)

 サンプリングを基本の前衛エレクトロニカだ。TZADIKから99年にリイシューなイタリアの作曲家Giustino Di Gregorioの作品。最初に発表時は本盤の(6)-(10)の"第一部"のみ、本TZADIK盤で第二部と第三部が追加されたようだ。作曲家の経歴は不明。

続きを読む

TZ 8097:Noah Creshevky "The four seasons"(2013)

電子音は生楽器と滑らかに溶け、けっこうめまぐるしく風景が変わっていく。バロックの清涼さと現代音楽の複雑さが精妙に混ざった。

NY在住の作曲家、Noah Creshevskyの本作はTO KNOW AND NOT TO KNOW (2007) 、THE TWILIGHT OF THE GODS (2010) に続くTZADIK盤となる。リンク先のディスコグラフィーでわかるが、66年から活動しているベテランだ。

続きを読む

TZ 7203:灰野敬二 "Tenshi no Gijinka:天使の擬人化"(1995)

  世界に誇る異形のミュージシャンである灰野が、Tzadikで発表したソロ。
  金物の玄妙な響きと、強烈なボーカル。迫力と生々しさが本盤の魅力だ。金物、声、民族楽器と、当時は灰野の新境地とも言える一枚だった。当時のライブでは演奏してたのかもしれない。けれども音盤化はされてこなかった。

続きを読む