BGMか否か。

今週は何かとバタバタして疲れた・・・。寛げる音楽を探して、とっかえひっかえ聴いている。時と気分により違うから、自分でも何が欲しいか分からない。
音楽評論やガイドブックで「こんな気分のときはこれ」と探せる方法は無いか、とぼんやり考えていた。つまり自分の欲しい情報が明確ならば、その記述探せばいい。
まだこれは明確に言語化できない。もやもやっとしてる。

さて今の気分。クラシックの室内楽系で古典的なもの、とあれこれ聴き散らかした。ちょうど今はハイドンの喜遊曲7番がかかってる。8番だとピンとこず。何かが違うらしい。
エミール・クライン指揮のハンブルク・ソロイスツが演奏した95年録音の4枚組にて。

Wikiによると喜遊曲は「貴族の食卓・娯楽・社交・祝賀などの場で演奏」とある。BGMみたいなもんか。すると真剣にボリュームをガツンとあげて聴くのは、正しいのか否か。

ハイドンのディヴェルティメントに関する音楽的な構造解析や、時代的な位置づけの解説情報をネットで探すも見つからず。書籍だったらあるのかな。音楽構造は自分で分析できないから、どんな切り口でもいい。面白そうだ。

時代背景なら、初演はいつか。どんな成り行きでハイドンが作曲したか、が興味ある。
喜遊曲の観点なら、そもそも当時にこの曲は使い捨てか再演、再再演されたのかも知りたい。

そもそもこの曲、ホーボーケン番号(モーツァルトで言うケッヘル)だとHob. III:7、すなわち弦楽四重奏の7番と書かれてた。ならば弦楽四重奏の作品第二巻とし1755年頃に刊行された楽譜集のトップに位置するらしい。
するとこの曲って喜遊曲じゃないの?それとも他のハイドン弦楽四重奏に見られたように、いったん喜遊曲として演奏ハイドンが気に入って使い捨てず出版ってこと?知識不足ゆえに不明点が増えていく。

ちなみにどうやら、ぼくは第三楽章のゆったりしたメロディが好みらしい。さっきからBGMで聴いてて、この旋律になると耳がすっと音楽へ行く。ハイドンの望んだ聴き方をぼくがしてないとは思うが。

さて、クラシックもちょっと気分じゃなくなった。次は何を聴こう。こないだ買ったHAYAKAWAにしようかな。
左右のスピーカーから迫る別リズムとギターを、中央のベースが牽引するパワープレイがかっこいい。

ちょっと検索したらHAYAKAWAの映像がいくつもあり。知らんかった。



ヴァン・モリソンのものまね。

爆笑した。コメディアン、シーン·カレンによるヴァン・モリソンのマネ。

物まねはこちら。いかり肩で歌うスタイルから、歌い方が良く似てる。

コール&レスポンスと同じ歌詞をテンポ上げつつ畳み掛けるヴァン風スタイルのまねから、ジワジワ笑いがこみあげ、コミカルな掛け声を呟くところで噴き出した。
囁き声とか、拍頭からずらし歌うとことか、ヴァンっぽくて上手いなあ。
落ちは・・・まあ、ギャグだし。笑ったけど。

カレンが取り上げた曲調は70年代のだが、様相は最近のヴァンだ。たとえば、こんなの。


ヴァン・モリスンは好きなミュージシャンの一人。曲調がどれも違うのに、同じように聴こえてしまう。スタジオ盤で駄作は皆無と言っていい。言われるものもあるけど、駄作じゃないです。ちょっと調子悪かったり、迷ってたりしただけです。

さらにライブ巧者で、今まで聴いたブートで失望したことが無い。
昔っからオーディエンス録音でも比較的良いものが多かった。あまり客が騒がないせいか。

歴史を大事にし、ブレずに同じことを繰り返す。保守的な英国人っぽい頑固オヤジだが、それはそれでいい。良い歳の取り方をしてると思う。
プリンスなんか対照的だ。80年代後半から、出すたびに「駄作だ」「前のが良かった」「斬新さが無い」と、叩かれ続けてきたもの。毎回毎回、斬新さが無くたっていいじゃんと思うが。そもそもプリンスの駄作って、何枚かしかないし。・・・話がそれた。

しかしこのヴァンの物まねしてるコメディアンは、カナダ人のようだ。するってえと、カナダではヴァンってそれなりの知名度あるのかな。羨ましい話だ。

外骨格ギター

なんか変な映像に行き当たった。"Cyber Guitar"のライブ映像で、前衛の即興音楽らしい。

解説はこちらの頁にあるが、読んでも説明が良くわからない。3種類の出力端子を持ち、どうやらロボットみたいなギミックを身に着け、手のしぐさや動かし方でエフェクト操作ができるようだ。

考案/ギター奏者はJonathan Crossley。やたらボタンやつまみがいっぱいのギターを弾いている。どれが何のツマミか分かんなくなりそう。
ギター・ソロでいいのに。

この演奏映像はドラマーとベーシストまで奇妙な前衛プレイを始めるため、音楽としては混沌で面白い一方、ギターのアピールには不適切。

とりあえず派手そうなpart 2を貼っておく。Part 7まであるが、なぜかPart 6がアップ無い。

音だけ聴いてると電子ノイズに聴こえるが、映像見たほうが楽しめるかも。

無料ヴァンゲリスがBGM

2分くらいの坂本龍一のCM曲MP3が無料でDLできる。アンケート回答必要だが、とりあえず個人情報の入力は不要だった。不安定な和音とミドルテンポのビート感が、かっこいい。

ということで、今日の日記の本題。ヴァンゲリスの無料DL情報が気になった。
98年に外科医限定で販売のビデオ、計12時間のBGMに使われた音源と言う。いろんな仕事してるなあ。サンクラにアップされた音源は、全29曲。計4時間にわたる。
なぜか曲目は35曲分あり、途中で何曲か歯抜けの状態だ。なんでこんな中途半端なことしたか分からんが、4時間越えだからいいか。

このページが落とすのに手っ取り早いかな。一曲づつ落す必要あるが。
全部は聴いてないがピアノやストリングス音色を軸に、シンフォニックなテクノ作品だ。メロディが無く音色だけで聴かせる曲もあり。

もともとヴァンゲリスって南極物語と炎のランナーしかイメージが無い。ブレードランナーも知らなかった。しかし無料となると、なんか興味出てしまう。ビンボくさい、我ながら。

アンビエント寄りのサウンドなため、喫茶店にてi-podで聴いてたらBGMにちょうど良かった。わざわざヴァンゲリス聴かなくても、店で流れるBGMに耳を投げてればよかった気もしたが。


最後に余談。上に貼ったサンクラの頁では、約一時間半にわたる坂本龍一とJuta Takahashiの楽曲メドレー音源が、二日前に投稿されていた。mp3をDLも可能。
オーストラリアのFM局finemusicfm.comで15年1月に放送された番組らしい。なんかよくわからない経緯だ。

と言うことで最後で坂本龍一の話に戻してみた、日記でした。

ヴァンゲリス:炎のランナー

ヴァンゲリス:南極物語(廃盤らしく、Amazonでプレミアついてた)

ヴァンゲリス:ブレードランナー (ああ、でもこれ聴いたことあるな)

坂本龍一:子猫物語(名曲。これと南極物語をいつも混同してしまう)

ジョン・ゾーン選択の日本映画祭り

ジョン・ゾーンが選んだ日本映画を月に一本上映、のイベントを昨年11月から今年2月まで、ニューヨークのJapan Societyでやってるって記事を見かけた。

「時代劇、エロチカ、フィルム·ノワール、コメディ、ホラー、アニメ」をテーマに、一本づつ選んだという。
いやはや知らない映画ばかり。ジョン・ゾーンは良く知ってるなあ。

時代劇:十字路 (1928)衣笠貞之助:監督
    サイレントのため、田中悠美子が三味線で音を付ける趣向。

フィルム·ノワール :"荒野のダッチワイフ"(1967)大和屋竺:監督 
     これ、音楽が山下洋輔カルテットだ!

エロチカ:(本)噂のストリッパー(1982)森田芳光:監督

コメディ:私のベレット(1964)大島渚:監督
    併映が手塚治虫の短編実験アニメ8本。

ホラー:マタンゴ(1963)本多猪四郎(本編)、円谷英二(特撮):監督
   そういやこの映画、子供の時見たスチール写真がグロくて。怖くて見れない。

アニメ:森の伝説(1988)手塚治虫:監督
   併映が「森の伝説」第二楽章(2014)手塚眞:監督

ほとんど知らない映画のため、ジャンルと映画があってるか自信ないが・・・上のような感じかな。日本でもやらんかなあ、このイベント。
ついでにジョン・ゾーンも来日して、60歳生誕ライブを日本でもやってほしい。

おまけ。手塚治虫の実験アニメではこれが印象深い。
"ジャンピング"(1984)

大滝詠一の本


一周忌だが大滝での商売はまだまだ続く。何度も言うけど、もっと生前にもてはやせよなあ。
悩みどころは"Niagara CD Book 2"Box,25000円。年末に曲目が公開されていた。
確かに何曲か聴きたい盤もあるが、敢えて買おうかどうしようか。
店頭予約〆切は2015年1月9日(金)らしい。あと数日、悩もう。

いっぽうで大滝詠一がらみの本がまた出るそうな。
「大瀧詠一 Writing & Talking」 税込価格 4,860円。
えらく高いな、と思ったら。「A5判/800ページ(予定)」か。ならしょうがない。
・・・って、辞書みたいだな。読むのに手が疲れそう。

発売日:2015年3月20日(金)。これは買おう。内容はこんな感じ。大滝の文章は奇妙なギャグセンスがあるため、これに馴染めるかどうかが読む鍵。
ただし内容は読みごたえあり。プレスリーのボックスで書かれた長文にはぶっ飛んだっけ。

以下、Webからコピペ。

【内容紹介】
ナイアガラ思考大系の全貌!
Mr.ナイアガラ、大瀧詠一、その世界の全てを完全収録!
エッセイ、評論、インタビュー、ライナーノーツ、対談等を集大成した、
その軌跡の全貌を伝える、究極の一冊!

<内容一覧>
Ⅰ ナイアガラ・クロニクル
Ⅱ ナイアガラ・ミュージック・セミナー
Ⅲ ナイアガラ・グラフィティ
Ⅳ ナイアガラ・ライナーノーツ
Ⅴ ナイアガラ・クロストーク 対談

(引用元)

19:30くらいから、大滝ジュークボックス盤の話題になる。




生誕100年の有名ミュージシャン

ビリー・ホリデイ、マディ、シナトラ、レス・ポール、ビリー・ストレイホーンが生誕100年だそうな。元号だと大正4年生まれ。マディやシナトラは大正生まれだったのか。

試みに検索すると、きちんとこの手の頁があるのだな。
他の一覧で、分かりやすいのはここ  http://www.biography.com/people/groups/born-1915

生誕100年ミュージシャンで何か日記を書こうと思ったが、さほど語れるミュージシャンがこの中にいない・・・。
今日の日記は企画倒れに終わってしまった。

とりあえず一曲、ストレイホーンの名曲"Lotus Blossom"を貼ってお茶を濁す。ぼくはエリントンで無く、渋谷毅の演奏を聴いてこの曲にハマった。
ここではオルガン演奏のカバーを貼っておく。あんまり再生回数無いが、面白かったので。