聴かないのに聴けないと聴きたい。

12時間連続のDJロングセットがあった。Stones Throwレーベル主宰のPeanut Butter Wolfが12年に行った時の映像。ピーナッツのプロフィールはこちらか、こちら。

ソウルを中心のようだが、リック・ウェイクマンやELO、レジデンツも混ぜるごった煮スタイル。ビートルズ → スヌープ・ドッグ → モーメンツ → ウータンとつなげるセンスが面白い。

長尺だがぶつ切りにせず、You tubeでは3ファイルに分かれてた。最初のセットがこちら。
Youtubeの動画説明欄でセットリストが見られる。

で、表題につながるのはここから。日本だと制限かかり、Set3だけ聴けない。別に12時間ぶっ続けで見られなくともいいのだが、なんか悔しい。

本企画元のBoiler RoomでMP3が落とせるけれど、Set 1だけ。

逆にSet 3はサンクラで落とせるようだ。

とりあえずSet1とSet3だけでファイル容量が約1ギガ、約7時間。大笑いだ。誰が聴く?

だがMP3のSet2が見当たらない。Youtubeで見られるから、これをMP3にコンバータすればいいのだが。

しかし。翻ってこの12時間セットを聴くか?と聞かれたら聴かないと思う。1ファイル3時間だからブツ切れになるし。せめて30分単位でトラック切ってほしかった。
とはいえども。聴けないとなると、無性にファイルを探してしまう。持ってるだけで安心、いやMP3なりのリンクをブックマークしてくだけでも安心。

いつでも聴けるって、まず聴かない。しかし聴けないと聴きたくなる。で、聴きもしない音源を探してしまうという。二次所有欲とでも言おうか。21世紀の新しい欲望の形だと思う。
とりあえずブックマークしといたらOK、みたいな。ブクマだけで覚えたり自分のモノになった気がする疑似記憶。実際にはリンク先消滅の危険あるから、HDDに落しとく必要がある。これが2次所有。ブクマだけなら、3次所有か。何もしないで「ネットで探せばあるさ」と安心が4次所有。うわー。いっぱい所有の概念が増えた。

こういうラジオ番組が高校生のときあったらなあ。CD買わずにずっと聴いていそう。

Charles Earland"Leaving this planet"(1974)

奇盤だ。元はアナログ2枚組で発売の大作。こないだ「ファンキーなオルガン・ジャズ」のあおりに惹かれて買ったが、内容は時代性を加味すると「ねじれまくったジャズ」。

フュージョンへ向かいつつある時代、本盤は真正面からジャズやろうとしてるがアレンジやアプローチはフュージョンだ。だがどっちつかずではない。どっちにも行きつけなかった。もちろんプログレでもない。
奇妙な立ち位置は、たぶんチャールズ・アーランド(org)自身のミーハーさもあったと推測する。だってこのアルバム構成もアレンジも、変だもの。

アルバムとしての聴きものは何より、ハーヴィ・メイソンのドラム。手数多くはたき込むいかしたドラミングがまず耳に残る。オルガン奏者ゆえにベースはアーランド自身が担当している。何も考えず楽しむなら、このドラムとオルガンのグルーヴに耳を委ねてればいい。

だが。サイドメンを見てみよう。フレディ・ハバード(tp:当時36歳)とジョー・ヘンダーソン(ts:当時37歳)。ちなみにリーダーのアーランドはこのとき34歳。まあ、同世代と言っていい。だがアドリブの要素は明らかに古臭い。特にジョー。フレディは溌剌さでごまかされるが、古き良きハード・バップを引きずっている。
ハーヴィのドラムは跳ねが強いから、いわゆるジャズと一線引いてる気もするが。

本盤のアレンジはムーグ・シンセの専門奏者がいる。Dr.Patric Gleeson、70年代初期にハーヴィ・ハンコックと数枚で共演したメンバー。さらにワウワウのエレキギターも混ぜ、時代の最先端を走ろうとしてる。少なくとも、アーランドの狙いは。

本盤で面白いのは、それなのにメイン・ゲスト二人のオリジナル曲を1曲づつ取り上げてるところ。しかもLPだとA面2曲目とC面2曲目。コンセプト・アルバムならサウンドのイメージを固める、重要な箇所なのに。
フレディとジョーに気を使ったんじゃなかろうか。曲名こそスペイシーだが、サウンドはソウルフルなジャズだから。

曲順を書いてみよう。明らかにアーランドはSF的なファンタジーをオルガンだけじゃなくシンセを使って描こうとしている。二人の曲を排除するような、冷徹になれない中途半端さが、本盤を奇妙な立ち位置に導いている。

A1.Leaving This Planet
A2.Red Clay (フレディ・ハバードの曲)
A3.Warp Factor

B1.Brown Eyes
B2.Asteroid

C1.Mason's Galaxy
C2.No Me Esqueca (ジョー・ヘンダーソンの曲)
C3.Tyner

D1.Van Jay
D2.Never Ending Melody

なお本盤の録音はベーシックを73年12月に3日間かけてカリフォルニアで録り、ダビングを翌年2月にサンフランシスコで行っている。

どの辺をダビングかは分からない。時々入るSE風のストリングスやシンセ、エレキギターかもしれないし、リズム隊を変えて数曲、録り足したのかもしれない。ドラムは全曲がハーヴィでなく、3曲でブライアン・ブレイクが叩いてるから。

サウンドもあちこち奇妙。まっとうなジャズを演奏する他のメンバーに比べて、オルガンのソロはいかにも自由だ。やたらトリルを執拗に続けたり、変にフリーな要素を混ぜたり。それでいて基調は実にファンキーなのに。
管のソロが入った途端、いきなり音風景がジャジーに変わるのがヘンテコ。

エンディングも3曲を除きフェイド・アウト。うち一曲はテープのカットアウトっぽい。好みの問題だが、どうせならきっちりエンディングまで決めて欲しい。コンセプト・アルバムで山のように曲ができたとしても、短く収めるアレンジは有るはずだ。
なんか気持ちよさに任せて演奏だけ続いて、適当なとこでフェイド・アウト感がする。なら別に、最後まで聴かせてよ、と思う。気持ちいいんだし。

他にもいろいろある。でも内容は楽しい。いわゆる名盤と言い難いが、つまったサウンドは心地よい。だけど、どっか変。当時は時代の先端狙いだったのかもしれないが。


未知の世界は面白い?

「中央ヨーロッパ現在進行形ミュージック・シーン・ディスクガイド」オラシオ:監修(2014;DU BOOKS)を読んでいる。めちゃくちゃに面白い。

V4(ヴィシェグラード4ヵ国)を挙げてください。挙げられましたか?ぼくは出来ませんでした。
正解は、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーです。
では、それぞれの国を地図で指し示せますか?・・・ぼくは出来ませんでした。

馴染の薄い中央ヨーロッパの4ヵ国(あ、V4か)で"今、流れる"音楽を集めたムック的な本。いわゆるヒット曲のポップ・ミュージックだけでなく、DUブックスゆえにジャズやプログレ、エレクトロニクカやヒップホップ、クラシックと幅広い360枚以上を紹介してる。
ぶっちゃけ掲載されてるミュージシャンは全員、知らない。せいぜいイヴァ=ビトヴァを1枚、ライコー・フェリークスを数枚聴いただけ。あとは何から何まで知らない情報ばかり。
ぼくが情報に疎いだけで、こんな面白そうな世界があったのか。

まず本書の読みごたえは、単なるCDガイドに終わってない所。コラムをいくつもはさみ、V4地域への興味を促す編集を施してる。
つぎに敢えて体系立てを回避したところ。ミュージシャンを選び縦軸で歴史を語らず、ある意味、雑多に盤を紹介する。国もジャンルも脈絡なく、大まかに章立てしてあとは次々盤を並べた。だからごちゃまぜの情報が一気に押し寄せ、好奇心が盛大にうずく。

昔はこの手のガイド本見てどれを買おうか、どうやったら買うかに頭を悩ませた。
だが今は本書末尾に丁寧な説明あるように、ネット通販が相当便利になった。さらにYoutube他で試し聴きも容易になった。
すると、どうなるか。情報の奔流でワクワク感を盛り立てつつ「どれを試聴しようかな」でまず、一歩立ち止まってしまう。片端から試聴する瞬発力より「どれでも断片くらいは聴けるだろうから、どれをまず聴くか吟味しよう」と。

物凄く贅沢な話だ。そして振り返り「自分の足元を固められてるか」って気がむくむく浮かんだ。なにもV4へ好奇心飛ばさなくたって、身の回りの音楽だけで十二分に楽しめる。
だが日本だけで固まってちゃいかんよな、と言い訳もしたくなる。

とりあえず、本書は面白い。好奇心をくすぐるのに最適な本だ。

今のBGM:ベシュ・オ・ドロム
ハンガリーのワールド系バンド。日本盤も出てるし日本語Wiki記事まであったが、ぼくは全く知らんかった。

本書の解説でポリリズミックなリフっぽい表現有り、DCPRGっぽいのかな?と検索。少なくともこの2012のライブ映像では、もっとバルカンっぽい疾走させるジャズ・ファンクだった。
以下の映像は約1時間のライブ映像フルセット。マルチカメラで飽きない編集だ。プロショットかな?とりあえず40:24過ぎの曲をおすすめとして挙げときます。
ゲストのJuhász Miczura Mónikaがアラブ風味の歌をぐいぐい聴かせ、ダルブッカと鉄琴の猛烈な掛け合いに入るとこがかっこよかった。実際にはこの音楽、ジプシー(ロマ)風らしい。


これもかっこいいな。アップテンポで押しまくる。07年ブダペストでのスタジオ・ライブ。

chibis

まとめサイトで「海外の日常系マンガ」って記事が面白い。

このマンガ作者Mikiko Ponczeck のオリジナルWebを読んでいて、驚いた。仕事のギャラが書かれたページ見てて「へえChibisの料金セールやってら。・・・で、Chibisってなんだ?」。

検索してみる。愛用のWeblioで「Plural form of chibi.」と出てくる。Pluralとは複数形だ。chibiをクリックすると日本人苗字に飛ぶ。リンクミスか。

英英の方がいいか、と検索したらUrban Disctionaryが引っかかった。
ほんとかよ。記事は04年の投稿だ。このころから「ちび」って英語文化圏に伝わってたのか。

ただしあまり良い伝わり方ではない。そもそも「ちび」の否定的なニュアンスは伝播せず、「小さい」ことの可愛らしく良い日本語訳、と真逆に取られてる。セーラームーンのちびうさが語源らしい。

そして少なくとも10年前だと、いずれにせよ"Wapanese"の一種と扱われた。ワパニーズって日本かぶれの蔑称。知らない単語だった。このエントリが分かりやすい説明だ。

ということで、思わぬ切っ掛けで英単語の知識が増えた。ここまで、一度も紙の辞書を開いてない。しかし高校の頃に買った辞書しかない。するってえと、25年以上前の出版か。
もう捨てても良いな、こんな古いの。・・・まだ結構きれいなのに。

ドロシー

ドクター・ジョンの73年ライブ音源が無料DLで上がってた。
amassの記事はこちら http://amass.jp/50018/

調べると1973年11月6日にNYのウルトラソニックでスタジオ・ライブの音源。観客の歓声も聴こえるけど、ラジオ用かな。ライン録音で分離も良いステレオだ。音質は10点中8。ちょっとドロップしてる気がする。
73年と言えば"In The Right Place"の発表年。本盤からも6曲を演奏してる。

バッキングはアラン・トゥーサンとミーターズってブートの情報もあったが間違いのようだ。上手く聴き取れないが、中盤でのメンバー紹介はミーターズと全く違う人たちばかり。
「うぉ、こんな音源が眠ってたとは!」と一瞬熱狂したが、どうやら"Herbal Mixture"とか"ULTRASONIC STUDIOS"のタイトルで、ブートで昔から出回ってた音源らしい。

と、えらそうに語ってみたものの。実はドクター・ジョンって詳しく無い。"ガンボ"や"In The Right Place"など、数枚しか聴いたことない。

ということで、本題。ぼくが大好きなドクター・ジョンの曲は"ドロシー"。
ピアノ・ソロの"Dr. John Plays Mac Rebennack"(1981)に収録されている。オリジナルは、こちら。

ロマンティックさとスワンプ風のグルーヴが混在する、とっても小粋な曲。あまりニューオリンズの音楽に思い入れは無いのだが、こういう温かさは好みだ。こじゃれた場所でもいいが、むしろ薄汚れたバーの片隅も似合う素朴な音楽。

ふとYoutube検索したら、カバー演奏が何曲もあった。どうやら譜面が昔、出回ってたみたいね。
MIDI演奏まであってビックリ。これがまた、けっこう温かいんだ。打ち込みといえども、ここまでニュアンス出せるとは。侮れない。

これはドクター・ジョン自身の別テイク。アルバムが02年にリマスター再発の時、ボートラでついたらしい。これ、聴いたことなかった。

色々と本当もう、ネットで聴ける音楽の幅広さが凄まじい。ブートに高い金出すのは「今これを聴きたい」って瞬発力だけになりそう。あちこち探してると、意外な音楽がネットに転がっている。

DJの頭の中?

Fred Pの3時間半にわたるロング・ミックスの映像が英Boiler Roomのサイトに上がってた。今、BGMで流してる。ハウス系、かな?URLは、こちら。

どっかのレコード屋が会場みたい。観客は少なく、ほとんど聴いてなさそうな静かなノリが不思議な光景だ。ネットで調べるとFred Pってその筋では有名人みたいなのに。確かに何人かは、ひそかに視線をDJへ送ってるけれど。

Fred PはBlack Jazz Consortiumのメンバーで10年単位のキャリアがあるDJらしい。
日本語プロフィールとインタビューはこちら。http://jp.residentadvisor.net/feature.aspx?2307
Black Jazz Consortium名義のサンクラはこちら。https://soundcloud.com/black-jazz-consortium

映像を見てると、DJプレイは実に細かい。ロングミックスのため、丁寧にピッチや音色を変えてるようだ。それでいてメインの左右切り替えフェーダー操作が分からぬため、いつの間にか曲が切り替わっている。
つまり、非常にじれったい。例えばギタリストの速弾きはネックを踊る指見て、おお、すごいと直感的にわかる。
ピアニストの超絶技巧は、たとえ鍵盤上の指先が見えずとも体の動きで感覚的にわかる。
たとえDJでもヒップホップのスクラッチ曲芸ならまだわかる。がつんがつフェーダー動かすとことか。

しかしこの手のロングミックスは切れ目なく滑らかが身上のため、そもそも気づかせたらダメだろう。ということで、つまみ操作は実に慎重。ターンテーブルを幾度もいじって回転数か頭出しの箇所を何度も確認し、音質もヘッドホンを幾度も外しながら出音とモニターを確認する。
つまり・・・何やってるか分からないので、むちゃくちゃもどかしい。

PC操作の音楽を聴いてるときと同じ気分。DJプレイを聴いてるのも良いが、ほんとうは本人によるオーディオ・コメンタリーの解説を聴きたい。
「このとき、次にアレをかけようと思ったんだ」
「高音の音質を弄ってるだろ?ちょっと次の盤はキツくて上を鈍らせてたんだ」
「ほら、ここだ。このポイントに併せたかった」とか。

もしくは第三者の解説と実況でもいい。
「あっ、今の部分で切り替わりました」
『ちょうど繋ぎを軽くリバーブかけてカブせましたね。彼の得意技ですよ』
「レコードをいったんタンテから下ろし、別の盤に変えました」
『BPMが似かより過ぎたので、あの09年の限定盤12インチで大胆なテンポ替えが狙いでしょう』とか。・・・面白いと思うんだがなあ。

Manu Dibango

何となく聴きたくなった。マヌ・ディバンゴはカメルーンのサックス奏者でアフリカン・ファンクの勇者。 "Soul Makossa"(1972)のヒットを当時に飛ばした。
じわじわ忍び寄るグルーヴにサックスをぶいぶい載せる楽曲。これはこれでカッコいいが、ヒットの要因は良くわからず。ちなみにこの曲そのものは、さほどアフリカ要素は強く無い。JB流の色が濃いな。


フェラ・クティが政治ファンクの一極ならば、マヌは逆ベクトル。より芸能スタンスを追求した。33年生まれで未だ存命、発売した盤は膨大で全貌が良くわからない。
オフィシャルのディスコグラフィーも編集盤混ぜてるっぽいし。

Amazonみるとアルバムは色々と入手可能。ボックスで体系だってはないみたい。
You tubeでオリジナル・アルバム音源はあまり見つからず。むしろライブ映像がいくつもあった。動くマヌって見たことなかったな。

Afrovision (1976)
GONE CLEAR(1979)
Balade En Saxo(2013)

全盛期は70年代頃かな、とその頃の映像を探すも見当たらない。
これは98年の映像、ポーランドにて。スムース・ジャズみたいな演奏でめげた。
演奏は気持ちいいから、別の機会に聴こう。

聴きたいのはこういうファンクなんだ。洗練された粘っこいやつ。
この曲はたぶん1976年にオランダで出たスプリット盤12"シングルの曲。

違う意味でこっちの音楽は面白かった。ナイジェリアの大物、キング・サニー・アデとの共演。テンポはゆっくりめだが、アデにすっかり主役の座を持ってかれてる。よく言えば、柔軟。
世界各国のアフリカン・ヒーローと共演した"Wakafrika"(1994)に収録の曲だ。この盤聴いたことないな。買おうかな。

この映像はかっこよかった。どっかタルッと隙ある空気が特徴だ。
サックスはフュージョンだが、リズムはアフロ・ファンキー。いつの映像だろう。

と、取り留めのない日記でした。

本邦初訳

いわゆる古典って、あらゆるものが邦訳って済んでると思ってた。今回、岩波文庫からの出版情報見て、ちょっと意外。

"ビヒモス"ホッブズ:著 (岩波文庫) が今月に発売、、本邦初訳だそう。ホッブスって・・・確か、世界史に名前でてきたよな。だれだっけ?って程度の知識だが。内容紹介見てたら、むくむくと好奇心がわく。
ちなみに原書の初版は1681年。17世紀か。日本だと徳川綱吉のころ。翌々年の1683年が八百屋お七の天和の大火とあった。

内容は対話形式で「1640―50年代のイングランド内戦の勃発から王政復古までをたどった同時代史」だそう。対話形式ってのが良い。今のビジネス書で対談式って非常に読みやすい。なら17世紀の本でも読みやすいんじゃなかろうか。

イングランド内戦とはWikiによると「最初は国王vs議会。勝利した議会内で対立が起き、議会 vs 軍/民衆の構図へ変化。最終的に英国王を処刑、共和政樹立で決着」という。今読んでも面白いんじゃなかろうか。

こういうのって、プラトンと同じように読んでるうちに集中力が続かなくなると思うが。翻訳だよね、問題は。
萌え萌えな翻訳文で思い切り読みやすくして、「イギリス版ベルサイユのばら」って煽ったら売れないかな。読みやすそうだし。フランス革命はWikiによると「絶対王政を倒して、立憲王政から共和制へと展開」とあるから、似たようなものじゃない。・・・だめ?

今のBGM:シューマン 弦楽四重奏1番(op.41)
 日帰り出張で疲れた。なんか弦楽四重奏で癒されたいな、と適当にBGM。i-tunesのMP3に演奏者タグをつけ忘れたらしく、誰のいつの演奏か分からない。
 シューマンの本作は1842年にまとめて3作品書かれたのみという。シューマンって甘やかで生真面目って思い込みあるが、実際はどうなんだろう。

 本作はざくっと荒々しい弦の響きをそこかしこに感じる。特に第四楽章の鋭い響きが癒される・・・わけでもない。元気出てくるような曲だ。

明田川荘之:ライブ映像

気づかなかった。明田川荘之の映像音源が、先月にAketagawaMuseum名義のアカウントで2本アップされていた。他にも最近のライブ映像が色々Youtubeにあり、まとめて紹介します。

 Aketa Schuricht Ocarina Ensemble名義。演奏曲の"Small Papillon"は明田川のオリジナルで、昔から馴染み深いもの。フロントにオカリーナが3人、g/b/pの変則編成での音源。先月の"アケタ・オカリーナ祭り"として数日間にわたり行われたライブから、14年11月11日の映像。
 中盤で明田川の長尺オカリーナ・ソロが入る。メンバーは、明田川荘之 (p,オカリーナ) 宮野裕司、土屋孝彦、明田川真由美 (オカリーナ)、望月英明 (b) 津村和彦 (g) 

 同日のライブ音源より、もう一曲。スタンダードの枯葉を演奏した。

 明田川荘之と娘の歩による"第8回あづまね山麓オータムジャズ祭"での演奏。

 同じデュオ編成で、こちらはアケタの店40周年ライブより。2014年4月5日、夜中のライブ。

 40周年のライブより、冒頭と同じ"Small Papillon"を演奏した。2014年5月31日のライブで、メンバーは明田川荘之 (p,オカリーナ) 伊勢秀一郎 (tp) 青木タイセイ (tb) 津上研太 (as)松本健一 (ts) 榎本秀一 (ts) 加藤崇之 (g) 畠山芳幸 (b) 楠本卓司 (ds)。 同じ日のライブがもう2本、上がってた。まず"室蘭アサイ・センチメンタル"。
 そして名曲、"エアジン・ラプソディー"。

 これはピアノ・ソロで40周年記念の一環、14年5月31日の深夜ライブより。ピアノの横から取ったアングルが嬉しい。普段、見れない視点だから。

 上の前日、5月30日に石塚俊明 (ds) 鎌倉淳 (映像作家) 明田川荘之 (p)で行ったライブも3種類、音源が上がってた。

 これは吉野弘志がリーダーのセッションで、明田川の曲"Aketa's Blues"をやってる。他のメンバーは、纐纈雅代(TSax)、明田川荘之(Pf)、楠本卓司(Ds)。2014年7月4日に「アケタの店」にて。

 同じ日の音源から、"My Favorite Things"。

うーん、どれもこれも見逃してるライブばかり。そう考えると悔しいなあ。

アナログ復権?

投票終わり。結果はいかに。俺の選挙区は20時の段階で当確出るから、対して面白くない。
ということで別の話題。ベックの"Morning Phase"聴きながら、本盤の情報検索してたら面白い記事に行き当たった。

アメリカの2014年LPレコ売り上げ記事があった。
ここにきてLP売り上げが急増してるという。一位がジャック・ホワイトで7万5千枚。5位にベックの"Morning Phase"が入ってた。2万5千枚。少ないが、多い。いちおう80年代にLPを聴いた世代としてはこの枚数レベルだと寂しい。売り上げを語るなら、二桁足りない。

で、日本はどうだ。日本レコード協会の統計データが興味深い。LPの売り上げは?
10月現在で13万7千枚。前年比152%。伸びてるな。母数が低いけど。

どうせ所有ならLP、とかプレミア・グッズにLP、とか。DLコードついてるし飾るならLP、とか。いろんな意味でLPに価値観見出す人がいるのかもしれない。

マスターがデジタルならLPにしても、面白くもなんともないと思うのだが。
アナログ・テープにレベルぶっこんで歪ませろ。

おまけ。世界のLP売り上げ回復をまとめた日本語記事があった。