北の海

太田惠資でYoutube検索したら、こんな動画が。説明が無いが、場所は多分UP主の他の動画アングルから、画廊香月でのライブと思う。10年くらい前・・・かな? 
メンバーは板橋文夫トリオ(小山彰大+井野信義)に太田惠資がゲスト。 

同日ライブと思しき、こんな映像も。

MAD-KAB at AshGate

石渡明廣がリーダーかな?ネットぶらついてて見かけた。今年10月に1stが出たバンドMAD-KAB-at-AshGate。メンバーは石渡明廣 湊雅史 上村勝正 後藤篤。本盤は2曲で林栄一がゲスト参加した。
Amazonではまだ扱いなく、メモ代わりにいろんな情報を纏めてみた。

サウンドは上村のグルーヴィなベースと石渡のブライトなギターが踊るファンク・ジャズ。CD収録楽曲は全て石渡のオリジナルという。Mullhouseから林栄一と外山明が抜け、 湊雅史と後藤篤が加わったカルテット編成だ。

ユニオンや他のネットショップのみ取り扱ってるようだ。
ユニオンのWebだと全曲試聴できるが、そのたびに.ramファイル落すの、めんどくさいな。

バンド紹介のページは、このブログが一番分かり易そう。

次のレコ初ライブは12/13(土) 神保町 The Adirondack Cafe。
(このバンドと関係ないが、翌日12/14(日)東中野 驢馬駱駝の不破大輔(b)若林淳(舞踏)石渡明廣(G)ってのも面白そうだ)

石渡のライブスケジュールはこちら。

Youtube見たがこのバンドのライブ映像は見つからず・・・。短時間の紹介映像のみ。

<取扱店舗>

Mull Houseは検索したら、ライブ映像があった。

おまけ。後藤篤+石渡明廣が林栄一のバンドに参加してる、GATOS Meetingのライブ映像。渋さで馴染んだ"Naadam"だが、吉田隆一の唸るオブリでだいぶ印象が変わる。中盤で吉田の循環呼吸を軸に、林が渋くソロを取った。

で、中編成渋さだとこういうアレンジに。横浜のゾリステン編成の音源。吉田隆ーはこちらにも参加するが、がらり印象が違う。ちょっと音が痩せた録音で残念。


Merzbow新譜"NEZUMIMOCHI"

Cold Springから発売メール見たら、非常に悩ましい構成だ。LPとCDの2枚組で、内容はそれぞれ違うという。500枚限定。

LP: A1. Rat (18:08), B1. Rice Cake (17:55)
CD: 1. Tamatsubaki (12:41), 2. Joteishi (16:27), 3. Matebashii (25:59)

音楽だけでなく、モノとして作品を売る工夫とは思うが。LP聴けないよ・・・プレーヤー無いし。

詳しいレーベル紹介記事はこちら。

試聴音源を軽くツマミ聴きの範囲だが、"RAT"と"Tamatsubaki"で同じオスティナートを感じる。音色は違うが。波形加工を基調にアナログ・ノイズを混ぜるコンセプトだろうか。

【選曲してみた】スティーヴィ・ワンダーのエッセンシャル20曲。【ぶいぶい】

英The Telegraphが「スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)のエッセンシャル20曲」選曲の記事あり。http://amass.jp/48766/

リストはこんな感じ。
 ---------------------------
Uptight (Everything's Alright) (1965) 
Mr Tambourine Man (1966) 
Sixteen Tons (1966)
For Once In My Life (1968)
Signed, Sealed, Delivered I’m Yours (1970) 
We Can Work It Out g(1970) 
Never Dreamed You'd Leave in Summer (1971) 
Superstition (1972) 
I Believe (When I Fall in Love) (1972) 
Don't You Worry 'bout a Thing (1973)
Living for the City (1973) 
You Haven't Done Nothin' (1974)
Boogie On Reggae Woman (1974) 
I Wish (1976)
Isn't She Lovely (1976)
Pastime Paradise (1977)
Sir Duke (1977)
Happy Birthday (1981) 
Skeletons (1987)
 -----------------------
たった20曲なのにカバーを混ぜるとこと、88年以降丸無視かい、ってのが気に入らず自分でも選んでみた。ヒット曲山盛りなだけに、選曲が似かようのは否めない。
気軽に選び始めたが、最後5曲ぐらいを減らすのに迷う。とことん個人的に選びつつ、やっぱ外したくない曲もあるし。

最後の最後で"Boogie On Reggae Woman" (1974)を落して、こんな20曲になった。上のリストと併せ、発表年順。近年の作品は、やっぱバラードを選びたくなる。
日本人としては"To feel the fire"も入れたかったが、30曲から10曲落すくらいのタイミングで、落ちてしまった。
==============
(1969)  "My Cherie Amour"
(1969)  "Yester-Me, Yester-You, Yesterday"
(1970)  "Signed, Sealed, Delivered (I'm Yours)"
(1972)  "You Are The Sunshine Of My Life"
(1973)  "Living For The City"
(1973)  "Higher Ground"
(1976)  "Love's In Need Of Love Today"
(1976)  "Sir Duke"
(1976)  "I Wish"
(1976)  "As"
(1980)  "Master Blaster (Jammin')"
(1980)  "Lately"
(1980)  "Happy Birthday"
(1984)  "I Just Called To Say I Love You"
(1984)  "Love Light In Flight"
(1985)  "Overjoyed"
(1987)  "You Will Know"
(1991)  "Lighting Up The Candles"
(1996)  "Kiss Lonely Good-Bye"
(2005)  "From The Bottom Of My Heart"

文学フリマへ行ってきた。

 同人活動=大儲けの固定観念が、頭から抜けない。コミケで長蛇の列と飛び交う同人誌、ごみ袋に千円札がぎっしり詰まり、間違えて捨てても「まあ、いいや」で済むだろうというイメージ。こんなのごく一部の大手だけで、過半数はもっとささやかな商業活動だってわかっているけれど。

 さらに同人=サロン的な思い込みもぬぐえない。買い手と売り手が仲良しどおし、部外者を遮断してサークル・スペースの前で盛り上がってる、かのような。
もっというと文学=爺さんのものって幻想も落とせない。縁側でこぶ茶飲みつつ談笑か、談論風発口角泡を飛ばし議論しまくるような。そんな昭和どころか明治大正頃の話かもしれないが。

 同人イベントは自分が部外者って思い込みがある。想定するターゲット顧客から明らかに自分がずれてるだろ、と。つまり居心地悪さを覚えながら会場を動く。
とはいえ文学フリマは前から何となく興味があった。
今の時代で、同人の書物にどこまでリアリティがあるか。HPやブログでテキストばら撒く時代からそろそろ15年たつ今、の時代に。

 今回の文学フリマ第十九回の会場はTRC。M3で馴染ある会場だ。のんびり行くつもりが、吉田隆一のサークルが売り切れかも、と開場直後に入門した。
結果から言うと・・・まだまだ閑散としてる。おっとりした印象。
文学フリマのWebはこちら。http://bunfree.net/

 会場はTRC 2展の上下階のみ。サークル・スペースもゆったり取られ、1展ワンフロアでも入りそう。いわゆる壁サークルは皆無。並んでたのは1F背後の弁当スペースだけ。
同人音楽やマンガと違い、たぶん文章の方が作成ハードル低い。いろんな頒布物があって、ぐるっと見て楽しめた。
テキストだけならブログでも今の時代、自己表現できる。そこへ紙へのフェティッシュが加わり、思想的な猥雑さも交じる。商品はコピー誌や無線綴じのカタログみたいなものから、凝ったものまで色々あった。

 雰囲気もギラギラしてない。コミケは行ったことないが、M3での「買ってちょうだい」オーラ出すスペースも少なめ。テーブルに幾つかを並べて、淡々と売っていた。
商業サークル風の脂っこさも少なめ。企業ブースは皆無、いわゆるプロの参加は岡田斗司夫とゲンロンカフェくらいかな。大阪だと汀こるものが、サークル参加するらしいが。
サークルも"壁"が無く、売れ線ブースの角も大学の文学系サークルが目立った。

 入場はタダ。サークル・カタログが無料で配られるが・・・むやみに豪華なつくり。その割に、スカスカ。サークル紹介がいやに隙間の多いレイアウトだから。なんだかなあ。あと、重い。何で同人誌は、こんな画用紙みたいに重い紙を使うんだ。

 まず吉田隆一のサークル"blacksheep 2D"へ。ご本人が売り子やっててびっくり。
「いや、他に誰が売り子やるんだ」と突っ込まれ笑ってしまう。
100部限定の持ち込み、な前宣伝。ともすれば瞬殺のボリュームだが、文学フリマは列ってものがほぼ皆無、無事にカセットブックを買えた(委細は、後述)。

 ぐるっと回った頒布物は二次創作はほとんどない。たいがいが一時創作。エンタメ系と言わゆる文学もありそう。詩や短歌、俳句も。写真集売ってるの見て、なるほどと唸った。グッズ販売はあまりおらず。もろに萌え狙いは少ないが、ヘンテコなテーマやエロやBL、政治的なもんなど混沌な世界と、SFやミステリに硬派な文学系の創作が乱立した。ある程度、傾向でサークル配置分けはしてるみたい。
 通路が広くとられており、通路の中で会話する人も何人か。邪魔だ。

 2Fのロビーにずらりと見本誌が並ぶ。これはいいアイディアだ。サークルごとに立ち読みしては「いりません」って動くのは、そうとうに神経削られそう。じっさい、ここで見本見て買ったサークルも一つあった。サークル・テーブルの上があまりにもそっけなく、見落としてたよ。

 文学の同人ってあまり興味が無い。マーケットがこの世界は限られており、面白い書き手が商業化されぬわけがない、と思ってるから。SFやミステリで凝った頒布物もあったが、すべてパス。縁があればまた手に入るだろ。
 しかしたいがいの出版物は、小さい字でレイアウトされている。老眼のおっさんには辛い。
 批評、特に音楽系の本を探したが・・・ほとんどないなあ。残念。しかし批評=小難しい書き方って、何とかならんのか。読みやすく面白い批評だってあるだろに。

 ということで、一時間ほどぐるっと回って退散。最後に買ったものを列挙します。どれもまだ、読めてない。

「ここがソノラマなら、きみはコバルト」
 吉田隆一の頒布物。装丁は古き朝日ソノラマ文庫を模しており、小説などの文庫本サイズ同人誌。カセットブックと聴き、往年の"ARIEL"みたいなのを想像したが、文庫にカセットが添付されるかたちだった。
 今はカセット聴けないんだよな・・DLコード無いか探したが、無い。音楽があるのにオブジェだけで聴けない。無念。大谷能生のSFエレクトロって、どんなのだろう。
 詳しい内容はこちら。https://c.bunfree.net/p/bunfree19/2224
 水見稜が寄稿してて驚いた。同人誌ではあるが、ある意味「プロの仕事」。

 インダストリアル・ノイズ中心の評論本。三段組で字が小さい・・・。単なる羅列に終わらず、著者が咀嚼して評論してるようだ。古めの音源中心だが、メルツバウの評論は近作まで踏まえた論調で興味深く読んだ。全150頁。

 "特集「ディスクガイドに載らないニューウェイヴの名盤・迷盤コレクション"に惹かれて。全60頁。80年代前半の音源をジャケ写付きで、ページあたり2枚づつ紹介している。
 後半でオスロのジャズ・フェス旅行記エッセイ8ページもあり。面白そう。
 CDが付いていた。中身は何だろう。

斎藤俊夫批評集
「旋回する言語 解放への音楽」(2013)「回転木馬と言語音楽」(2014)
 このブログの書籍化らしい。http://d.hatena.ne.jp/MOGURAmaru/
 内容は現代音楽のコンサート批評中心、無線綴じ。字が小さい・・・。

NADAからスパコネ

NADA"走る人"を聴いた。ライブを聴いたことないため、予備知識無しで聴く。いかんなあ。そういえば最近、吉見征樹をライブで聴いていない。毎日のようにやってるのに。スケジュール見たら、今はツアー中のようだ。

ほうほう、12月頭にスパコネで赤坂にて公演とな。そういえばスパコネもアルバム1枚、"Early Works+"しか聴いたことない。こんなんばっかだな。
といいつつ、今日もライブは行かずに過ごす形なのだが。

むう、なかなかズバリの映像がYoutubeにない。




片山広明

清志郎聴いてたら、無性に片山広明を聴きたくなった。今は"Ama Gappa"がBGM。"dust off"(2007)収録で、サイドメンは不破大輔/立花秀輝/磯部潤。
剛腕ベースと粘っこく鋭いドラミングの疾走がたまらなくかっこいい。さらに二管サックスが駆け抜ける。

ソロ回しな展開でもお行儀よくない。隙あらば楽器が滑り込む。しかし間はきっちり取る。この相反する要素を平然と連立させる技が素晴らしい。バラードの片山も良いが、今は激しくアグレッシブなブロウを聴きたい。

意外に片山広明の盤はあれこれ手元にある。片山のサックスを熱狂的に追ってきたつもりないのに。
豪放さにあてられ、ぐるっと回って渇望感が湧く。ぼくにとって片山の音楽は、そんな感じ。

片山を知ったのは、もちろんRCのバック。バリサク振り回してる印象ある。DUBの存在を知り、渋さを知り。緑化計画でも吹いてたのを知り。ぼくが日本ジャズを聴いてく節目節目に、なぜか片山の存在があった。

リーダー作で個人的に印象深いアルバムを何枚か・・・書こうと思ったが、もう出かけないとあかん。とりあえず列挙だけ。"いそしぎ"だけ、感想書けた。

1977 "いそしぎ"
 発売は2010年。77年と78年、アケタとアローンでのライブを収録した発掘盤だ。ブロウの味わい、スピード感と太さが今と変わらなくてビックリ。タンギングゆるやかに吹き回し、次に短いフレーズ当てまくるところも、既に完成してる。

1996  "そーかなあ" 
1998  "Instant Groove"
2002  "Quatre"

リーダー作じゃないけど、こんな盤も聴きもの。
渋さと緑化、DUB,De-ga-showとC02は敢えて外した。特に後者2バンドは完全後追いだし。

1993  Bernard Purdie "THE Jazz Funk Masters With Bernard Purdie"
1998 片山広明+石渡明廣+不破大輔+豊住芳三郎  "Fiktion""
2011 明田川荘之   "My One and Only Love/AKETA meets KATAYAMA"

笙の値段

石川高を聴いてて、笙を吹いてみたくなった。「高いんだろうな・・・」とAmazonみたら「DVD付笙入門セット」で20万円。"煤竹本節 (本管 総銀金具)"なる、本物っぽい代物なら220万円。うーん、手が出ない。

コンロは電熱器が5400円。高い。汎用じゃないせいか?特に笙へ特化したつくりか分からないが、電熱部むき出しで持ち運べる数百Wのコンロって、たしかに一般的じゃないかもな。

ということで、やはり聴いて楽しもう。
しかし笙をコンロで温めるのは、ピッチ狂いを避けるためとは。初めて知った。Wikiの"笙"項目からリンクもされてるこの個人ページ、読み応えあって面白そう。

即興の旬(?)

猛烈に即興が聴きたくなり、東西のボックスを聴き散らかしている。西のFestival Beyond Innocense(4枚組、以下FBI)と東のImprovised Music From Japan(10枚組、以下IMJ)。どちらも10年以上前のアルバムだが、今でも刺激と(そして親しみを)感じさせる。

即興はライブ現場、これに勝るものは無い。音楽だけでなく奏者のようすと、場の空気。三位一体でこそ楽しめる。
だが現場にて生まれ消え去る一過性だけでは惜しい。追体験や歴史も楽しい。そこが音盤の価値となり記録の重要性である。
瞬間で消えていく記憶を深めるべく、現場へ立ち会えなかった不運を嘆かず、がっちりと音楽へ向かい合うために。

しかし即興は非常につかみづらい。長尺でがっつり音に浸るもよし、短いエッセンスを聴き繋ぐもよし。FBIとIMJ、微妙にニュアンスの違いある。少なくともアルバムでFBIはセッションと短尺を志向する。アンサンブルの妙味と、次々に風景を変える形で。
いっぽうIMJは長尺を恐れない。ソロ、というより個々のインプロヴァイザーの音色へ着眼し、アンサンブルはあくまで結果論のように見える。

ここではもちろん、東西の是非は問わない。両方楽しいし。むしろ考えていたのは、即興の新奇か安定か。ベテランのインプロヴァイザーの場合、聴くときにあらかじめ出音のイメージを持って聴く。そこでは予想外は有っても想定外は低い。
若手、もしくは初めて聴くインプロヴァイザーの場合は、出音を想像して聴く。このとき意外な喜びか期待外れか、どちらかを味わう。

ぼくは即興演奏に何を求めてるんだろう。予想通りの音を現場もしくはアルバムで追認し安心を覚えるのか、まったく新奇な音で好奇心の活性化を図るのか。
たいがいはあまり深く考えず、音楽を楽しんでるだけだが。

そして冒頭の投げかけに戻る。即興音楽に旬はありやなしや。インプロヴァイザーに旬はありやなしや。結論は、どちらももちろん無い。
聴き手側の旬はあるかもしれんな。時代とか流行の意味じゃない。それは聴き手に何の関係もない。

出音に興味を持てなくなったとき、聴き手の旬が終わる。長尺で退屈ゆえの「もういいや」かもしれないし、「今これを聴きたくない」の瞬間的な興味かも。あるいは「この手の音楽は飽きた」と燃え尽きかもしれない。
ひるがえると、この判定基準に音楽は影響を与えていない。音楽は変わらずそこにあり、聴き手の興味だけが変わっていく。

ぼくは奏者でなく聴くだけだから、こう考えるのかもしれない。

ではなぜ冒頭の投げかけをしたか。今回10年以上前の演奏を聴いてて、恐ろしく新鮮に聴けたからだ。FBIもIMJもほとんどの奏者が未だ現役で活動している。言いかえよう。そもそも両コンピに参加の奏者は音楽的な疾走を、当時から今も続けている。

だから好奇心を持ち続け聴き続けたい。問題は、聴き切れない・・・。
ベテランの今を聴くもよし、過去にさかのぼるもよし。新しい現場や奏者を探すもよし。

音質と圧縮と取り回し

OTOTOYを見てて、いまさらながらWAV/ALAC/FLAC/MP3が同じ値段で販売と気が付いた。音質に値差つけないのか。
ファイル形式それぞれは以下URLの「※1 クイック・ガイド! ファイル形式はどれがいい?」で解説あり。

翻って自宅の環境は今100%、PCで聴いている。スピーカーが壊れてるため。したがって喫茶店やライブハウス、レコ屋などで流れる音楽が、新鮮に感じることもしばしば。
何故なら今、100% MP3で聴いてるから。

WAV/ALAC/FLAC/MP3が同値段なら、WAV一択だろと最初は思った。しかし上記の解説読んでて、「メタ情報入力なし」に唸った。そこに価値観を出すか。ファイル容量じゃなくて。そしてなぜALACかも納得。iTunes向けかあ。

もいちど翻ると、ぼくはリッピングをi-tunesでMP3。聴くのはたいがいFoober2000。iTunes重いし。i-tunesリッピングの理由は、初期にかなりのCDを.m4aでリップしたため。いまさら変換もバカらしい。ある時ふと気づいて、MP3リップに変えたが。

で、Foober使いにもかかわらずFLACをMP3に変換してる。バカです。FLACをi-Podで聴きたくなった時のため、が理由。音質無視して手間優先という、本末転倒になっている。

もともとPCオーディオはバックアップのつもりだった。あと、i-Pod用。
しかしステレオ壊れた時点で、もはやPCオーディオから戻れないと気づいた。なにせ、聴きたい音楽がすぐに取り出せる。棚を探す必要ない。聴き比べもあっというま。これは楽だ。

MP3聴く以上、もはや音質は語れない身になった。いまさら音質厨に興味無いが、自分の耳は、だいぶバカになっていそう。

で、仮にOTOTOYで音楽買うならばMP3一択と考え愕然とし、この日記を書いたしだい。せめてFLACにしよう。MP3変換は、自分でやればいいし。・・・本末転倒だな。

今夜のBGM:Jan Jelinek"Tendency"(2001)
アルバム"Loop-Finding-Jazz-Records"に収録。

きっかけはcanooooopy。『100%サンプリング製法!!ーー究極の音フェチ』をキャッチコピーに今月末、彼はアルバムを出す。
今日初めて彼を知ったが、サンクラ中心に以前から活動の日本人。MACのガレージバンドにサンプリング加工、だけで音楽作ってるという。凄い発想だ。
彼の音楽の一例は、こちら。http://www.youtube.com/watch?v=cCaAzVNsb5U
サンクラのURLも貼っておこう。https://soundcloud.com/canooooopy

彼の新譜 "百夜を繋ぐ言の千切れ葉 [disconnected words connect the worlds]"発売を記念した、OTOTOYのcanooooopyロング・インタビューを読んでいた。
このインタビューが面白い。canooooopyの活動戦略とし「普通にやってても埋もれちゃう」を回避する工夫が述べられている。

そこから今夜のBGM話につながる。インタビュー内でこの曲が紹介されていた。
「ジャズのレコードから余韻や残響をサンプリングのブレイクビーツ」らしい。

これまた、新鮮だ。うっそうと奥まったテクノ・ビートの音色が、ジャズの生演奏とは思えない。特にポオンってシンセっぽい響きが秀逸だ。
この曲を収録したフィジカル盤はAmazonでプレミアついていた。デジタル音源も当然売ってる。13年前の盤か・・・俺は時代へ追いつけて無いなあ。

奏者のJan Jelinekはドイツ人。今年春に京都へ長期滞在してたという。
98年にFarben名義で活動を始め。クリック・ハウスの分野で話題になってたそう。全く知らんかった。公式Webはこちら。http://www.faitiche.de/

世の中、面白い音楽はいっぱいあるなあ。