Derek And Ruins

M3行ってCD買ってきたものの。なんかこの盤を聴きたくなった。

今夜のBGM;Derek And Ruins"Tohjinbo"(1998)
TZADIK盤"Saisoro"(94年9月録音)に続き、97年4月にロンドンで録音された、デレク・ベイリーとルインズのデュオが"Tohjinbo"。インディのParatactileレーベルから発売された。なおルインズの頂点を築いた、佐々木恒(b)の時代の作品だ。

録音物で残ってる共演盤は、これら2枚のはず。
ブートだと(今は落とせないが)"Tohjinbo"録音前日のライブ音源もあり。BBC音源らしい。ぼくは聴いたことない。

デレク・ベイリーは注意深くフレーズを弾き外すイメージだったが、"Tohjinbo"ではけっこうルインズと、気持ちよく疾走している。佐々木がシンセっぽい音色や高音フレーズをまぜて派手に弾くため、ルインズ対ベイリーの構図で無く、三つ巴の印象を受ける。

この盤を初めて(たぶん98年頃に)聴いたとき、非常に馴染みづらかった。メロディ要素が皆無のとっつき悪さに加えて、即興の聴き方が分からない。何となく盛り上がってるが、構成や焦点をつかめず、ずいぶん戸惑った気がする。

ひさしぶりに本盤を聴きかえすと、非常にわかりやすい。パンキッシュな勢いあり。
ディストーションをガシガシ決めて高音をかきむしるベイリーは、かなり吉田達也のビート感に寄り添った。フレーズでなく、ノリの意味で。ここでのベイリーは、かなり音を歪ませて音を叩きつける。

パターンや小節感を希薄に叩きまくる吉田がボイスを入れると、時にもう一つの声が応える。ミックスの位置だと、ベイリーの声かな。
直線的に上下するベイリーのフレーズへ、吉田が硬質に叩きのめす乱打で応える。拍を跨ぐより、拍の幅を自在に操作するかのよう。リズムを吉田が倍テンや半分に、ときどきBPMを伸縮するさまが、すごくかっこいい。

ベイリーが譜割を変えても、なんとなく吉田のフィルへノリが重なるさまが楽しかった。ベイリーの演奏へ吉田が追いかけて変奏するイメージもあり。
拍頭が読みづらい割に、吉田のアクセントが何となく小節感を作った。

そしてこの怪物二人と真っ向から切り結ぶ、佐々木の演奏力が素晴らしい。ある意味、ギターとドラム、シンプルな響きを相手に佐々木はベースで襲い掛かる。エフェクトを駆使しつつ。リフとフレーズを使い分け、飽きさせない。
ミックスの加減で、ベースが非常に聴こえづらい。惜しい。

全12曲入り。5~7分の短い曲に区切り、メリハリつけている。だがスタート&ストップや場面展開が多い即興のため、流してるとさらに曲数が多そうな誤解も。
疾走一辺倒でなく、緩やかに探るインプロもある。

率直なところ、TZADIK盤"Saisoro"は緊迫した印象が強い。ルインズの挑発にベイリーが高みから見下ろすかのよう。その一方で、"Tohjinbo"では妙に寛いでホットだ。ベイリーがルインズに寄り添っている。

The Dells

Youtubeで大概の洋楽は聴ける、と思ってたが、ためしにDellsがどの程度あるか、検索してみた。リストは本稿末尾に。
まとめると、意外に見つからない。もっと人気あると思ってた。

そもそもこの映像が、ちょうどうまい具合にベスト盤だ。約1時間。
盤起こしをテープ録音したような、しょぼい音質はご愛嬌。良い音質には、お金がいる。

CDで手に入るか、も下にまとめた。そもそもドゥワップ時代はアルバムにこだわる必要が全くない。70年代以降だな、アルバムにこだわるなら。しかし後述のように、廃盤でプレミアばかり。見たときに買え、状態だ。
そしてまだ、再発されてないアルバムもある。

そもそもデルズはベスト盤も色々あり。曲単位ならもう少し聴ける範囲は広がるかも。
キャリア概覧ベスト盤なら、この2枚組が良さそう。ちょっと古い盤でマスタリングがしょぼそうだが。信頼のHip-Oだし、だいじょぶかな。
"Anthology"(1999,Hip-O Records)

一枚ものだと、これか。さすがHip-O、大まか視点も押さえてたか。
"Ultimate Collection"(2004, Hip-O Records)

初期音源のベスト盤で選ぶなら、これか。「ほしい物リスト」にいれとこ。
"Time Makes You Change 1954-61"(2012, Jasmine Music)

4~6枚組くらいのBoxあってもおかしくないが、検索の限りで見つからず。
Amazonのデジタル・ミュージックで"The Dells"を検索したら、1300件以上ヒットした。もちろん関係ない盤も含めてだが。とても見てられん。
これからの時代、いかに検索でヒットしやすく差別化できるかってのがポイントと、しみじみ。

<Discography>URLがアルバムFull音源映像。
 Wikiより。★は今、Amazon新譜やマケプレ、タワレコで入手可なCDあり、の意味。
"Oh, What a Nite" (1959)【★】プレミア付き。
"It's Not Unusual" (1965)
"There Is" (1968) 【★】
"Musical Menu" (1969)
"Love Is Blue" (1969)
"Like It Is, Like It Was" (1970)
"Freedom Means" (1971)
"The Dells Sing Dionne Warwicke's Greatest Hits" (1972)【★】プレミア付き。
"Sweet as Funk Can Be" (1972)
"Give Your Baby a Standing Ovation" (1973)【★】プレミア付き。
"The Dells" (1973)
"The Dells vs. The Dramatics" (1974)【★】
"The Mighty Mighty Dells" (1974)【★】プレミア付き。
"We Got to Get Our Thing Together" (1975)
"No Way Back" (1976) 【★】 (日本タワレコ限定再発)
"They Said It Couldn't Be Done, But We Did It!" (1977) 【★】
"Love Connection" (1978) 【★】
"New Beginnings" (1978) 【★】プレミア付き。
"Face to Face" (1979) 【★】プレミア付き(同上の2in1)
"I Touched a Dream" (1980) 【★】
"Whatever Turns You On" (1981) 【★】
"One Step Closer" (1984) 【★】
"The Second Time" (1988) 【★】
"I Salute You" (1992) 【★】
"Reminiscing" (2000) 【★】
"Open Up My Heart: The 9/11 Album" (2002)

大滝詠一ベスト盤発売。

業界はまだ、大滝で商売するのか・・・なんか釈然としない。

他界したら過去カタログ売るチャンスなのはわかるが、今年いろいろ出た関連本も含めて、そこらじゅうで大滝詠一の名を見るの、すごく違和感ある。生前にもっと、もてはやせよ。

逝去後の作品に対し違和感ある理由は、簡単。大滝は自作を権利含めて、全てをコントロールしていた。大滝の監修が無いカタログって、泥を塗られてる気がしてならない。この点ザッパと似てるが、ゲイルは棚のテープを切り売りだけゆえ、まだ"派生物"と解釈できるが。

さて、今回2種類の大滝作品と、関連商品3種が発表された。

ベスト盤"Best Always"(2014年12月3日):初回盤2枚組、ボーナスで純カラ収録
ボックス "NIAGARA CD BOOK II" (2015年3月21日):12枚組豪華ボックス仕様
洋楽オムニバス"Eiichi Ohtaki's Juke Box"(2014年12月3日)
  エルビス編(ソニー編)/ワーナー編/ユニバーサル編

宣伝したくはないが、悲しいことにどれも魅力がありそうだ。

まずベスト盤"Best Always"。売りは未発表の大滝の歌唱テイク"夢で逢えたら"。だがこれは、正直あまり興味無い。いつごろの録音か知らないが、大滝のボツテイクだろう。
テイク探しって、ナイアガラは楽だろな。マスター全部、大滝が持っていそう。
むしろ純カラに興味ある。ロンバケやEachtimeの純カラ聴いて、すごく面白かったし。

ボックス "NIAGARA CD BOOK II"は収録アルバムが想像つかない。こんな感じだろうか。

A LONG VACATION (1981)
NIAGARA TRIANGLE Vol.2 (1982)
NIAGARA SONG BOOK(1982)
NIAGARA CM SPECIAL (Special Issue) (1983)
EACH TIME (1984)
NIAGARA SONG BOOK 2(1984)
B-EACH TIME L-ONG (1985)
DEBUT SPECIAL (1987)
LET'S ONDO AGAIN SPECIAL(1987)
大瀧詠一 Song Book I -(1991)
大瀧詠一 Song Book II (1995)
SNOW TIME (1996)

洋楽オムニバス"Eiichi Ohtaki's Juke Box"エルビス編(ソニー編)/ワーナー編/ユニバーサル編は、選曲と解説しだいだな。
いわゆる"元ネタ"集で無く大滝の愛聴曲が並ぶなら、意外とありふれた曲群かもしれない。

良く考えたら、渋谷陽一の番組でかかった"Each Time"アウトテイクで曲とか、他にもお蔵出し音源がナイアガラにあるはず。昔の新春放談で大滝が録音したと言ってた、ビートルズのカバーも。

これらの発掘は今後毎年、チミチミと出るのかもしれないな。

Doowop ラジオ局

i-tunesに膨大なWebラジオのチャンネルあるし、その他ストリーミングで聴けるラジオは数多い。
ほんとはウルフマン・ジャックみたいに、自分で皿をまわしながらイントロに喋り載せる、昔ながらのいわゆるアメリカンDJのラジオを聴きたい。たまーに検索するが、見つからないんだよな。

今回は、たまたまドゥワップのラジオ局に行きあたった。
その名の通り、Doowop Radio。http://www.doowopradio.com/
i-tunesでストリーミング再生すると、曲目も表示されるため便利だ。

ちょっと聴いてみたら、ドゥワップだけでなく60年初頭のオールディーズまで守備範囲らしい。というか、さっきから60年代頭のモータウンやディオンしかかからない。どうなっとるんじゃい。

Robert Polladの情報、色々。

ロバート・ポラードのソロ・ユニット、Teenage Guitarの2nd"More lies from the gooseberry bush"(2014)が到着した。
先日のツアー中、Guided by Voicesは唐突に解散したが、バンドの中心人物ロバート・ポラードは旺盛な活動を続けてる。最新情報をいくつかネットで見かけたので紹介。

まずボブのショップ、Rockathon Recordsでは2種類の新譜が既に紹介されている。http://rockathonrecords.com/index.html
一枚はトバイアス兄弟とのユニット、Circus Devilsの12thアルバム"Escape"。来月発売のようだ。収録曲"Eye Mask of Leaves"がサンクラで聴ける。

もう一枚はJoseph Airportの"Stronger and Better"。ボブは選曲とジャケットのコラージュを提供とあるが、詳しいことは不明。LPのみ500枚限定。LPは買わないことにしてるため、聴かずに終わるかな。

さらにボブのソロ(EPも併せると、たぶん32枚目)"Ricked Wicky: I Sell the Circus"が来年の2月に発売予定だ。追いつけねえなあ、聴く方が。
こちらも一曲が、サンクラで今回公表された。

"Ricked Wicky: I Sell the Circus"の収録、15曲の曲順はこちら。
GbVのアルバムは発表のたびにタイトルや曲順が変わってたが、ソロは意外に情報がブレない。ソロだからか。

なおGbVのラスト・ライブはファン撮影の、約1時間の映像がYoutubeにあがってる。セットリストはこの記事に記載あり。http://amass.jp/45823
今年の9月13日、地元オハイオのToledoにて。解散が発表され、以降12日間の公演がキャンセルされた。

鈴木賢司

なんとなく検索。前にも同ネタで日記書いた気がしないでもない。まあいいや。
64年生まれで、僕よりちょい上の世代。中学位にFMステーションで尾崎豊と並んで新時代の若手ギタリストと紹介された。Wikiを元に簡単な経歴を書いてみる。

1983年 デビュー。学生服姿のギタリストとしてサザンのツアーに前座で出演
1987年 ジャック・ブルースと共演で海外の活動を勧められ、1988年に渡英
1998年 シンプリー・レッドのメンバー
ぼくが聴いてたのは84年前後。シンプリー・レッドの頃は良く知らない。

デビューの頃がこんな。若い。
翌年、ちょっとワイルドになる。
ぼくが好きなのは、この曲。映像が見つからない。確か自らのラジオ番組をFM横浜でやってて、そのテーマソングだった気がする。
ああ、これこれ。「鈴木賢司のクラブエレキング」。87年9月29日の最終回。

ジャック・ブルース&アントン・フィアとのセッション。映像あったのか。
CDは廃盤だが、今Amazonで見たら3千円弱。あまりプレミアついてないな。
髪型から見て、同じ時期かもしれない。芝浦inkstik(って、バブルを思い出す)でのいとうせいこうと共演ライブ。へえ。知らなかった。

坂本龍一の"Broadway Boogie Woogie"でギター・ソロも弾いてた。スティーヴ・ヴァイの都合が合わず、鈴木健二をブッキング・・・だっけ?検索したら、鈴木は不参加だが当時のライブ映像あった。溌剌な坂本が懐かしく、見入ってしまった。
これって、ギターはテープ?

さて、鈴木賢司に戻る。何年くらいの映像だろう。BBCでの特集番組。

2012年9月18日、ミック・ハックネル(元シンプリー・レッド)のライブ映像より。
もいっちょミック。JBのカバーなんぞやってたのか。

今はこんな風に渋くなってるようだ。2014年8月28日、横浜サムズアッブでの映像。弾くときはワイルドだがブルーズ・ロック路線か。

The Natural

ランディ・ニューマンが聴きたくて、BGMで流してた。彼の作品はあまり熱心に聴いたことが無い。4枚組の"Guilty"から、ほとんど聴いた記憶ないサントラを集めたDisc 4を、読書しながらBGMに流してた。
年々記憶に衰え感じる今日この頃、多くの曲でメロディと曲名が一致しない。ほとんど聴きこんでない曲は、奇妙に新鮮で、なおかつ無造作に耳をメロディが滑っていく。

そんな中、いきなり聴き覚えあるメロディがドカンと部屋に流れて、一瞬戸惑った。

本作は映画"ナチュラル"のサントラ。もちろん、この映画を見たこと無い。だが調べたら57回アカデミーのノミネート作、当時のテレビCMやらで当時、耳にしてたんだろう。記憶の奥底に淀んでた旋律が、いきなり鮮烈に思い出させる瞬間に驚いた。覚えてるもんだなあ。

この曲は84年の作品。全てシンセでシンフォニックな世界を作った。ハリウッドでなおかつランディの担当なら、予算不足でオーケストラを使えないなんてありえない。当時はテクノが一世を風靡し、生演奏がダサいと思われてた頃。勇壮なオーケストラを使うランディも、試しにシンセで作ってみたかったんじゃなかろうか。

ずしんと響く低音の鍵盤も、奇妙に上滑りする鳴りに感じる。今の耳だと。

ゆっくりと花開くような音像。シンプルなメロディが薄く明るく響く。時代が一回り、二回りした今の耳では、チープな厳かさを味わえる。今の機材なら、もう少し重厚に仕立てたろうに。新興宗教の音楽みたい。

伴奏フレーズがきらきらと響き、おもむろに金管風のシンセが高らかに轟く。柔らかく、広がりを持って。野球に興味無いし、映画を今更見たいと思わない。でも本盤は改めて全編を聴きたくなった。

“N響”三昧

明日の13日、午後0時15分~22時45分はNHK-FMで"N響"三昧。さすがに長丁場なため通して聴くのはムリだが。

番組紹介Webを見てたら、1949年~現在までの5373曲のN響アーカイブ・リストが載ってた。同じデータを年代順、指揮者別、作曲家別にまとめたもの。
NHKに音源無かったり、著作権で再放送できないものは省いてるそうだが、それでも膨大で充実したリスト。

今回のpdf,いちおう右クリでデータ吸い上げは出来る。でもExcel貼り付けはベタ打ちだし、見やすくデータ加工化はそうとう手間だ。

どうせならExcelかそれに類するファイルでアップしてくれたら、アーカイブ・マニアに応えられぬデータだと思う。ソリストとかソート条件を変えて色々楽しめそうだし。

Men at Large

聴きたい新譜もあるのだが、今日は旧譜が聴きたい。ということで今夜のBGMはMen at Large"One size fits all"(1994)。

Men at Largeは歌モノで、オハイオ州の黒人デュオ。ありていに言うとデブ二人で、自虐的にユニットを付けた感あり。本盤は2ndにあたり、ヒット・シングル2曲を含む("Let's Talk About It"(R&B 16位)、"Holiday"(同 62位))

MCハマー"U Can't Touch This"(1990)を筆頭に、なんとなくチャラいヒップホップが90年代初頭のソウル業界の主流だった。ちょうどぼくは、歌モノ聴きたい気分だったのに。だから背伸びしたい子供向けとはいえニュージャック・スイングは、それほど嫌いじゃなかった。
ましてや本盤が出た94年ぐらいは、ニュージャックも下火。そのわりに黒人ハーモニー・グループの新譜がマイナーの香りを漂わせつつボロボロ出て、レコード屋を覗くのが意外と楽しみだった。

当時らしい曲ごとにプロデューサーを変える、ごった煮のつくりだが曲調にバリエーションが少なく、あまり気にならない。
(5)のFeat.が Gerald LevertとKeith Sweatなあたり・・・うーん、時代だ。もともとジェラルド・リヴァートに発掘されたらしいが。
99年にインディから3rdリリース以降、盤は出して無さそう。

恰幅良いMen at Largeだが歌声は意外とキーが高い。シングルの"Holiday"は意外と切ない歌声を二人でかわしつつ、甘いメロディのサビへ雪崩れる。キャッチーな曲だ。
当時は伴奏のシャープなギター・カッティングが気持ちいい、と思ってたのに。今クレジット見たらギタリストの記載が無い。打ち込みだろうか。
逆にバックはほとんど打ち込みと思ったら、意外に生ドラムも参加でびっくり。そんなもんだ、俺の耳は。

ソウルはむしろ打ち込みビートの方が好きなタチなため、本盤の演奏はすんなり耳に馴染んで繰り返し聴いてた。でも久しぶりに聴きかえしたら、なんかどれも耳に刺さらないなあ。中途半端なファンク寄りがウザい。

一曲選ぶなら"Holiday"かな。今も素直に聴けた。バラードの"Will you marry me"は張った歌声が悪くないけど、甘いリバーブとほにょほにょするシンセが邪魔くさく、途中で飽きた。

Men at Largeはたぶん、1stって聴いたことない。3rdより2ndのほうが良いと思ってたが、当時と好みが違ってきたみたいだ。今から3rdを聴いてみるかな。買った時の感想がWebに残してあった。( ここ )の219番。もう13年前か。


1992 "Men At Large"Eastwest Records America
1994 "One Size Fits All" Eastwest Records America (本盤)
1999 "Love, Struggle And Progress" Rival Records-

クリス・デイヴと外山明

"ele-king別冊 プログレッシヴ・ジャズ 進化するソウル ― フライング・ロータスとジャズの現在地"松村正人:監修(2014:Pヴァイン)を読む。
菊地成孔のインタビューがムチャクチャ刺激的で面白い。他にも興味深い記事満載で、あっという間に読み終わっちゃった。

Robert Glasper界隈に興味あり、アルバム聴くに「ヒップホップ寄りかな」と思ってた。


でもライブ映像を見ると、かなり違う。もっとメロウで肉体的だ。


冒頭のムックで菊地は、こう言う。
グラスパーの一番の功績は、ジャズ・ピアノの多弁性を思い切って押さえて、キラキラのアルペジオばっか弾くことでドラマーを前面に押し出した
ライブ映像のほうがクリス・デイヴ(ds)のきめ細かい千六本切りドラムミングが、より分かりやすい。そして外山明の独自性も。

外山の映像で何か、と検索してたらこんなのあった。うひょー。動くティポを初めて見た。


長尺の外山ライブ映像をYoutubeで見つけられず。大儀見+外山の映像って無いかなあ。