金管演奏を動画検索の赴くままに

クラシックの演奏で金管楽器は、引き算で聴いてしまう自分が嫌だ。響きとかフレーズのつながりとか、ダイナミクスが異様に気になる。
「あれが揺れた、これがモヤけてる」と、引き算。
だがしかし、こんな聴き方は音楽の愉しみ方じゃない。何も考えず、スパッと心地よい演奏を聴きたい。

まず基準を挙げよう。今までに見た動画で、めちゃくちゃ惹かれた金管演奏がこれ。
コルネット2本にアルトホルンとユーホのブリティッシュ・スタイルな金管カルテット。

他になんかないか、と検索。ブリティッシュ・カルテットはなかなか良い音源が見つからない。
方向性はそれるが、たまたまボヘミアン・ラプソディをボーン4本で演奏の動画有り。
これはピッチやハーモニーが素晴らしく美しい。しかし伴奏楽器が邪魔だ。金管だけで聴きたい。

で、これを見つけた。すげえ。冒頭のギター・イントロが長いし、さらにボーンの独奏も飛ばしてほしい。この独奏もロマンティックでいいのだが。
なにより1:45からのチューバとボーン2本のアンサンブルが燃える。吸い付くようなハーモニーの美しさったら。カット割りが細かくてウザい。もっとじっくり見たい。

小編成か独奏のクラシック系が聴きたい、と検索するも心揺さぶられるのが見あたらず。あ、でもこれはとても良かった。低音がきれいだ。


他にトロンボーン曲を探してたら、トロンボーン協奏曲の動画へ行き当たった。
スウェーデンの作曲家ビョルン・ホールマンの作品。クラシックだけでなくサントラ作曲もしてるらしく、親しみやすい曲調だ。

藤井郷子オケEast

彼女と田村夏樹の作品は膨大で、まったく追いつけていない・・・。ライブも精力的だが、ずいぶん行けてないな。

複数ある彼女のプロジェクトで、たぶん一番聴いてるのがカルテット(with 田村夏樹、早川岳晴、吉田達也)。
次が田村夏樹のプロジェクトになるが、旧Gato Libreかな。とはいえ、そういや新Gato Libreをまだ聴いてないぞ。

今日聴いてたCDは、東京オケの2nd"Before The Dawn"(2003)。浜松ジャズフェスでのライブ音源をまとめたアルバム。
藤井ファンはご存じのように、東京以外にNY,名古屋,神戸にも、彼女のオケがある。
現在までにそれぞれ、4枚/9枚/3枚/1枚のアルバム有り。

今日聴きかえした"Before The Dawn"では、20分にもわたる"序破急"が沁みた。鮮やかに画面変わる瞬間が、心地良い。植村のタイトなドラムはここだと和風じゃないのに、ホーン隊のメロディと滑らかに溶けた。

(本盤の参加メンバー)
藤井郷子(P) 
早坂紗知,泉邦宏(AS) 片山広明,松本健一(TS) 吉田隆一(BS)
田村夏樹,渡辺隆雄,福本佳仁,竹田恒夫(TP) 
はぐれ雲永松,東哲也,福村博(TB)
永田利樹(B) 植村昌弘(DS)

最新ラップ事情

まとめて聴ける、ちょうどいい映像リストがあった。アメリカのR&B/ラップ系サイトのDJ Boothが選曲したもの。
Hip-Hop Downloads of the Week ft. Scotty ATL, OnCue & More (9/15)


例えば悲痛で空虚な(歌詞の意味は知らんが)叫びが強烈な求心力を持つ(1)で幕を開け、(4)は60年代ソウルを70年代なメロウ・ギターと混ぜたトラックがクールだ。

俺が俺がの自己顕示ギャングスタに留まらず、トラックなりラップにこだわった楽曲が並ぶ。気に入った各楽曲は、一曲づつここから落とせる親切仕様だ。個別に別ページへ飛んで落とす必要あるけれど。

<曲リスト>
OG Maco - U Guessed It 00:05
Cap 1 - Too Damn 04:05
Jared Evan - Outside 07:17
JD Era - You Got It 10:24
Junia T - Sky Is Falling 13:52
M Dot - Praverbs 16:54
Murph Watkins - FWM 20:17
OnCue - Way Too Far 23:12
Scotty ATL - Almost Finally Famous 27:17
JuJu Rogers - Summer in Jakarta 29:04

Funkadelic

無性に聴きたくなった。ぼくが彼らの名前を知ったのはレココレ誌89年8月号。リアルタイムのかたならピンと来られるように、この時代は音楽が全く手に入らない。CDだとIncorporated Thang Bandを見かけたくらい。90年頃に再活動CDがボロボロと出始め、旧作リイシューもその頃だったか。って、前に書いたかな、これ。

で、今聴いてるのはパーラの"P-Funk Earth tour"(1978)。同時期のブートをちらちら横目で見つつ、やっぱこれだろ、とボリュームあげて流してる。
(4)の編集コラージュで流れが切れて戸惑うが、他のライブ・テイクもダビングや編集施して聴きやすい。

大盛り上がりの歓声と充実したメンバーの迫力が凄い。ぼくが持ってるのは、かなり前の再発CDのため音が悪い。もっこもこ。あんまり音質を気にしない聴き方してるが、クリアな音質だと印象変わるかもな。大勢のメンバーがウネリを挙げて突き進む。

"Undisco Kidd"の途中で"Public Enemy No.1"って言葉がすらっと聴こえてくる。ラッパーのパブリック・エネミーも今は昔。本盤で聴けるアース・ツアー音源は、もはや37年前の音楽だ。けれども、心が燃える。

歌詞を全く気にせず聴いてるため、どっちかと言えばファンカの方を聴くこと多い。
しかし改めて歌詞を知ると、パーラの深さにも感じ入る。
昔、P-Funkフリークの達郎がラジオで「歌詞を聴かなきゃP-Funkはつまらない。スラングや当時の文化ネタが詰まって、日本人は分かりづらいけど」と、言ってた気がする。

ということでP-Funkの世界を生き生きと解説したエントリーを多数含む、ぴかいちなブログを紹介して今日の日記を終わります。

ビートル4人ソロ無料EP

たまたまi-tunes見てたらビートルズ・ソロの無料EP宣伝があった。

選曲はこの通り。意外に微妙なとこが面白い。いわゆるソロの代表曲じゃないところを持ってくるあたりと、各人の立ち位置が透けて見える気がして。

1."Love" John Lennon/Plastic Ono Band (1970)
2."Call Me Back Again" Wings (1975)
3."Let It Down" George Harrison (1970)
4."Walk With You" Ringo Star (2010)

簡単に各曲へコメントする。ぼくはビートルズのソロってほとんど知らないと実感。データ関係は全てWikiを検索した。覚えてないし。

 (1)は解散後だと初になる、4thソロ"John Lennon/Plastic Ono Band"に収録。さすがに聴いたことある。非常に切なくて綺麗なバラードだが、もちろん大ヒット曲じゃない。
 ビートルズ解散後ソロ集な、このEP幕開けにふさわしい穏やかな曲としてぴったりな選曲だ。

 (2)のポールはウィングス4th"Venus and Mars"より。「ソロだっつってんだろ」とツッコミは丸無視、シングルカットもされてない曲を選んだ。
 あまり記憶にない曲のためWiki見てたら当時、「ビートルズ再開に興味無い、のメッセージが歌詞に込められた」って分析もあったらしい。笑った。妙に選曲が皮肉っぽい。

 実は(3)を聴いたことが無い。3枚組の"All Things Must Pass"収録だが、このアルバムを未だに未聴だ。スペクターのプロデュースでジョージ・ソロの最高傑作、ロックの歴史に残る名高い盤というのに。
 今回、「いかにもスペクターっぽいオケなんだ」と実感。やっぱこのアルバム、聴かなくちゃなあ。

 基本は古いとこを持ってきた中で、リンゴのみ新しめをアピールした。15thソロ"Y Not"に収録。拡販も文字通りかねてそう。ポールの商売っ気とは別次元で、現役感をリンゴは漂わせたいのかもしれぬ。邪推か。
 というのも(4)ポールのコーラス参加が売りだそう。「どうせビートルズ文脈なら、ポールと関係あるの選ぼう」ってニュアンスとか。
 ならば"Ringo"(1973)から"I'm the Greatest"のほうが「ビートルズ全員集合」って書き方もできるのに・・・って調べたら、これってジョンの曲か。

最後にYoutubeで一連の曲を貼っておく。こうやってタダで聴けるから、実際の購入に走らないというデメリットそのままだが・・・。