プレミアム牛めし

松屋へ牛丼を食べに行った。「別にプレミアムじゃなくていいや」と思ったのに、自販機には通常の牛めしが無い。実質の値上げじゃん。

仕方ないので食べてみたが、味の違いが分からない・・・ゴマ胡椒が香ばしいが、普通のメニューにも全部この香辛料が付いてくるから、別にスペシャル感も無い。
なんとなく玉ねぎが多そうだが、気のせいだろうし。

どの辺がプレミアムなのか、味が分からぬ自分が悔しい。

SANTINO"Letters To You"

数時間前にDatpiffにアップされた、サンティノ初mixttapeが"Letters To You"。ぱっと聴いて気になったのでメモ。イタリア系白人、かな?不穏なムードは東海岸風、パーティ的な明るさも併せ持つ。
回転数落として酩酊ムードを醸しつつ、基調は小刻みなビート感が味のようだ。

サンティノの経歴は良くわからない。たぶん、ここが一番詳しい。
フロリダ出身の17歳。Youtubeで動画投稿しつつ、フェイスブックやツイッターでつながる活動形態のようだ。

mixtapeのDL先はこちら。既にスポンサーがついており、ログインなしにすぐZIPが落とせる。13曲入り。

プロデューサー群にBeeks Vybe,mjNichols,Taz Taylorのクレジットあり。客演ラッパーはBlack He$u$とMeLan。不勉強で、誰一人知らない。

サンティノの動画で、これがヒット数多いかな。昨年10月公開で12万ヒット越え

"I'd Like To Take You Home"

ラスカルズを久しぶりに聴きたくなった。日本でラスカルズと言えば、絶対に山下達郎を避けて通れない。彼がラジオやライブを通じて熱心にアピールしなければ、今の知名度には行かなかったと思う。
ラジオのテーマ曲で流し続けた"Groovin'"(1967)達郎カバーとか、ライブで幾度か取り上げた"How can I be sure"(1967)とか。

ラスカルズであと代表曲なら"Good Lovin'" (1966,Lemme B. Good & The Olympicsのカバー)や"People Got to Be Free"(1968)あたり。
アルバムならば上記は全部入ってない、"Once Upon a Dream"(1968)。ぼくはだいたい、この辺までしかろくにラスカルズを聴いてなかった。

せっかく達郎監修のラスカルズBOXあるしな、と今日は"See"(1969)を聴いていた。マグリット"大家族"がジャケットのやつ。ふと耳に残ったのが2曲目"I'd Like To Take You Home"。

バンド・アレンジだけど緩やかなテンポの小品だ。クルクルと舞うようにメロディが動き、サビで譜割を詰めて畳み掛ける。サビの感じやメロディ感から、達郎の"言えなかった言葉を"を連想した。こちらは"Spacy"(1977)に収録。パクリとかでなく、あくまで要素の一つとして。なんか流れが繋がった気がして、楽しい。


"Phaedra"と新しいサンダル

サンダルが壊れた。数年履き続けたが、躓いた感じで足元見ると、アウトソールとインソールの接着剤がはがれてベコベコ。しかたなく街へ買いに行く。
音楽と違って、洋服と靴の趣味はかなり保守的だ。できればまったく同じものが欲しい。とうぜん、そんなものは無い。何でこんな色んなデザインあるんだ。

めんどくさい、適当に値段見て安めのやつを買った。あとは靴へ足を併せよう。前のサンダルは妙に起毛した感じのインソールが、足裏を柔らかく包んで気にいっていた。
あっという間にヘタって、数か月後にはペラペラになったが。
それでも数年履き続けたのは、いつか起毛しなおさないかな、と思ってたから。当然、なりはしないが。
今回買ったのは・・・どんなだっけな?覚えてない。まあいいや。

さて、今のBGM。レコ屋に寄ったがピンとくる盤が無く、無性に手持ちの盤を聴きたくなった。
Tangerin Dream"Pheadra"(1974)。とはいえあまり、タンジェリンは詳しく無い。YMOデビュー時、「プリ・テクノ世代のバンド」と紹介で80年代に名前を知りつつも、実際に音を聴いたのは数年前だ。

本盤はヴァージンに移籍し初、バンドとしては5thアルバムになる。エドガーほか3人編成で、シーケンサ多用で当時は先駆的な盤だったらしい。今の耳で聴くと、シーケンサすら温かい音色で、ほのぼのしたムードが漂う。

過去の盤を味わうとき、耳の立ち位置に迷う。当時の先駆性を意識か、深く考えず今の価値観で聴くべきか。ただでさえリッピングしたmp3だから、音のエッジや奥行は甘い。
こういう音源聴いてると「音楽観賞の環境って、何だろ」と考えてしまう。

ハイエンド・オーディオ環境を整える金もスペースも無い。整えたところで、安っちいマスタリングのCD聴いてもしかたない。LPでもオリジナル原盤でないと、意味が無い。
そもそも自分の耳が、そこまで鋭いとも思えない。

ちょうど今、"Movements of a Visionary"の冒頭が流れてる。ぴゅぴゅぴゅ飛び交う電子音のリバーブ感が心地よいが、はたしてこれはミュージシャンの意図を聴き取れているのだろうか。

詮無いことに行数を使った。"Phaedra"は即興的に作られたらしい。たしかにシーケンサーのミニマリズムが全編を覆い、メロディはごくわずか。しかし繰り返しの単調さを強調が前提ではない。その点で、クラシカルな電子音楽と異なる。
あくまでも音像の浮遊さを狙ったアレンジで、幾層にも積み上がったシンセのレイヤーが酩酊感を誘う。

楽曲の中心を探してるうちに繰り返される音が消えてゆき、新しい音色に変わる。いつの間にか捉えられた音迷宮の中を、気持ちよく漂っている。

"Bong Bong"

通勤中に聴いてて、"Bong Bong"のリズム・センスに惹かれた。今日はその話を。
実はぼく、ラップを長く聴いてると飽きる。踊るでもなく歌詞にのめり込むでもなく、ぼおっと気持ちアゲる目的で流してるため。だいたいトラックのビート感とアレンジやサンプリングのセンス、ラップの揺らぐリズムを複合で聴いてる。気持ちにそぐわないとひたすら単調だが、たまにピンと来たらグイグイと気持ちがアガる。だからラップを細々と聴き続けてる。

"Bong Bong"はWu-tanの司令塔、RZAが2ndソロ"Digital Bullet"(2001)へ収録。買った当時は、この曲の魅力に気づかなかった。Wuのソロ2週目から惰性で買ってたし。

まずYoutubeで曲を聴いてみてください。

小節感あるのに明確な拍頭をつかみづらい。感覚的に分かっても、ビートがジャストで鳴らず、ふっと梯子を外された感じ。
ベースが極低音でうねりを出し、2,4拍の頭で鳴るビートが軸だ。それでも周辺でチョコマカと小刻みに響くパーカッションが、妙な不安定さを演出した。
そしてサンプリングの軸は三味線っぽい響き。たぶんRZAはオリエンタルな神秘性を狙ったんだろう。

ラップの浮遊感が、なんとなく前のめりに空気を動かす。しかし細かなパーカッションがつんのめらせる。ゴー&ストップが頻繁に重なる本曲の魅力は刺激的だ。
本盤収録の他の曲では、ここまで極端に不安定なグルーヴは作らない。だからこそ、この曲の異物感が強烈だ。

客演ラッパーはキラアーミーのベレッタ9と、正体不明のMadame Cez。後者もWuファミリーらしいが、他の盤参加を見つけられず。