The Blues And The Abstract Truth

Truthはどう掛かるのか。「ブルーズ、そして抽象の真実」か、「ブルーズ及び抽象、双方の真実か。
前はざらっと聴き流したかな、と改めて今夜、オリバー・ネルソンの本盤を聴いている。ちなみに邦題は「ブルーズの真実」。Abstractはどこ行った。

エリントンのセッションに参加したオリバーは「譜面が間違ってる」と困惑。「そのまま吹くんだ」とジョニー・ホッジスがアドバイスしたエピソードを読んだことある。そして本盤でオリバーは、変な響きだが気持ちいいアンサンブルをたっぷり披露した。

ホーンの和音が気持ちよくても、妙にベースの響きが座りわるい。もぞもぞっと耳の落としどころを探してる間に、すいすいと曲は進んでいく。
本盤のベースはポール・チェンバーズ。だがほとんどオリバーのアレンジじゃなかろうか。

参加メンバーは以下の通り。コンボ編成が拡大され、ぐっとゴージャスな管の響きが心地よい。
Oliver Nelson(as,ts),Eric Dolphy(fl,as),George Barrow(bs),Freddie Hubbard(tp)
Bill Evans(p),Paul Chambers(b),Roy Haynes(ds)

今日の気分は"Hoe-down"。テーマの対話が楽しい。左のドルフィーとフレディ、右のオリバーとジョージ。左右チャンネルで掛け合うテーマは、二管づつなのに分厚くて、軽やかだ。
トランペットが駈ける後ろのベースって、普通のコード展開だろうか。なんか上ずる。ドルフィーがさらにズラして、よけい耳のすわりが混乱してきた。それが、楽しい。

ピアノも変だ。和音を拍頭で叩くが、所々で隙間作って浮遊感を煽った。一通りホーンのソロが回って、再びテーマへ。全員が同じ譜割で吹く瞬間の、複雑な和音の響きにゾクッときて、対話のキメで終わり。

Youtube検索したが、けっこうビッグバンドでカバーされてた。だが、違う。きれいすぎる。なにが違うんだろ。比較的コンボ編成の本テイクでも、なんか整いすぎ。
ソロ云々じゃなく、アンサンブルがカッチリしすぎだ。

検索してカントリータッチの"Hoedown"があった。EL&Pの同曲フレーズもごっそり。

どういうこと?と作曲者検索して、自らの不勉強を知った。原曲がアーロン・コープランドで、オリバーやキース・エマーソンが編曲か。フルコピーのキースに比べて、オリバーは恐ろしく一節だけ取ったな。
EL&Pのバージョンがこちら。

クラシック廉価ボックス


100枚前後のメンブラン製な巨大ボックスのブームから数年経過、今のクラシック廉価盤は企画モノに流行が移ってる気がする。流行やブームと言え、一セット当たり何枚くらい出てるか知らないが。
タワレコのメルマガが一番、上手いこと情報収集に役立つ。以下、面白そうなのを抜粋。

『セオン・コレクション(完全限定盤 / 85枚組)』
〈Sony Classical〉現在の古楽ブームの礎を築いた伝説のレーベル、
セオン(SEON)の名盤を集めた、古楽ファン必携のBOX登場です。

『グレイト・ピアノ・レコーディングズ (30枚組)』
◆Various Artists
〈Sony Classical〉RCAとSony Classicalの膨大なカタログから、ピアノ
録音史上に残る名盤をピアニスト別に30枚セレクトしています。

『ドイツ・ロマン派の音楽集(完全限定盤 / 10枚組)』
◆Various Artists
〈Deutsche Harmonia Mundi〉DHMレーベルの人気BOXシリーズにロマン派の
音楽集が登場。シュタイアーやデムスといった通好みな逸品が揃っています。

『地中海のバロック以前の音楽集(完全限定盤 / 10枚組)』
◆Various Artists
〈Deutsche Harmonia Mundi〉DHMレーベルの人気BOXシリーズその2。

ボックスじゃないが、これも惹かれた。
『伊福部昭:ピアノ作品集』
◆高良仁美(ピアノ)
〈Altus〉幻の作品バレエ音楽「盆踊り」世界初録音を含む、普段あまり
音源化されない作品が多数収録された、伊福部ファン注目の内容です。

で、一番好奇心くすぐったのが『地中海のバロック以前の音楽集(完全限定盤 / 10枚組)』。7月末発売、到着が楽しみ。
独ハルモニア・ムンディ音源で録音は77-09年。権利切れ音源コンピじゃない。その割に3千円程度で10枚組がペイするのか。

内容を簡単に抜粋しておく。
テーマは「地中海の古楽、イスラムとキリスト教圏の混ざる北アフリカ・小アジア・南欧の多彩な文化を概観」。個々の盤の内容は、

【CD1~2】500年の歴史を持つ、モロッコのアンダルシア音楽。

【CD3】ガンバやギターによる17世紀スペインのバロック。

【CD4】イタリアの初期バロックで小品を集めた。ジラーモ、モンテヴェルディ、ロッシなど。

【CD5】紀元前6世紀前後の古代ギリシャでサッフォーの恋愛詩を、アンサンブル・メルポメンが楽曲に仕立て08年録音の音源。唄と舞踊らしい。

【CD6】「地中海とオスマン帝国のスペイン系ユダヤ人(セファラード)伝承音楽を収録」とある。音楽のイメージ湧かない。どんなだろう。

【CD7】小品集で14~15世紀のスペインやアラブにトルコ、ギリシャの音楽集らしい。

【CD8~10】イベリア半島の写本に残されたキリスト教の歌曲集、らしい。

民謡がリラクゼーションに

各国の民族音楽が好きで、あれこれ聴いてきた。だが意外に日本の音楽には無関心。雅楽は何枚か聴いたが、むしろアバンギャルド耳や電子音楽耳を使ってる。つまり伝統の美学耳や日本人的琴線耳は使ってない。

身近すぎるせい。民謡なりが醸し出すセンチメンタリズムは、説明されずともわかる。イギリスのトラッドの香りとは全く違う。逆にトラッドは、身近で無いから「なんだかよくわからないもの」と、好奇心耳で聴ける。

で、ネットニュースより。
『日本の民謡や地方に伝わるうたに注目したプロジェクトが始動』

日本民謡の世界発信をコンセプトの、日本初レーベルVolkutaが始動した。
今日発売の第一弾が奄美大島の民謡、「よいすら節」の12インチ。
A面を奄美の唄者な朝崎郁恵が歌い、B面が札幌拠点のKuniyukiリミックスを収録した。

奄美というある意味内地と異文化な楽曲を取り上げ、さらに極北へ持っていく。何とも南北に長い日本を生かした両面に仕上げた。とはいえ期待せずに試聴音源を聴いた。「どうせ、日本人が聴いたら妙なモゾモゾ感ある仕上がりだろ」って。

しかし。B面Kuniyukiリミックス音源が、予想以上に北欧風の寛ぎ感が満載で驚いた。
ピアノを中心にシンセをうっすら。リラクゼーション風のアレンジを採用した。歌詞もすっと頭に入ってこないため、異文化感が満載。ヒーリングとかデトックスとか、その手の店で流れても違和感ない。

渋いのがリズムのアレンジ。唄のコブシと別でポリリズミックに鳴らし、浮遊感を強調した。確かにこれなら歌のノリを邪魔せず、揺らぎを設定できる。このアプローチなら別の民謡もハマる。

オリジナルの譜割無視でビートを刻みつつ、しっとりな世界を作る。アレンジのセンスにやられた。

コステロがポールとの未発表"Tommy's Coming Home"をライヴで初披露

残る未発表なコラボ曲は"Twenty-Five Fingers"のみ、かな。

ポールとコステロが共作したのは87年、27年前。うわー。時が流れるのは早い。
ポールの"My brave Face"やコステロの"Spike"、その他シングルのB面などで共作曲は発表されていた。だが(たぶん)公式に未発表だったのが"Tommy's Coming Home"と"Twenty-Five Fingers"の2曲。

今回、6/25のNYカーネギーホールで、唐突にコステロがそのうちの1曲、"Tommy's Coming Home"を弾き語りで披露した。どういう心境の変化か分からない。
正確に言うならば「演奏前のMCで言ってるっぽいが、英語が聞き取れない」。

その一昨日前のコステロによるライブ音源はこちら。

この日のセットリストはこちら。渋い曲がいっぱいだ。弾き語りのためセットリストを好き放題に毎日変えている。

当日のライブの様子を、この人がまとめてyoutubeにアップしてる。

今回演奏された"Tommy's Coming Home"を、ポールとコステロのデモ録音(ブート)がこちら。

このクラスになると、音源はぞろぞろ流出してくる。ブートで昔、共演全曲を無理やりまとめた盤も出ていた。カタログ内容はこちらに紹介がある。

そして残る未発表曲"Twenty-Five Fingers"も、もちろんブート音源がYoutubeで聴ける。

The Classmates

Youtubeで意外にドゥワップが聴ける。コレクター自慢とレコ屋の宣伝、相乗効果か。
つい最近アップロードされた音源をなぞってたら、初めて聴いたグループのクラスメイツが気になった。

The Classmatesはニューヨークのホワイト・ドゥワップ。このブログに言及あった。50年代にカリフォルニアでも同名異グループもいるようだ。

ニューヨークのクラスメイツによるディスコグラフィーは以下の通り。
1961 - Homework / Here Comes Suzy (Seg-Way 104)

1962 - All I Want Is To Love You / Some Of These Days (Radar 3962)

1963 - Graduation / Teenage Twister (Radar 2624)
Unreleased:
196? - Hug You, Kiss You
196? - You're Too Late

今回、"All I Want Is To Love You/Some of These Days"(1962)を聴いてて、モダンな和音感に惹かれた。今でも洗練さを感じる。
"Graduation"の分厚く潰れた感じも良いなあ。名曲だ。

Youtubeでシングルを両面、全部聴けた。音盤とか音質にこだわらなければ、もはやレア盤って概念がすごい希薄になってきた。逆に付加価値は資料性とか音質だろう。

1961 - Homework / Here Comes Suzy (Seg-Way 104)


1962 - All I Want Is To Love You / Some Of These Days (Radar 3962)


1963 - Graduation / Teenage Twister (Radar 2624)

Unreleased:(でもなぜか、Youtubeに音源あり)
196? - Hug You, Kiss You

196? - You're Too Late