灰野敬二:感想目次

 分量が多くなったので、別に目次ページを作った。

続きを読む

Prince 感想目次

プリンスの感想目次が長くなったので、こちらで別建てにする。

【プリンスのアルバム】
Prince 「未発表曲たち

 「For you」(1978)
 「Prince」(1979)
 「Dirty Mind」(1980)
 「Controversy」(1981)
 「1999」(1982)
 「Purple Rain」(1984)
 「Around The World In A Day」(1985)

 「Parade」(1986)
 「Sign O' The Times」(1987)
 「Lovesexy」(1988)
 「Batman」(1989)

 「Graffiti Bridge」(1990)
 「Diamonds and Pearls」(1991)
 「Love Symbol Album:O(+>」(1992)
 「Come」(1994)
 「The Black Album」(1994)
 「The Gold Experience」(1995)

 「Chaos and Disorder」(1996)
 「Emancipation」(1996)
 「Crystal Ball」(1998) 【Disc 1】 【Disc 2】 【Disc 3
 「Truth」(1998)
 「The Vault... Old Friends 4 Sale」(1999)
 「Rave Un2 The Joy Fantastic」(1999)

 「The Rainbow Children」(2001)
 「One Nite Alone...」(2002)
 「One Nite Alone... Live!」(2002)
 「One Nite Alone... The Aftershow: It Ain't Over」(2002)
 「Xpectation」(2003)
 「N.E.W.S」(2003)
 「Musicology」(2004)
 「The Chocolate Invasion」(2004)
 「The Slaughterhouse」(2004)
 「C-Note」(2004)

 「3121」(2006)
 「Planet Earth」(2007)
 「Lotusflow3r」(2009)
 「MPLSound」(2009)
 「20Ten」(2010)

 「Art Official Age」(2014)
 「PlectrumElectrum」(2014)
 「Hitnrun Phase One」(2015)
 「HITnRUN Phase Two」(2015)

 「Purple Rain deluxe」(2017) Disc 1

【関連アルバム:プロデュース、曲提供など】
Apollonia 6 「Apollonia 6」(1984)
Bria Valente 「Elixer」(2009)
Carmen Electra 「Carmen Electra」(1992)
Eric Leeds 「Times Squared」(1991)
Jevetta Steele 「Here it is」(1991/1993)
Jill Jones  「Jill Jones」(1987)
Judith Hill 「Back In Time」(2015)

Madhouse 「8」 (1987)
Madhouse 「16」(1987)
Martika 「Martika's Kitchen」(1991)
Mavis Staples 「Time Waits For No One」(1989)
Mayte 「Child Of The Sun」(1995)
Mazarati 「Mazarati」(1986)

New Power Generation 「Exodus」(1995)
New Power Generation 「Newpower Soul」(1998)
Sheila E. 「In The Glamorous Life」(1984)
Sheila E. 「In Romance 1600」(1985)
Time 「The Time」(1981)
Time 「What Time Is It?」(1982)
Time 「Ice Cream Castle」(1984)
Tony LeMans 「Tony LeMans」(1989)

V.A. 「1-800-New-Funk」(1994) 
V.A. 「Happy Feet」(2006)
V.A. 「Purple Snow, Forecasting The Minneapolis Sound」(2013)

Acid Mothers 関連 感想目次

Acid Mothers Templeの感想目次が長くなったので、別建てにする。

【略称】
CI:Acid Mothers Temple & The Cosmic Inferno
MP:Acid Mothers Temple And The Melting Paraiso U.F.O.
SP:Acid Mothers Temple And Space Paranoid
SWR:Acid Mothers Temple SWR

MP 「Troubadours From Another Heavenly World」(2000)
MP 「LA NÒVIA」(2001)
MP 「New Geocentric World Of Acid Mothers Temple」(2001)
MP 「41st Century Splendid Man」(2002)
MP 「Born To Be Wild In The U.S.A. 2000」(2002)
MP 「Electric Heavyland」(2002)
Acid Mothers Temple 「Soul Collective Tour 2003」(2003)
MP 「Does The Cosmic Shepherd Dream Of Electric Tapirs?」(2003)
MP 「Close Encounters Of The Mutants」(2004)
MP 「Hypnotic Liquid Machine From the Golden Utopia」(2004)
MP 「Mantra Of Love」(2004)
SWR 「SWR」(2005)
CI 「Just Another Band From The Cosmic Inferno」(2005)
CI 「Anthem Of The Space」(2005)
CI 「Demons From Nipples」(2005)

MP  「Have You Seen The Other Side Of The Sky?」(2006)
MP  「Power House Of Holy」(2006)
MP  「Crystal Rainbow Pyramid Under the Stars」(2007)
MP  「Nam Myo Ho Ren Ge Kyo」(2007)
MP  「Glorify Astrological Martyrdom」(2008)
MP  「Interstellar Guru And Zero」(2008)
CI  「Journey Into The Cosmic Inferno」(2008)
CI 「Pink Lady Lemonade ~ You're From Outer Space」(2008)
MP 「Lord of the Underground - Vishnu and the Magic Elixir」(2009)
MP 「Dark Side of the Black Moon: What Planet Are We On?」(2009)
MP 「Are We Experimental?」(2009)
MP 「In O To ∞」(2010)

MP 「The Ripper At The Gates Of Heaven's Dark」(2011)
CI 「Chaos Unforgiven Kisses Or Grateful Dead Kennedys」(2012)
MP 「Son of a Bitches Brew」(2012)
MP 「Cometary Orbital Drive to 2199」(2013)
SP 「Black Magic Satori」(2013)

Abdullah Ibrahim /Dollar Brand 感想目次

アブドゥール・イブラヒム/ダラー・ブランドの感想目次が長くなり、別建てにした。

 「African Herbs」(1975)
 「Black Lightning」(1975)
 「The Children Of Africa」(1976)
 「African Marketplace」(1980)
 「Mindif」(1988)
 「Desert Flowers」(1992)
 「Cape Town Revisited」(2000)
 「Senzo:先祖」(2008)
with WDR Big Band 「Bombella」(2009)

Dionne Warwick 感想目次

ディオンヌ・ワーウィックの感想目次が長くなったので、ちょっと別建てにしてみた。

続きを読む